おすすめ

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

海外で生活する前の心構え

海外生活

航空技術の発達やLCCの台頭などにより航空券の値段もお手頃になってきた昨今は、「海外へ行く」ハードルはどんどん低くなっています。海外を身近に感じる機会が増えるにつれ「いつか海外で生活をしてみたい!」と憧れを抱いている方も多いのではありませんか?

追いかけたいと思える夢や目標があるのはとても素敵なことです。海外で生活する前の心構えを確認し、イメージを具体的なものにしていきましょう!

まずはこれから!ビザ事情

パスポート

国外へ出る場合、何より大切なのは渡航先と目的に合わせたビザの取得です。短期の滞在であれば、事前取得不要で入国、観光のできる国もたくさんありますが、長期の滞在となると話は別です。

自分の滞在したい国で自分がしたいことをするには、どんな種類のビザを申請する必要があるのかをきちんと確認しましょう。

海外に滞在している間は、自分自身が「日本人の代表」として見られることが多く、自分がどのように振舞うかによって、現地での「日本人に対する印象」が決定されるといっても過言ではありません。

目的にあったビザを取る

ビザのステータスを超えた不法な滞在や就学、労働は、これから渡航する日本人の印象を変えてしまうほか、日本人在住者の評判が悪くなれば、これからビザの取得が難しくなってしまう可能性もゼロではありません。

自分の目的とビザの内容があっているか、必要な期間滞在できるビザなのか、きちんと確認をしましょう。

ビザの詳細は、渡航先各国の大使館や領事館のホームページに記載があります。ほとんどの国は日本国内にオフィスを構えていますので、ホームページの内容や問い合わせは日本語で確認できます。

気軽に問い合わせてみましょう。

「お客さん」から「仲間」へ!現地の言葉を学ぼう

島国日本で暮らしていると、外国語ができなくて困った、という場面はまれですよね。

これだけ便利な世の中になると、現地へ着いてからも必要なことはインターネットで済ませるなど、極力外国語を避けて生活をすることは可能でしょう。

ただ、ひとついえることは、現地の言葉が話せるか話せないかで、その国に持つ印象はガラッと変わるだろう、ということです。

現地の言葉が親近感を生む

同じ言葉を話すというシンプルなことひとつで「ほかの国から来たお客さん」から「同じ国に住む仲間」への壁はぐっと低くなります。

せっかくの海外生活を200パーセント楽しむためにも、腹をくくって現地の言葉の習得を目指しましょう!

国際ニュースがぐっと身近に。海外にいる、ということ

たくさんの本

日本にいてもテレビやインターネットを通して日々耳に入ってくる、海外のニュース。どんなに多くのニュースを目にしたとしても、海の向こう側の話、と感じてしまうことも多いです。

しかし一歩日本を出ると、印象はガラリと変わります。隣国と地続きで繋がっていることの多い海外諸国では、たとえお隣の国のニュースであっても他人事とは言えません

移民や移住者の多い国では、友達や知り合いの出身国のニュースを見聞きすることも多いと思います。

今一緒に生活をしている仲間のため、そして日本で皆さんのことを案じている人のためにも、現地、国際ニュースともに頻繁にチェックをしましょう。

リスペクトの気持ちが大事!宗教&文化事情情

海外ではさまざまな文化や宗教が入り混じって生活している国も多く、驚くこともたくさんあります。タブーマナーも異なり、相手のことを思ってした行為が場合によっては失礼に当たる、という事例もあります。

こんなときに大切にしてほしいのは、自分の意図をはっきり相手に伝え、相手の対応に疑問を持った場合は、きちんと聞くことです。

この行為は日本ではこういう意味があるけれど、ここでは失礼に当たらないかな?こういうことは日本ではしないけれど、ここでは当たり前なの?

相手の文化や宗教をリスペクトするのは、国際色豊かな友人関係を保つためにもとても大切なことです。

突っ込んだ宗教論などのお話は、お互いの信頼関係がきちんと築けるまで控えたほうがベターですが、相手のバックグラウンドを正しく理解するためにも、小さな誤解の種は小さいうちに摘んでしまいましょう。

好き嫌いは大丈夫?食事情

健康

食べ物の好き嫌いは激しいですか?たとえ食の好みが難しくなくても、長年食べなれた日本食とは異なった味付けや食材は胃に負担がかかることも多く、現地の食事との相性はなかなか難しいものです。

現地の食事との相性は良くても、物価の安い国で生活をしたら外食が続き胃が荒れてしまった、という人もいるでしょう。

和食を中心に食事をとろうとすると、日本食は高級料理とされている国も多く、毎日通うなんてとてもできない!なんてことも考えられます。

環境が変わると気付かぬうちにストレスを溜め込んでしまうものです。日本にいるころから自炊の習慣をつける、簡単な調味料などはあらかじめ日本で購入をして持ち込むなどして乗り越えましょう!

気を引き秘めて!安全事情

「日本は安全」というのは日本在住者のみならず、旅行者からもよく聞くことです。忘れ物や落し物が高価なものでも、落とし主の手元に帰ってくる率が非常に高いと海外のニュースでよく絶賛されています。

もちろん海外といえども、その安全レベルは国によって異なり、日本と同等もしくはそれ以上安全とされている国もあるでしょう。しかし残念ながら、ほとんどの国では自分の安全には自分で神経を配らないといけません。

盗難被害を想定しておく

命にかかわるような大事件に巻き込まれることはまれであったとしても、盗難やスリといった被害は起こるもの、と心得ていたほうがベターです

私は長距離バスを利用した際に、バスのトランクから荷物を抜かれるという経験をしました。

幸い運転手さんの機転により荷物は無事に戻ってきましたが、現地の言葉が分からなかったため、しばらく自分のバックが被害にあったことも気付かない始末でした。

その国での滞在を苦い思い出にしないためにも、気を引き締めて行きましょう!

生活を一から作るということ

海外で長期間暮らすとなると、日本では当たり前にあった、家族、友達、家、仕事、そのほか所有しているさまざまなものから、一度物理的に距離を置き、新しく生活を一から作り直すことになります。

今までの人生で築いてきたものを、もう一度海外で再構築するために必要となるもの、それは自らアクションを起こす力です!

海外にいれば刺激的なことは向こうからやってきて、自分は何もしなくても毎日お祭り騒ぎで楽しいに違いない……というイメージを持っている人もいるかもしれません。

たしかに海外にいると、びっくりするような出来事が起きたり、もう笑うしかない!という状況に陥ることもありますが、海外では自分がアクションを起こしていかない限り、やってくるのはトラブルばかりです。

人間関係から生活リズムまで一から作っていかないといけない新生活では、まず自分からアクションを起こしていくガッツが大切です!

まとめ

タフさとチャレンジ精神を求められることの多い、海外での生活。大声を上げて笑うことも多い一方で、同じくらい、ひっそりと涙を流すこともあります。

それでもやっぱり、外の世界を見ることは素晴らしい!と言わざるを得ません。

新しい土地や文化の中で生活することや新しく人に出会うことで、今まで知らなかった習慣や考え方に触れるたり、気付かされることも多いはず。

身も心もしっかり準備をして、大きな一歩を踏み出しましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る