海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

美術館好き必見!フランスのニースでPass Muséesを作ろう

  • 公開日:
  • 更新日:
美術館

芸術の国、フランス。パリにはルーブル美術館やオルセー美術館など、世界を代表する美術館がたくさんありますよね。フランス全土では美術館が1300館近くあり、日本の約3倍も存在するようです。

南仏にも有名な美術館が数多くあります。ニースのシャガール美術館、マティス美術館、マントンのジャン・コクトー美術館、アンティーブのピカソ美術館、カーニュ=シュル=メールのルノワール美術館などは、日本人にも大変人気があります。

フランスの公立美術館は、入場無料のところが多いです。ニースの公立美術館も以前はすべて入場無料でした。しかし、残念ながら2016年1月より、それまで無料だった入場料が10ユーロ(約1200円)に一気に跳ね上がってしまったのです。

詳しく説明すると、美術館に入場する度に10ユーロ支払うのではなく、24時間以内であれば、1枚のチケットですべての美術館(対象外あり)にアクセスが可能です

とは言えど、美術館の場所も点々としていますし、観覧時間も考えると、一日にそういくつも回れるわけではないですよね。これでは気軽に美術館巡りはできません。

しかし、とっておきの良い情報があります!

『PassMusées de Nice(パス・ミュゼ・ドニース)』というカードがあります。これはニースとニースメトロポールの住人が所有できる、美術館とギャラリーの無料パスです。

ここでポイントなのが『住人』ということです。要は、観光客にはお金を払ってもらおうというのが目的でしょう。しかし、フランス人でもこのカードの存在を知らない人も多いので、これは耳寄り情報ですよ!

このカードを一度作れば、受付で提示するだけで入場できるのです。作り方も簡単ですし、何より作成料無料ですので、作らない手はないですよね。それでは早速、カードの作り方と使い方をご紹介していきます。

カードの特徴

対象者

カードが申請できるのは、18歳以上のニースまたはニースメトロポールに在住の方です。幼児や18歳以下の方はもともと無料なので、カードを作る必要はありません。

ニースメトロポールがどこまでの範囲かというのは、LaMétropole Nice Côte d’Azurといって49の市が該当します。下記のサイトでこの49の市が確認できるので、ご参考にどうぞ。

参考:http://www.nicecotedazur.org/l

対象施設

ギャラリー

下記の美術館とギャラリーが対象となっています。

  • MUSÉEMATISSE
  • MAMAC(MUSÉED’ART MODERNE ET D’ART CONTEMPORAIN )
  • PALAISLASCARIS
  • MUSÉEMASSÉNA
  • MUSÉEDES BEAUX-ARTS
  • MUSÉED’ART NAÏF
  • THÉÂTREDE LA PHOTOGRAPHIE ET DE L’IMAGE
  • MUSÉED’ARCHÉOLOGIE SITES DE CIMIEZ ET DE TERRA AMATA
  • MUSÉUMD’HISTOIRE NATURELLE
  • GALERIEDE LA MARINE
  • GALERIEDES PONCHETTES
  • ESPACEFERRERO
  • PRIEUREDU VIEUX-LOGIS

有効期限

有効期限は3年です。カードはその場で発行してくれるので、その日から3年間有効です。

カードはプラスチックで出来ており、クレジットカードと同じサイズなので、常にお財布に忍ばせておくとよいでしょう。

カードの使い方

上記に示した美術館とギャラリーで使用することができます。入場の際、受付でこのカードを提示して下さい。

名前の通り『パス』なので、有効期限の3年以内なら、何度入場しても無料です。

カードの申請方法

ギャラリー

申請場所

対象の美術館とギャラリー(上記「対象施設」)で申請ができます。

必要書類

必要書類はたったの2つです。『身分証明書』『3ヶ月以内の居住証明書』です。前者はパスポートや滞在許可証で、後者はEDF(電気会社)の請求書や家賃請求書など、住所が記載してある何かしらの証明書を持って行けば大丈夫です。

この2つの書類を持って、「PassMusées de Niceを作りたい」と受付に申し出れば、その場で作ってくれます。

書類をチェックして問題がなければ、写真撮影になります。写真撮影と言っても、ごく簡易的なもので、私が作ったときは「ではこのパソコンのカメラを見て下さい。」と、パソコンに付いているカメラでその場でパシャリと撮られました。

しかも「笑って」と言われ、笑顔でいいのか?と思いましたが、無表情の写真より良いかもしれません。

まとめ

文化大国と言われるフランス。素晴らしい美術館がたくさんあるので、色々と訪れてみたいものです。このPassMusées de Niceのように、住人に与えられた特権は、使わないと損ですよね。

このパスで入れる美術館は限られていますが、通常は有料の美術館も、毎月第一日曜日はすべての美術館が入場無料となります。もちろん、これを狙って来る人々で、いつもより混雑していますが。

蛇足ですが、毎年9月の第三週の週末に『Journéeseuropéennes du patrimoine(ジョルネ ウーロペエンヌドゥ パトリモワン)』という、ヨーロッパ世界遺産の日があります。これは普段公開しない歴史的な施設や美術館が、一般の人々に開放される日なのです。

この日は美術館も無料開放になります。ちなみに2017年は9月16日と17日なので、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

もうチェックした?海外転職するなら使いたいおすすめ海外転職エージェント

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Ritz

Ritzライター

投稿者プロフィール

36歳にして語学留学を決意。16年務めた会社を潔く辞め、フランス語会話力ほぼゼロで単身渡仏。
何とかなる精神で山谷乗り越え、1年で帰国のはずが、フランス人との運命の出逢いによりニースに根を下ろす。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る