海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【徹底解説】チャットアプリ「Whatsapp」を使いこなそう

  • 公開日:
  • 更新日:
whatsapp

日本ではチャットができるモバイルアプリとして一般的なのはLINEまたはFacebook Messengerだと思いますが、スペインではほとんどの人が「WhatsApp」を利用しています。

そのシェアなんと99%!WhatsAppのアプリをダウンロードしていないと、みんなとコミュニケーションが取れないと言っても過言ではありません。というわけで、Whatsappをきちんと使いこなしましょう。

WhatsAppとは?

whatsapp

WhatsAppとはチャットをするためのアプリケーションです。機能的にはLINEに似ています

LINEと異なるのは、固有のIDがない点です。IDの交換や、相手を登録という作業が必要ありません。

相手の電話番号を電話帳に登録した後、WhatsAppアプリで最新状態に同期すると、相手の名前がアプリ上で表示されます。相手がWhatsAppアプリをダウンロードしていない場合は表示されません。

WhatsAppの機能

whatsapp

メッセージ送信

テキストメッセージ、携帯絵文字、写真、動画の送信ができます。LINEのようなスタンプ機能はありません。

ボイスメッセージ送信

自分の声を録音して送ることができます。文字を打つのが面倒なのか、スペインの人はボイスメッセージをかなりの頻度で送ってきます。送る側としてはメッセージを入力するより楽なのかもしれません。

聞かないと内容がわからないので、受信する側はテキストメッセージの方が良かったりするかもしれませんが……。

最終接続時刻の表示

チャット画面上に、チャット相手の最終接続時刻が表示されるようになっています。

最終接続時刻の非表示

自分の最終接続時刻を相手に表示させたくない場合、設定で非表示にすることができます。ただし、非表示を選択した場合、他の人の最終接続時刻も見られなくなります。それは相手が最終接続時刻を非表示設定にしていなくてもです。

つまり自分の最終接続時刻は表示したくないけど、他人の最終接続時刻は見たい、ということができないようになっています

オンラインの表示

最終接続時刻を非表示にしている場合でも、オンライン中(アプリケーションを動作している最中)は「オンライン」と必ず相手に表示されます。

既読表示

自分が送ったメッセージの吹き出しの右下に青色のチェックマークが2つついたら、既読済です。

なお、配信済が灰色のチェックマーク1つ、相手が受信済が灰色のチェックマーク2つです。既読になると、これが青色に変わります。

バックアップ

iPhoneを利用している場合、iCloudに定期的にバックアップする機能があります。タイミングは「毎日」「週一回」「月一回」の3種類です。Androidの場合は、手動でGoogleDriveにバックアップする仕様となっています

バックアップはビデオを含むかどうかを選択できます。チャット内で送受信したビデオもバックアップしたい場合は、選択しておきましょう。

近況表示

最近追加された機能では、自分の近況を写真で報告することができます。スペイン語だと「Mi estado」(私の近況)となっており、写真を数枚追加することができるようになっています。

また、「Estados」(近況)のタブで、他の人の近況といつその近況をアップしたのかを見ることができます。この機能はまだ追加されたばかりだからか、利用している人が少ないように思います。

WhatsAppのセキュリティ

セキュリティ

プロフィール写真、最終接続時刻、近況が表示される範囲を選択することができます。

プロフィール写真と最終接続時刻は、「全員」「自分の電話帳に登録されている人」「誰にも表示させない」の3種類で、近況は「自分の電話帳に登録されている人」「電話帳に登録されている人から○○を除く」「選択した特定の人」の3種類です。

連絡を取りたくない相手に対しては「ブロック機能」(着信拒否機能)があります。私は、全く知らない相手から定期的に自分に関係ないメッセージが来るようになった際に、ブロック機能を使いました。

WhatsAppの普及率

スマホ

シェア99%と言われているだけあり、スペインではスマートフォンのユーザはみんなWhatsAppを使っています。これまでスマートフォンを持っていて、WhatsAppを使っていない友人をこちらで見たことがありません。

新しい友達と知り合って連絡を取る際、必ず「WhatsAppで連絡して」と言われます。

スペインで生活する上でWhatsAppがないと連絡に困るので(もちろんFacebook Messengerも使われていますが)、スマートフォンを利用している人は必ずインストールしておきましょう。

LINEやFacebook Messengerと異なる点

テキスト

スタンプがない

WhatsAppにはスタンプ機能がありません。

LINEやFacebook Messengerだと「OK」とか「りょーかい」等の短いコメントをスタンプだけでかわいらしく返信を終わらせることもあると思いますが、WhatsAppではそれはできません。

そのかわり、携帯の絵文字だけで返信してくる人は結構います。あえてスタンプはいらない、という考え方なのでしょうか。

送れる動画の長さ

Facebook Messengerは3分の動画までしか送信できないと思いますが、現在のところWhatsAppでは6分まで送信できます。

ゲーム機能はない

LINEゲームのようなゲーム機能はありません。WhatsAppはメッセージや画像、動画を送受信する機能に特化されています。

WhatsAppをインストールしてみよう

whatsapp

WhatsAppの使い方は簡単です。

WhatsAppのアプリをダウンロードすると、SMSで認証コードが送られるようになっています。アプリ上で認証コードを入力して利用開始です。

短期留学等で日本の携帯を持っていく人は、日本にいる間にWhatsAppのアプリをダウンロードしてしまいましょう

認証コードが送られてくるSMSの受信は通話用のチャネルを利用するため、インターネット環境のみではSMSを受信できません。ご注意下さい。

無事メイン画面にたどり着いたら、プロフィール写真、最終接続時刻の表示、バックアップの設定をしましょう。

自分の電話帳に登録している人がWhatsAppのアプリをダウンロードしている場合は、すぐにチャットを始めることができます。

まとめ

スペインで生活するなら人との連絡に欠かせないWhatsApp。

早く使いこなして、現地の人とチャットでコミュニケーションを取りましょう。こちらではチャットが大好きな人も多いです。ただしのんびり屋さんも多いので、既読スルーはあまり気にしないようにしましょうね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
moni

moniライター

投稿者プロフィール

2015年6月よりスペインのセビリア在住。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る