海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インド企業のインド人と働いてわかった働き方や文化の違い

  • 公開日:
  • 更新日:
ヒンドゥー教の寺院

日本で働くことと、海外で働くことには違いがたくさんあると思います。私はインドのローカルIT企業で社内日本語教師として仕事をしていました。

会社が選んだ8人のエンジニアの社員の人たちが生徒さんで、日本語がビジネスレベルまで話せるようになると、日本に行って働くことができるというチャンスをもらえた人たちです。

私は社内でたった一人の日本人でした。その私の目から見た、インドローカル企業の社内の文化や雰囲気の違いを紹介します。

インド企業の勤務時間の違い

勤務時間9時〜18時半

まず、私は社内日本語教師でしたので、他の方とは働く時間が違っていました。私は9時から3時まで会社の会議室で授業をし、3時から5時まではオフィスの中の私の部屋で、事務作業などをします。

私はこのように9時から5時までの勤務ですが、ローカルスタッフは9時から6時半まで働きます。また、土曜日も時々出勤していました。

日本より勤務時間は長いので、「働く時間が多いから大変ね」と生徒さんたちに聞いたことがあるのですが、みんな「どこもこんなものだよ。」と笑っていました。

インド企業に存在するカースト制による仕事の違い

インドでは、表向きはカースト制度は廃止されています。しかし実際は根強く残っています。職場においても、それは存在し、日本人の私でもすぐにそれを感じることができました。

IT企業なので、社員の人はみんなパソコンに向かって仕事をしています。電話をとり、社員同士で世間話をしながら楽しい雰囲気です。

そしてそこには、低いカーストの人たちがする仕事が存在していて、その仕事を彼らより上のカーストの人がすることはありません。

最初の頃のことでした。私が社員の方のパソコンを借りて仕事をしていたときに、隣に積んであった山のような書類が崩れ落ちて、床に散らばりました。「sorry(ごめんなさい)」といって、拾おうとすと「気にしないでいいよ」と言うのです。

最初は気をつかってくれたのかと思ったのですが、彼はすぐにひとりの男性を呼び、落ちた書類の山を拾うように言いました。床に落ちたものを拾う、そういった「床に近い場所での作業」が呼ばれた男の人の仕事でした。

上のカーストの人は散らばった床のものを自分で拾うことはなく、また私が知らずに拾ってしまうと、それは彼の仕事を奪ってしまうことでもあったのです

インド企業内にメイドさんがいる違い

インドのメイドさん

*毎朝、新鮮なお花を飾ります

私が働いていた会社は一階が社長の家、二階と三階が会社、四階が私の自宅でした。社長が雇っていたメイドさんが社長の家と会社で仕事をし、私の自宅へも掃除に来てくれました。

午後の授業が終わった3時にオフィスに戻ると、彼女はいつもコーヒーを入れて持ってきてくれるのですが、彼女は英語が話せないので、「Thank you」と言っても、ニコッと笑って出て行くだけでした。

笑顔だけのコミュニケーションでしたが、ほとんど男性ばかりの社内で、彼女の存在は私には嬉しいことでした。

インド企業の仕事スタイルの違い

スマホは常に手元に

みんなスマホは机の上、自分の手元に置いていて、メッセージが入るたびにチェックして返信していました。それがプライベートなメッセージであっても、関係ありません。

彼らは楽しそうに返信したり、メッセージを見て笑ったりしています。

また自分の電話にかかってきた電話は、仕事中でもとりあえずはとっていました。みんなそんな感じなので、あちこちでピコ、ピコと、メッセージのお知らせ音が鳴っていたりします。

インド人は宗教優先

花

*飾られたお花

まだ入った頃だったので、何のお祝いの日だったかはわからなかったのですが、ある朝出勤すると、「今日はバラモン(ヒンドゥー教の僧侶)が来るからね」と、祭壇を作ったり、お花を飾ったり、食事の用意や部屋の装飾で慌ただしくしていました。

しばらくすると、白い布をまとったバラモンの方が来られて、社内を一周し、お祈りを唱えながら、花びらをまきます。

そのあと、社員全員一列に並び、バラモンの方がひとりずつ、その人の名前とともにお祈りの言葉を唱えていきます。終わると次の人へと、順番に行われます。自分にお祈りを唱えてもらっている間は、手を合わせ、頭を下げます。

私は初対面だったので、あなたのお名前は?と聞かれたのですが、日本語の名前だったからか、かなり違う名前でお祈りの言葉を言っていただいたのもいい思い出です。

そしてこの日は結局、後片付けをしているうちに1日が終わりました。

まとめ

インドの公園

*インドの公園

現地ローカルの会社で日本人は私だけ。今までも日本人が働いたこともない会社で、インドのローカルな雰囲気や文化を肌で感じることができました。

働く時間は9時から6時半までの週休2日、時には週休1日にもかかわらず、みんな楽しそうに仕事をしていました。

スマホを手元に置き、メッセージをやりとりするといった、そんなことも彼らの息抜きになっているのかもしれません。

インド人と働くのは大変という声も耳にしたことはありますが、私の経験ではそういったことはありませんでした。

どのように感じるかは環境や日本人側の受け取り方にもよると思いますので、大変かどうかは自分で感じてみることをおすすめします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Erica

Erica

投稿者プロフィール

オーストラリアに子連れで大学留学。
8年滞在の後、シンガポール・インド滞在を経て、2007年帰国。年に一度はインドに里帰りするインド好き。インド生活、インドのことならおまかせください

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る