海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インド就職、私のインド生活を支えてくれた言葉

  • 公開日:
  • 更新日:
インド

海外で仕事や生活をすると決めたものの、いざ準備を始めると、不安になったり、寂しくなったりすることがあるかもしれません。また、慣れない国で実際の生活が始まると、くじけそうになることもあるでしょう。

私はインドのローカルIT企業で仕事をしていました。インドが大好きだったのでインドでの就職を選びました。それでも、インドに行く前も、インドで生活を始めてからも、いつもハッピーだったわけではありません。

今回はそんな時に支えとなった言葉を紹介します。

インドへ降り立つまで

インドのお店

*インドのお店

勇気とは不安を感じないことではない。勇気とは不安をコントロールすることだ。 (マーク・トウェイン)

私は8年間のオーストラリア生活を終え、大好きな国インドに住むことに決め、仕事を探しました。

希望通り日本語教師として南インドのバンガロールで働くことが決まったのですが、いざインドへ行くとなると「これでよかったのだろうか」と自分の決断に迷いが出ることがありました。

また、8年間住み慣れたオーストラリアは第2の故郷であり、思い出いっぱいの慣れた場所を離れる不安もありました。不安があるということは、間違っているというサインなのか、と思うことさえありました。

私は自分が元気になれる言葉に出会うとノートに書き留めているのですが、出発まで何度も読み直したのがこの言葉でした

周りの人の反応に対して

休憩するインド人

*休憩時間

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。(スティーブ・ジョブズ)

自分の本当にやりたいことをしなさい。何をしたって他人は文句を言うのだから。(エレノア・ルーズベルト)

オーストラリアへは、ひとり息子を連れての子連れ留学でした。私がインドへ行くことを息子の小学校のお母さんたちに話したときの反応は、本当に様々でした。

「いいね!彼(息子)はますますグローバルな子供になるね。そんな機会が与えられた彼はラッキーだわ!」と言ってくれる人もいれば、「うそ!インド?考えられない。よく決心したわね……」と呆れ顔で言われたこともありました。

何かの岐路に立っている時は、ポジティブな言葉より、後者のような言葉のほうが自分の中に残り、自分の決断を信じられない気持ちになることもありました。そのとき私の心に響いたのが上の二つの言葉です。

いい意味でも悪い意味でも、人はいろいろ言ってくる。100人いれば100人の価値観がある、誰かの物差しで生きるのは無意味だと思うようにしました。

インド生活が落ち着くまで

公園の手入れをする人

*公園の手入れをする人

大好きな国、住みたかったインドでの生活が始まりました。

インドにいる自分が嬉しくて、わくわくすることもありましたが、土地勘もなく、どこへ出かけるにも毎回会社のドライバーさんに頼まなければならないこともあり、そうしたことはストレスでした。

もっと楽しいはずだったのに、そう思う時もありました。ここでこの先、楽しくやっていけるのかなと、思う日もありました。

生活が落ち着くまで、何がなんだかわからないという状況に自分が置かれているような気になることも、時にはありました。そんなときは、

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべてが見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。(キング牧師)

という言葉に出会い、自分に言い聞かせました。

思えばオーストラリアに行く時も、階段の全てなんて見えなかった。でも、日本にいては決して得ることのない、素晴らしい時間を過ごすことができた。

きっとインドでも大丈夫。一歩を踏み出した自分を褒めようと、そう思うきっかけになった言葉です。

インドの仕事でのスランプ

インド人

*出会った人たち

私の生徒さんたちは、日本語能力を身につければ日本の会社で働けるという候補に選ばれた8人の社員の人たちでした。みんなモチベーションも高く、真面目に授業に参加してくれました。

会社にとっては貴重な勤務時間の中の9時から15時までを授業に当てているわけです。そのため、たびたび日本語が流暢なインド人マネージャーと社長の同席のもとに、レベルチェックが行われました。

どれだけ真面目な生徒さんたちでも、語学学習の中では伸び悩む時期があります。これは普通のことなのですが、レベルチェックの後、生徒さんたちの中には「もっと頑張れ」と怒られている人がいました。 会社で初めての日本語教育プログラムで前例もないため、社長の期待が大きすぎたのだと思います。

教師である私が責められることは一度もなかったのですが、社長に「期待値が高いこと」や、「彼らは十分伸びている」と言えない自分が嫌になったことがありました。

自信は好循環を生み、不安は悪循環を呼ぶ(ヴィンス・ロンバルディ)

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。(ネルソン・マンデラ)

この言葉は、これらの思いの助けになりました。生徒さんたちは伸びている、右肩上がりが一時期、フラットになるのも普通のこと。自分の教え方、生徒さんの力を信じ、間違い探しに陥らないようにしました

そしてこの先インドでいろんな壁にぶつかっても、立ち上がる力だけは失わないようにと決めました。

まとめ

 

夢が叶って、次の一歩に踏み出す。本当なら嬉しくて、希望に満ちて、ワクワクしているはずなのに、実際夢が現実のものになると、不安や迷い、くじけそうなことがやってきます。

そんな時、言葉が与えてくれる力はとても大きいです。こういった言葉はたくさんありますが、自分の心の琴線に触れる言葉に出会うと、それがずっと支えになります。

夢を叶えたその場所で自分らしく生き生きと暮らせるように、支えとなるような言葉を心のサプリメントとして使ってくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Erica

Erica

投稿者プロフィール

オーストラリアに子連れで大学留学。
8年滞在の後、シンガポール・インド滞在を経て、2007年帰国。年に一度はインドに里帰りするインド好き。インド生活、インドのことならおまかせください

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. シティ
  3. 楽天カード
  4. リクルートエージェント
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る