海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドのバンガロールで働くことを選んだ理由

  • 公開日:
  • 更新日:
インド

インドで働きたい、仕事をしてみたい。4歳半の息子を連れてオーストラリアに大学留学し、卒業が近づいた頃、私はインドで仕事を探すことを決めました。

そして卒業式から半年後、私は再び息子を引き連れ混沌の国インドへと渡ったのです。

のんびりとしたオーストラリアから混沌の国インドへ。どうしてインドを選んだのか、どのように仕事を探したかなど、今回は私がインドで仕事をするまでをご紹介します。

なぜインドで働くことを選んだのか

インドが大好きだったから

オーストラリア滞在中に多くのインド人の方や留学生と出会い、インドという国にとても興味を持っていました。

オーストラリアの私の家にはインドの布が飾ってあり、休日にはインディアンタウンにスパイスを買いに行くという、インド大好きな生活を送っていました。

次はどこの国にしようかと考えたとき、好きな国なら多少の辛いことも我慢できるはずだと「住みたい国で働く」ことを大切に決めました。

また成長著しい国なので、国自体にパワーがあって生き生きしているのではというのも理由でした。

海外で働くことで留学と違うものを得たい

オーストラリア留学で得たものは多くありました。英語力や専門知識に加えて、私は子連れ留学でしたので、人とのつながりや生きていく力など、たくさんのものを得ることができました。

今度は仕事をしながら暮らすことで、留学とは違うものを得たいと思いました。

多少のトラブルやハプニングは過ぎてみれば笑い話になる、そのことをオーストラリアで学んでいましたし、そのハプニングを楽しみにできる度胸はついていたと思います。

インドでの仕事はどのように探したか

授業

※授業風景

インターネットで「インド」「仕事」と検索すると、日本語教師の仕事が多く出てきました。ラッキーなことに、私はオーストラリア留学前に日本語教師の資格を取っていましたので、日本語教師一本で探すことにしました。

利用したのはこちらのサイトです。

日本語教師・職員求人情報サイト:日本村http://job.nihonmura.jp/

インドは広い国なので求人地域も南インドから北インドと場所は多岐に渡っていました。私は治安がいいと言われる南インドの中でも「インドのシリコンバレー」と呼ばれるバンガロールに絞り込んで探しました。

応募から面接まで

応募したい仕事が見つかればメールで履歴書を送り、書類選考に通ればスカイプで面接をするという流れでした。

就活期間はどれくらいか

バンガロールのIT企業で働き始めるまで、3ヶ月ほどでした。

日本語教師としての求人はほとんどが日本語学校でしたが、IT企業の社内講師という仕事も中にはありましたので、そちらを中心に探しました。

私は日本語教師の資格を持っていましたが、中には資格がなくても可という求人もありましたので、持っていなくてもチャンスはあるかと思います。

海外ではどのような仕事をしたのか

飛行機

※インドへ行くときに乗った飛行機(タイ経由)

私の仕事はIT企業の社内日本語教師という仕事でした。会社の社員としての採用です。成績が良ければ日本でITエンジニアとして働ける、その候補として選ばれた社員の方8人に日本語を教えるというのが私の仕事でした。

新しく始まったプロジェクトでしたので、前任者も同僚講師もいなくて、私1人がすべてをまかされました。

生徒さんたちは日本で仕事をしたいという高いモチベーションを持っている人たちで、大変真面目に授業に参加してくれました。みんな9時から15時まで私の授業に参加して、その後社内でエンジニアとして仕事をしていました。

日本の会社で仕事ができる日本語力をつけてほしいというのが、採用時の会社の希望でした。

勤務時間に授業を受けさせているだけあって、会社によるレベルチェックが毎月ありました。

日本に駐在経験のある日本語の流暢なマネージャーによって、ロールプレイ式のレベルチェックが行われるのですが、社長同席のかなり厳しいもので、その日は授業参観に来た母親のような気持ちで、生徒さんたちを見守っていました。

8人全員が目標のレベルに到達ということはできませんでしたが、ほぼ8割の生徒さんが目標レベルに到達したのが約1年半後、そして私の仕事は完了しました。

日本語教師を選んだ理由

学校で日々大勢の生徒さんと接するより、私と同じように海外で働きたい」という夢を持っているインドのエンジニアの人たちのお手伝いをしたいと思い企業内講師を選びました。

また日本語教師をする場合は、初級クラスでも日本語だけで授業をすることが多いのですが、この企業では理解を深めるために英語を使って日本語を教えてほしいということだったので、日々英語を使えるという点も理由の1つでした。

インド英語を聞けるようになる

インドでは北インドで話されているヒンディー語や南インドで話されているタミル語など、地域それぞれの言語が多く、「1マイルごとに水が変わり、2マイルごとに言葉が変わる」ということわざがあるほどです。

とはいえ、英語はだいたいのところで通じますし、耳にすることも多いです。ただインドの英語は独特で、発音や言い回しに慣れるまでは大変と言われています。

でもインド英語が聞けるようになるということは、インドの成長などを考えるととてもメリットが多いのではないかと思います。

私はもともとインド英語の音が好きでしたので、毎日インド英語を聞けることの嬉しさの方が大きかったですが、今でもインド英語が聞けるということは仕事上のアドバンテージになっています。

インドで仕事をしてよかった点、悪かった点

インド

良かった点

大好きな国で仕事ができたことと、日本ともオーストラリアとも違う文化や価値観の違い、働きかたを経験できたことです。

生徒さんたちはとても真面目で、宿題はもちろん復習や予習も必ずしてきてくれて、先生先生と慕ってくれました。彼らの目標に向かって頑張る姿は尊敬に値するものでした。

街を歩いていても仕事をしていても、インドの人々のパワーは私にたくさんの力をくれました。実際に暮らしたインドは日本やオーストラリアでは得ることができないものを私に与えてくれました。

私たちより持っているものは少ないはずなのに、キラキラとした目をしている子供達、雑踏の中でたくましく生きている人たち。何が幸せなのか、何を大切に生きていきたいのか、そんなことを肌で感じさせてくれる毎日でした。

そして何より、帰国して数年後、私の授業を受けてくれた生徒さんたちと日本で再会できたことが嬉しかったです。みんなで食事をした日のことは今でも忘れられません。

悪かった点

仕事をしてみて悪かったことは特にありません。インドが懐かしくて、今でも一年に一度は里帰りをしたくなることくらいでしょうか。

危ない、怖い、汚いといったステレオタイプのイメージが先行しているインドですが、そんなことはないと思います。特に危ないところに行ったりしなければ、南インドは特に人が親切なので安心して暮らせると思います。

まとめ

インドの街並み

※家の屋上から見える街並み

最初からインドで仕事をした後の自分自身の将来像が見えていたわけではありませんでした。

でも今、インドで働いたことは仕事をする上でも、生きていく上でも、大きな私の財産になっています。あの時、全体像が見えるまで考えていたら、きっとインドへは行けなかったと思います。

動けば何かが見えてくる、最初の一歩を踏み出す勇気だけあれば、道は開けてくると思います。

自分がやりたいことに対して、あれこれ言う人は必ず出てきます。でも、応援してくれる人もきっといるはずです。度胸と好奇心を胸に、自分を信じて新しい道を切り開いてみませんか。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Erica

Erica

投稿者プロフィール

オーストラリアに子連れで大学留学。
8年滞在の後、シンガポール・インド滞在を経て、2007年帰国。年に一度はインドに里帰りするインド好き。インド生活、インドのことならおまかせください

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る