海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドで日本語教師として働くメリットとデメリット

  • 公開日:
  • 更新日:
インド

海外で働きたいと考えたとき、メリットやデメリットを比較することは、とても大切なことです。

私はバンガロールにあるIT企業の社内日本語教師として就職し、ITエンジニアの社員の方に日本語を教えていました。周りはインド人ばかりの環境でした。

今回は、英語力が上がるとか、国際性が身につくといった一般的なメリットだけでない、インドの現地企業で日本語教師として働いた私の視点から、インドで働くメリットとデメリットをご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

インドで日本語教師として働くメリット

異国感120%

インド

日本語学校とは違って、企業で働く社内日本語教師は、その会社でたったひとりの日本人であることがほとんどです。

私が働いていた会社は、バンガロールからリキシャ(小型の自動三輪タクシー)で30分ほど北に上がったところにあり、日本人とすれ違ったり、見かけたりしたことは1度もありませんでした

日本人が珍しいようで、慣れてあいさつをするようになるまでは、すれ違うたびにジロジロと見られていました。

せっかく海外に行っても、日本人が周りにたくさんいて残念だった、という話をよく耳にしますが、少なくともインドの現地企業採用、さらには市内からはずれた場所だと、そういったことはまずありません。

海外にいるという「異国感」を120%味わうことができます。

サバイバルスキルが上がる

インド

リキシャとの交渉をはじめとして、インドでの生活は日常的にタフな状況の連続です。

メーターがあるのに、スタートさせずに走り出し、「スタートしてないよ」と言えば、「100ルピーだよ」とありえない値段を言ってくる。そんなことは日常茶飯事です。またか……と思いつつ、そこから交渉スタートです。

これをストレスと思うかは人によると思いますが、慣れてくればゲーム感覚で楽しめるようになります。数ヶ月も経てば、多少のことなら動じなくなるでしょう。

マッサージやリラクゼーションが安い

リラクゼーション

日本では高額なエステやマッサージですが、インドでは安いです。特に、インドの伝統医学のアーユルヴェーダのオイルマッサージは、日本の4分の1くらいで受けることができます

脳のマッサージといわれる、眉間に温かいオイルを垂らし続けるシロダーラや、2人のセラピストがオイルを使って全身をマッサージしてくれるアビヤンガなど、インド生活で疲れた心身を癒してくれます。

インドで日本語教師として働くデメリット

お給料が安い

現地採用だと、ローカルベースの給料になるので、日本からの駐在員や日系企業の社員に比べるとずっと安いです。駐在や日系の方は、セキュリティ付きのマンションや一戸建てに住み、ドライバーさんを雇っていることがほとんどです。

反面、日本人がいないという環境は、面倒なしがらみもなく、快適でもあります。

海外の日本人コミュニティは、時に日本にいるより狭く、問題が起こりやすくもあります。その点では、現地採用で社内に日本人ひとり、という環境は気楽なものです。

安いといってもインドで十分に暮らせる金額ですので、現地採用はおすすめです。

期限付きの契約が多い

こちらはインドで「社内日本語教師として働く」上でのデメリットになりますが、毎年生徒さんが入学してくる日本語学校と違って、社内日本語教師は期限付きの場合が多いです。

私が教えていた生徒さんたちは、ビジネスレベルの日本語が話せるようになると、日本でITエンジニアとして働くチャンスがもらえるという、選ばれた8人の社員の方たちでした。

会社の最終評価を受けて、適任者と認められれば、そこで仕事は終了です。私の場合は、1年半でした。

現場で生徒さんの上達具合を見ているのは私自身なので、だいたいの目安はたちますし、マネージャーの方とも定期的に面談をしますので、突然ということはありません。

気が強くなる

メリットの1 と2を実感する頃には、かなり気が強くなっているはずです。私もそうでした。

インドで暮らすということは、日々戦いだ、そんなふうに思ったこともありました(半分冗談ですが)。

私はインドで暮らす前は、オーストラリアで8年ほど住んでいたので、自己主張もし、自分の意見ははっきりと伝えるという人間になっていたと思いますが、インドで暮らすうちに、かなり気が強くなりました。

「なんで?どうして?」「じゃあ、いつならできるの?」「さっきも言ったよね」と、暖簾に腕押しのインド人相手に、毎日こんなやり取りをしていたせいか、日本に一時帰国すると、「すごく表現がストレートよね」「性格きつくなった?」と笑いながら友人に言われました。

インドの日本語教師は情報が少ない

インドの新聞

※写真はインドの新聞

私はインドが好きだったので、それまでもインドに住んでいる人のブログやサイトを見ていました。ですが、実際に仕事を探そうと思ったときには何から始めていいのかわからず、とりあえずとりあえず始めてみたのが、インターネットでの検索でした。

「インド・就職」といったキーワードを入れて、探してみると、いくつかブログが出て来たものの、就職情報サイトなどはありませんでした。

ただその中に、「インドで日本語教師」といったブログが出てきました。私は日本語教師の資格を持っていたので、今度は「インド・日本語教師・就職」というキーワードで入力してみました。

そして見つけたのが、日本語教師・職員求人情報サイト:日本村(http://job.nihonmura.jp/)というサイトです。それ以降はこちで就職情報を探すことにしました。私は「日本語教師」というキーワードを得てからは、日本語学校の教師ではなく、社内のインド人の方に日本語を教える社内日本語教師に絞って探しました。

まとめ

今回は、インドで現地採用の社内日本語教師として働くメリットと、デメリットをご紹介しましたが、ここで挙げたデメリットは、メリットとしてとらえることができるものだと思います。

少なくとも私にとっては、メリットでした。ローカルの雰囲気の中にいられて、自分の力で日々生きている実感を得られる貴重な時間でした。

インド人とのやり取りも、向こうはそれほど悪気があるわけではないので、慣れてくればゲーム感覚になります。

今、インドで就職しようと考えている人には、きっとメリットとなることでしょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Erica

Erica

投稿者プロフィール

オーストラリアに子連れで大学留学。
8年滞在の後、シンガポール・インド滞在を経て、2007年帰国。年に一度はインドに里帰りするインド好き。インド生活、インドのことならおまかせください

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. 旅行バッグ
  3. 楽天カード
  4. シティ
  5. 海外就職求人サイト
ページ上部へ戻る