海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

ベトナム・ノイバイ空港からハノイ市内への移動は86番バスで決まり

  • 公開日:
  • 更新日:
バス

みなさん、初めて訪れる国で気になることはなんですか。通貨、交通事情、食文化、気候……色々なことが気になるかと思いますが、誰もが最初に気になるのは、空港から市内へのアクセスなのではないでしょうか。

今回はベトナムの首都ハノイの空港、ノイバイ空港から市内へのアクセスでもっともおすすめな交通手段「86番バス」をご紹介したいと思います。86番バスを利用すれば、安く安全に市内へ行くことができますよ。

バスに乗ってしまえば、東南アジアの国にありがちな、ぼったくりタクシーの心配をする必要もありません。

86番バスとはどんなバス?

86番バスは路線バスですが、空港と市内を結ぶために2016年より運行されている特別な路線バスです。

車掌は英語を話すことができ、スーツケースなど大きな荷物を置くスペースも確保されていて、外国人を含む空港利用者を対象にしています。

所要時間と運行時間

空港から終点のハノイ駅までは、約50分。空港発のバスは、6時25分から23時5分まで約25分間隔で運行しています。

料金は格安

バスチケット

料金は一律3万ドン、日本円で約150円です。乗車し席に座っていると、車掌がお金を徴収しにきます。

バス乗り場の場所

乗り場

ノイバイ空港の作りはとてもシンプルです。1階が到着ロビーになっているので、そのまま建物の外に出ましょう。建物を背にして左側にタクシースタンドがあります。レーンが2つあり、タクシーレーンの奥がバスのレーンです。

バス乗り場には表示があるので、86番の表示の下で待っていればバスがやってきます。ただ、間違えてミニバスに乗らないように注意しなければなりません。ミニバスのドライバーが、乗車しないかと勧誘してくるかもしれません。

ミニバスでも市内へ行くことができ、ホテルの位置などによってはミニバスの方が便利なこともありますが、初めてのハノイの場合あまりおすすめしません。

ミニバスは人数がそろった時点で発車するシステムのため、なかなか出発しないことが多く時間が読めません。料金もバスによって異なるので確認が必要です。

市内の停留所

バスに乗ったら、今度はどこで降りるかが問題です。バスは市内中心部に着く前にもいくつか停留所に停車していきますが、ほとんどの人は中心部にある停留所で降りることになるでしょう。

中心部の主な停留所

  • ロンビエンバスターミナル
  •  オペラハウス
  •  メリアホテル
  •  ハノイ駅

基本的には、車掌に自分のホテルの住所を見せると、車掌が適切な停留所を教えてくれます

86番バスをおすすめする3つの理由

タクシーやその他の路線バス、ミニバスなど、86番バス以外の交通手段もありますが、私は断然86番バスをおすすめします。

その理由は、まず料金が3万ドン(約150円)と格安だということが挙げられますが、それ以上に大きな次の3つの理由があるからです。

  1. 英語が通じる
  2. 無料WiFiがある
  3. ぼったくりの心配がない

英語が通じる

まず、86番バスの車掌は英語を話すことができます。タクシーの運転手の中にはライトとレフトが通じない人もいますが、86番バスの場合そんなことはありません。車掌は皆、バスの車内で必要な会話を身につけています

初めての国では、料金など英語で教えてくれるとほっとしますよね。

無料WiFiがある

このバスにはWiFiがあります。バスに乗れば、無料で接続することができます。WiFiがあるということは、地図アプリを使って正確に自分の位置確認ができるということです。バスに乗りながら、今の自分の位置と目的地とを確認することができるのでとても安心です。

また車掌は英語が通じますが、万が一意思の疎通ができなかった場合でも翻訳アプリを使うことも可能です。もちろんWiFiがあれば、バスの中でハノイ情報を調べることもできます。

ぼったくりの心配がない

そして、私がこのバスをおすすめするもっとも大きな理由は、ぼったくりの心配がないということです。

残念ながらベトナムでは、タクシーでのぼったくりが時々あるのが現実です。だいぶその数は少なくなってきたのですが、ゼロとは言えないのです。初めてのベトナムで嫌な思いをするのは避けたいものです。

バスで確実に座る裏技

バス

ここまで86番バスについて良いことばかりを書いてきましたが、実は1つ小さな問題点があります。

それは国際線ターミナルから乗車した場合、座れない可能性があるということです。というのもバスは国内線ターミナルから出発するのです。

バスが国際線ターミナルに着いた時には、既にほぼ満席のことがあります。市内までは約50分。立ちっぱなしというのも少々きついですよね。

そこで裏技です。とても簡単なことなのですが、国際線ターミナルから無料シャトルバスに乗って国内線ターミナルに移動してしまいましょう

無料シャトルバスは、ターミナルを出て右側から発車します。国内線の2階出発ロビー入口に着くので、1階到着ロビーに降り86番バスに乗ってください。

国内線ターミナルから86番バスに乗れば、確実に座って市内中心部まで行くことができますよ。

まとめ

始めての国で、空港から市内へ移動するのはどこの国でも緊張するものです。私も初めてベトナムに来たときは、まんまとぼったくりタクシーにひっかかってしまいました。

今は当時よりもぼったくりタクシーはかなり少ないですが、それでも気を付けるにこしたことはありません。

ハノイの場合は、86番バスが本当に安全で便利なので、みなさんぜひ利用してみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【ベトナム求人】未経験からでもベトナム就職を狙える転職サイトまとめ

ベトナムで働くには?ベトナムで就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ざわわ

投稿者プロフィール

ベトナム大好きなアラサー女子です。手描き地図作家を目指し、ハノイの地図を作成しています。「ハノイの地図屋さん」を運営中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る