海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

トルコで生活!イスタンブールではどんな家に住めるのか

  • 公開日:
  • 更新日:
トルコのイスタンブール

イスタンブールは有名な観光地であり、日本人にも人気があります。

1才の子供と生活していましたが、子連れで観光地を歩けば日本語で挨拶されたり、片言の日本語で話しかけられたりします。トルコ人は子供好きな人が多く、また親日家も多いからでしょう。

親日家である理由はその歴史にあります。1890年、トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で遭難した際に日本人達が救助活動し、その後日本の巡洋艦でトルコ人の乗組員をトルコまで送り届けたという出来事です。

この歴史は日本の小学校ではほんの少ししか習いませんが、トルコの子どもたちはかなり詳しく習うようです。この事件をきっかけに日本に親近感を持つようになったのだという話をトルコ人から聞き、納得しました。

今回は、そんな親日国トルコ・イスタンブールの住宅についてご紹介します。

イスタンブールのヨーロッパ側とアジア側

イスタンブールはボスポラス海峡をはさんでヨーロッパ側とアジア側に分かれています。

ヨーロッパ側には新市街と旧市街があります。新市街には企業などが入っている高層ビルが立ち並び、高級モールなどもあります。

また高級住宅街もこの辺りに集まっています。観光地でぼったくりに遭いたくなければ、自分は観光客ではなく高級住宅街であるベベック(bebek)、シシリ(sisli)、エティレル(etiler)に住んでいるなどと言えば大丈夫だと言われるほど有名な場所です。

旧市街には遺跡や観光名所などがあります。またトルコの庶民の住宅街が広がります。地元民相手のパサール(市場)などは旧市街でよく見られ、安く物を買うことができる活気のある場所です。

パサール(市場)

パサール(市場)で買い物

エリアによって異なる家賃

賃貸マンションの家賃は場所によってかなり幅があります。一般的に、ヨーロッパ側はアジア側より少し高く感じます。最寄り駅までの距離、近隣の商業施設などによっても違ってきます。

アジア側であれば、最寄り地下鉄駅まで徒歩15分程度、近くにモールありという条件で、日本円にして月80,000円弱で100平方メートル超の物件が借りられることもあります。

ヨーロッパ側は、高級住宅街であれば販売価格かと思うほど家賃が高い高級物件もあります。賃貸料が高いマンションは敷地内に小さなスーパー、ジム、カフェなどが入っている物件が多く、施設は整っています。

入り口にはガードマンがおり、セキュリティ万全であったりタクシースタンドが併設されていたりと、とても便利です。

日本人が多く住むエティレル

日本人が多く住む地域は、ヨーロッパ側の新市街にあるエティレルという場所です。

日本企業が入るオフィスビルはたいていエティレルからよく見えるシシリという場所にあり、治安もよく通勤にも便利ということで、この辺りのシテ(アパートメント)に住んでいる人が多いです。

トルコの住宅

下記のサイトでトルコの物件の一端が見えてくるのではないでしょうか?

日本語で探せる不動産サイトは参考価格を知るのに役立ちます。

マンションのサービス

イスタンブールのマンションでは、管理人が日用品を買い出ししてくれるというサービスもあります。

近くにスーパーなどがない物件や、共働き、小さな赤ちゃんがいるというような家庭では朝、管理人さんに買ってほしいものをメモして渡すのだそうです。たいていは肉、牛乳、卵、パンなど毎日必要なものを購入してくれます。

もちろんこれらのやりとりはトルコ語で行われます。

トルコと日本のマンションの違い

部屋が広い

高級住宅街にあるマンションでは一般的な広さが100平方メートル超、3ベッドルームがスタンダードです。日本に比べて一部屋がとても広くリビングは2倍以上あります。また、トイレやバスルームはプライベート用とゲスト用に分かれているため、複数ある場合が多いです。

キッチンにはブレックファーストルームという、朝食を食べられるようなスペースがついている場合が多く、リビングルームとは別に机と椅子が置いてあります。

便利な家具付き

家具付き物件も多いです。日本から家具を持ち込まなくてもテレビ、洗濯機、机、椅子、ベッド、照明器具、ソファ、カーテンなど必要最低限の家具は設置されているため、すぐに生活できるのでとても便利です。

タオルや寝具、食器などまで揃っているホテルに準じたアパートメントもあるので、滞在期間に応じて探すことができます。また、自分で好きな家具を持ち込みたいという人のために家具なし物件もあります。

エレベーターは内ドアなし

注意が必要な点もあります。

古い物件はエレベーターの内ドアがなかったり、自分で閉めるタイプの扉だったりする場合があります

内ドアがないタイプのエレベーターは壁に直接手を触れられる構造になっているため、小さな子供がいる場合は手を出さないようにエレベーター扉に背を向けて乗らなければなりません。

目の前で壁が動いていく光景には、私も当分慣れませんでした。また、扉が開いても箱が来ていないために起こる事故もあるそうです。

網戸のない窓

窓には網戸はありません。かなり高層階の部屋の窓でも、腰より低い位置から開く窓があります。網戸もなく外開きの窓もあるので、これらも子供には危険です。

我が家では窓が開いていることに気が付かず、猫が窓から落ちてしまったことがありました。幸い下が芝生だったため助かりましたが、ひやっとした事故でした。それ以降は大家さんにお願いして補助の鍵を付けさせてもらい、簡単に窓が開かないようにしました。

現地の人はこの窓に慣れているようで、窓枠に立って窓ガラスを拭いていたり雨戸を直したりしている光景をよく目にします。

窓掃除

飲めない水道水

水質はかなり悪く水道水は飲めません。洗濯していると白い物はだんだんグレーに染まってきます。飲料水は必ずミネラルウォーターを購入する必要があります。

水道点検の後は必ずサビ水が当分出ますし、水道設備はあまりよくない感じがします。たびたび断水になります。

茶色い水道水

暖炉に注意

リビングには暖炉がある物件も多く見られます。部屋全体にはセントラルヒーティングが完備されているので暖炉を使っている人はあまり多くないとのことでしたが、プラスアルファで使用することは可能のようです。

たいていリビングとキッチンは隣合せになっており、リビングの暖炉とキッチンのオーブンの煙突がつながっています。キッチンのオーブンを使っている家庭は多く、煙突から煙が出ているのをよく見ることができます。

しっかりふさいでおくことが必要

リビングの暖炉は低い位置にあるため、小さなお子さんがいたり猫や犬などのペットを飼っていたりする家庭には大変危険です。また猫は狭い場所が好きなので、暖炉はふさいでおかないと煙突の中を登っていくという大胆な冒険をするかもしれません。

煙突は上下階の部屋でつながっているため、自分の家で使っていなくても他の部屋で使っていると大変なことになります。このため特に猫がいる家庭では注意が必要になります。我が家にも猫がいたので、暖炉は厳重に段ボールなどでふさいで生活していました。

なお、日本で探すのに苦労するペット可の物件というものは探さなくても大丈夫です。猫がいた我が家でも入居する際、特に許可を請うこともなくペットは大丈夫でした。

室内を土足の人も

地域によって違いがあるかもしれませんが、トルコの人たちは家で靴を脱がない人もいるようです。我が家の上階の人は土足生活だったようで、夕方から夜10時過ぎまでカツカツと女性のヒールのような足音がよく聞こえていました。

20代、30代の若い人たちで都市部に住んでいる人達は生活が欧米化しているためか、土足生活の人が多いように感じましたが、高齢の人や郊外に住んでいる人達は絨毯敷きの部屋などがある家が多いため、靴を脱ぐ生活をしているご家庭もあるようです。

若い人でも日本が好きな人は日本風に靴を脱いでいます。それを私達日本人に見てもらいたいと思うようです。

トルコ語が基本

外国人が多く住むマンションでも会話はトルコ語のみです。

水道工事やガス点検などマンション内に案内が貼られているのですがトルコ語なので全くわからず、作業員はもちろんトルコ語しか話せないので、私達はトルコ人の知り合いに電話して作業内容を聞いてもらうなどしていました。

トルコ語の文法は日本語と同じ並びなので、習うと比較的習得しやすいです。生活するためには簡単な会話が必要になるので、私達も習っていました。

トルコの注意書き

イスタンブールで一軒家を探す

イスタンブールで一軒家を探すのはなかなか難しいところでしょう。一軒家はオーナーがトルコ人であることが多いため、言葉の問題もあります。トルコは意外にも中心部の観光する場所、お土産屋さん以外はトルコ語しか通じない場所が多いのです。

ツアー旅行で1週間ほど過ごすというだけであれば問題ありませんが、際に住むとなるとトルコ語は必須になってきます。

トルコの不動産購入も可能

2012年に法律が改定され、外国人が不動産物件を購入することができるようになりました。トルコリラはこの10年で1リラ約100円から30円と3分の1に下がっており、投資物件としても魅力があるのです。

まとめ

イスタンブールは緯度的には日本の青森県と同じくらいなので、夏はあまり暑い日が続かず過ごしやすいです。冬は寒いですが、雪は多くありません。室内はセントラルヒーティングが完備されているので、夏より薄着で過ごせます。

イスタンブールの住宅地は小高い場所にあるため、高層階のマンションからはボスポラス海峡が見える部屋もありますし、風も通りやすくとても過ごしやすいです。

またアパートメントホテルも多数あるので、長めに休暇が取れる方はホテルではなくアパートメントホテルに泊まり、旅行客というより地元民に近い生活を体験することもできます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る