海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

移住前に知っておきたいチェンマイの交通手段(タクシー・バス・サムロー)

  • 公開日:
  • 更新日:
サムロー

タイ、第二の都市と呼ばれるチェンマイは都会の喧噪から自然を求めてくる観光客が多いことでも有名です。実際、自然が多く残りつつも、デパートなども充実しているので、程よいバランスで観光にも適していますし、日本人が移住目的で生活をするのにも困ることはあまりありません。

しかし、チェンマイは同じタイでもバンコクとは交通事情が少し変わってきます。

大都市バンコクでは交通網も発達しており、BTSや地下鉄、溢れるタクシーと、どこへ行くにも比較的楽に交通手段が見つかりますが、チェンマイに関しては車をチャーターしないと行けない場所や、そもそも自分で車やバイクを所有していないと(住んでいる場所にもよりますが)日常生活での移動は多少苦労するかもしれません。

そこで今回はチェンマイの交通手段についてご紹介します。

チェンマイの交通手段

これからチェンマイに移住を考えている方や観光で訪れる方のために、チェンマイで利用可能な交通手段を紹介していきます。

乗り方や金額なども合わせて解説します。

トゥクトゥク

トゥクトゥク

バンコクでもお馴染みの三輪自動車トゥクトゥク。タイにきたことがある人ならばトゥクトゥクに乗った経験が一度はあるのではないでしょうか?

トゥクトゥクの乗り方

道端で見かけたら手を挙げて合図しましょう。トゥクトゥクが停まったら、行き先を伝えましょう。基本的には金額は交渉制で、行き先と料金を伝え、運転手が了承すれば交渉成立ですが、乗り馴れてない場合は行き先を伝えることはできても、金額の相場がわからない場合が多々あります。

またタイ語の喋れない外国人の場合は、外国人値段を提示されることがほとんどです。タイ人値段と外国人値段はバンコクもチェンマイも変わらず存在いたします。

昼間なら60バーツ前後から、夕方は100〜150バーツを目安にしよう

チェンマイのトゥクトゥクの場合、もちろん運転手次第ですが、経験から言うと短距離なら60バーツくらいから乗せてくれる場合もあります。ただし、夕方の混雑時などは100から150バーツからスタートの場合もあります。

金額は距離になりますので、友人知人3人くらいまとめて同じ目的地へ行くならお得な場合もあります。

とにかく基本は値段交渉

時間単位で貸し切りなどもできますので、行き先が数カ所ある場合などは乗り継ぎの足が見つからない場合もあるので、時間で貸し切ってしまえば移動が楽になります。わりとどこへでも連れて行ってくれますが、値段交渉が難しいところです。

ただし英語が喋れる運転手が多いのは事実ですので、タイ語ができない方にとっては比較的楽な移動手段になるでしょう。

赤バス(ソンテウ)

赤バス(ソンテウ)

ピックアップトラックの荷台を改造した相乗りバスになります。決まった道のりを走るルートバスと、行き先が自由な赤バスがあり、ルートバスの道のりがわからない場合は行き先が自由な赤色のソンテウに乗ることになります。

また、ルートバスの場合は色が青や黄色、白色など色によってルートも違います。

赤バスの乗り方

トゥクトゥクと同じく道端で見かけたら手を挙げて合図しましょう。ソンテウが停まったら、行き先を伝えましょう。行き先を告げると値段交渉になります。あくまでも相乗りバスなので、先に乗車している客の行き先と反対方向だったりすると乗せてもらえない場合もあります。

また、先客がいない場合は行き先に自由度ができますが、目的地へのルート上で他の相乗り客が見つけられそうにない場合(あくまでも運転手が予想するだけですが)は貸し切り料金になる場合もあります。

相乗りなら20バーツから乗車できる

金額は頭数で数えるので、貸し切りや遠方へ一人で行く時は100〜200バーツくらい取られる場合もあります。相乗りの場合はだいたい20バーツくらいで市内近郊くらいなら乗車可能でしょう。

目的地へ到着したら天井に付いているブザーを鳴らして運転手に合図を送ります。車が停車したら運転席か助手席から運転手にお金を渡します。

また大きい荷物なども乗せられるので、貸し切って電化製品やちょっとした家具など運んだり、比較的近い場所への引越などにも利用することもできます。

タクシー

タクシー

バンコクと同じくタクシーがありますが、バンコクに比べて圧倒的に数が少ないのが現状です。空港や長距離のバス停以外あまり見かけないので、生活している分にはほとんど乗る機会はないかもしれません。

また、メーター制ではなく交渉制になります。(メーター制もあるのかもしれませんが、乗り合わせたことがありません。)

空港からだと、タクシー乗り場に受付があり、行き先を伝えると金額を言い渡されるので、降車時にタクシーへ支払います。交渉もなく、定額で公平な料金設定をしているので、ぼったくられる心配はありません。

バイクタクシー

バイクタクシー

これもバンコクと同じくバイクタクシーがありますが、タクシー同様に圧倒的に数が少ないのが現状です。バス停以外で見かけたことがありません。また安全面から言ってもヘルメットなしでの乗車になる場合もあるので、あまりおすすめはできません。

乗り方は、他と変わらず行き先を告げて料金の交渉になります。

サムロー

サムロー

チェンマイののんびりとした雰囲気にぴったりの乗り物、それはサムロー(3輪自転車)。タイ版人力車と言ったところでしょうか。

日本の人力車のように走るわけではないのですが、自転車の後ろに座席が設置されており、ゆったりと街中を走ってくれます。

お年寄りなんかがよく乗っているのを見かけます。スピードもゆったりなので、街の景色を眺めながらの観光などには持ってこいかもしれませんね。

短距離であれば10バーツから乗車できるので、話しの種に乗ってみるのもよいかもしれませんね。

レンタルバイク&車

免許があるのならば、レンタルバイクや車もおすすめですが、慣れない土地での運転、また日本とは違う交通ルール、ルールを守らない運転手も多いため、危険であることには変わりありません。

行動範囲は一気に広がりますが、まずは土地勘を養い、タイの交通ルールに慣れてからレンタルすることをおすすめいたします。

ツアー会社などに問い合わせればレンタル会社を教えてくれます。くれぐれも保険の入っていない車やバイクを運転しないように気をつけましょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

一番おすすめなのは赤バス(ソンテウ)

チェンマイでの生活を始めたばかりの方は、赤バス(ソンテウ)が一番おすすめです。相乗りなので目的地に到着するまでに遠回りされることもありますが、比較的安い値段で乗車できるのと、数が多いので比較的見つけやすいのもおすすめできるポイントです。

チェンマイではバンコクとは違い、タクシーやバイクタクシーがあまりないので、赤バスは道端で比較的見つけやすいというのは大きなポイントになります。

また、トゥクトゥクやソンテウの運転手の電話番号をもらっておけば、電話で滞在先まで迎えにきてもらったり、呼び出したりすることもできるので、電話番号などはもらっておくのも良いでしょう。

まとめ

チェンマイ初心者の方の移動におすすめなのは、やっぱり赤バス(ソンテウ)です。また、最近は自転車に乗る人も少しづつ目立ってきました。

日本の中古自転車などを販売しているお店もいくつかあるようなので、街中を軽く移動する程度でしたら、自転車を購入(またはレンタル)してみるのも良いかもしれませんね。

バンコクとはひと味違うチェンマイの交通事情。有意義なチェンマイでの生活が送れるように交通手段も熟知しておきたいですね!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. グッドポイント診断
  3. リクルートエージェント
  4. シティ
  5. 海外就職求人サイト
ページ上部へ戻る