海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

【タイ求人】未経験からでもタイ転職を狙える転職サイトまとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
タイの転職サイト

観光地として不動の人気を誇るタイ。親日的で気候も暖かい“微笑みの国”は、働く場所としても魅力的です。

そんなタイで仕事を探す時に必須なのが、タイ求人を扱う転職エージェントや転職サイトですよね。しかし、検索するとたくさんの転職サービスが出てくるので、どれがいいのか迷うものです。

ここでは、タイを目指す方におすすめの転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

タイへ転職するためのスキルとは

タイにはたくさんの日系企業が進出し、現地採用から駐在、または外資系企業勤務まで様々な選択肢があります。

コールセンタースタッフややカスタマーサポートなど日本語のみでできる仕事もありますが、待遇や給料などが悪くなってしまうことも多いです。

「英語力」や「業務・社会人経験」があると、タイ就職・転職はスムーズになります。

特に、日系企業ではエンジニア(技術者)が求められています。

選択肢を広げるためにも、スキルを身につけておきましょう。

タイ求人は転職エージェントを利用して効率よく進める

パソコン

タイで働きたいなら転職エージェントの利用がおすすめです。不安の多い海外転職では、エージェントのサポートが心強いものになります。

日系大手の転職エージェントなら「福利厚生を含めた求人」「転職サポート」がしっかりしているので安心して利用できます。

今後のキャリアを考えると、就職・転職先は信頼できる企業が望ましいです。日系大手の転職サービスは経験豊富で、ローカルな求人サイトを使う場合に比べて就職トラブルなどのリスクを避けることができるというメリットがあります。

では、その他のメリットやデメリット、そして上手な利用の仕方をご紹介していきます。

転職エージェントを利用するメリット

転職コンサルタントに相談できる

まず何といっても、担当の転職コンサルタントに相談できることがメリットです。

特に、初めてタイで働くならわからないことがたくさんあるでしょう。そんな時、疑問や不安について気軽に相談できる転職エージェントは心強い味方になるはずです。

また、面接対策や就職の傾向なども知ることができます。

一人ではつまずきやすい求職活動も安心して進められ、心細くなりません。

給料の交渉を任せられる

自分自身で給料や年収、待遇の交渉をするのは大変です。特に、仕事開始前に待遇アップを要求し気まずくなるのは避けたいところ。転職エージェントを使えば、面倒な給料交渉も行ってもらえます。

もちろん、思い通りにいかない場合や交渉できないケースもありますが、自分でやるよりもプロのエージェントに任せる方が安心できます。

非公開求人に応募できる

大手企業の求人には、一部の転職エージェントのみに公開し、一般には非公開のものがあることは珍しくありません。

世に出回っていないタイの求人に応募することができるのも、転職サービスを利用するメリットといえるでしょう。

予定の管理が楽になる

転職エージェントを利用すると、応募についての予定管理をしてくれます。特に、仕事をしながらの求職活動はスケジュール管理がなかなか大変です。

しかし、転職エージェントが予定の管理を行ってくれることで心に余裕もでき、求職活動により集中することができます。

無料で利用できる

リクルートエージェントなどの転職エージェントは全てのサービスを無料で利用できます。タダで転職サービスを使えるというのは大きなメリットです。

上手にサービスを活用し、最大限のメリットを享受してください。

転職エージェントを利用するデメリット

必ずしも希望に沿うとは限らない

転職エージェントは一人でも多くの人に採用通知を渡すのが仕事です。

そのため、できるだけ採用してもらえるよう学歴や経験などによって応募できる会社が決められてしまうケースがあります。例えば、語学力や職務経験で線引きされることも多いです。

彼らの目的は採用という結果を出すことです。勧められるままに採用されそうな求人に応募するのではなく、自分にとって何が大切かを考えながら仕事探しを進めていきましょう。

エージェントによって得意分野が異なる

一口に転職エージェントといっても、会社によって得意分野が違います。それぞれの得意分野に合った企業や業種を勧められ、それが求職者の希望とうまく重なれば順調に採用まで決まります。

タイを目指すなら、選択肢を広げて複数の転職サービスに登録するようにしましょう。

転職エージェントを使ってタイへ転職成功(口コミ)

  • 年収:682,500バーツ(約238万円)
  • 業界:広告
  • 役職:セールス
  • 満足度:★★★★☆
  • 転職エージェント:JAC Recruitment

顧客は日本企業ですが、同僚や外部委託業者はタイ人が多いため、英語かタイ語でやり取りをする必要があります。外国人とどのようにコミュニケーションすれば正確に伝わるかを日々学んでいます。意図が伝わらず苦しむこともありましたが、タイ人との仕事が上手くいったときの達成感はやりがいの一つです。

採用されたことに喜んでしまい、給料の交渉しようという考えに至らなかったことは非常に後悔しています。転職エージェントを使う方は、入社前に交渉してもらうことをおすすめします。

タイ向け転職エージェントの上手な使い方

タイの求人を探す場合も、転職サービスの利用方法は国内でのそれと変わらないことがほとんどです。日本にいながらでもタイの会社に応募できるのが何よりの強みです。

オンラインで手軽に相談

メールやスカイプ、ラインなどの方法で相談することが可能です。現在、仕事をしているのなら時間を取られるのは困りますが、会社を訪問する必要もないので、時間を有効に使うことができます。

さらに、せっかく担当スタッフがいるので、CV(履歴書)作りなども意見を聞きながら行うのがおすすめです。

スケジュール管理を任せる

自分で行っている面接スケジュール管理なども担当スタッフと情報を共有しましょう。

先のメリットの中でも述べましたが、特に在職中の場合、スケジュールの調整を任せられることは時間の節約につながります。

複数登録し情報収集

どの転職サービスがいいか迷う場合は2つ〜3つほど登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大切です。タイ転職の基本は求人に関する情報を集めることです。

転職エージェント利用のポイント

手間を最小限に抑え、時間を有効に使うためにも、エージェントがやってくれることは任せるのが望ましいです。上手にサービスを利用することで、手間と同時に転職への不安が少なくなります。

タイへの求職活動はまず、日系大手の転職サービスの利用から始めましょう。登録は3分程度、利用は無料です。

次からは、以下のポイントに沿って転職エージェント・転職サイトを紹介していきます。

  • 未経験からタイを狙う
  • タイ駐在員案件を狙う
  • 即戦力としてオファーを待つ
  • 複数の転職サービスを比較する

未経験でタイ転職を目指すなら:リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • おすすめ度:★★★★★
  • こんな人向け:20代・30代・未経験で、広い選択肢からタイの求人を探したい
  • ポイント:業界大手、登録すると全体の80%を占める非公開求人を見られる
  • 組み合わせ:Spring転職エージェント

未経験でタイの仕事を探すなら、まずはリクルートエージェントへの登録がおすすめです。初めてタイで働く人、タイで今とは別のキャリアの道を歩みたい人も安心して利用できます。

海外求人数が一般の転職サイトの数倍あり、選択肢が幅広いです。

また、大手のエージェントのため、数多くの転職コンサルタントが在籍しています。ただし、担当者によって考え方・サポートが異なる部分もあるので、Spring転職エージェントなどにもあわせて登録しましょう。

その他、リクナビNEXTなどと併用し比較しながら仕事探しをするとよいでしょう。全て無料で利用できます。

 

タイ駐在員を狙うなら:JAC Recruitment

jacリクルートメント

  • おすすめ度:★★★★★
  • こんな人向け:語学力がある、大卒以上、30代以上
  • ポイント:海外駐在・外資系企業案件に強い
  • 組み合わせ:ビズリーチ

海外駐在員とは、日本で採用されて海外で勤務する会社員のこと。タイ駐在員や、英語・中国語を使う仕事、外資系企業などの仕事を探すならぜひ登録しておきましょう。

日本国内だけでなく、海外にも複数の拠点を持つ転職エージェントです。ハイクラスの求人が多いため「30代以上で語学力がある」方におすすめです。

問い合わせに対してのレスポンスが速いところが大きなメリット。基本的に問い合わせから24時間以内に返信がくるので、効率的に情報収集できます。登録は3分程度、全て無料で利用できます。

【JAC Recruitmentの海外拠点】

韓国、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、イギリスなど

 

即戦力としてタイ求人のオファーを待つなら:ビズリーチ

bizreach

  • おすすめ度:★★★★★
  • こんな人向け:語学力がある、大卒以上、30代以上
  • ポイント:職務経歴書まで詳しく記入することで大手企業からオファー
  • 組み合わせ:JAC Recruitment

自分で求人を探すハイクラス転職サイト。タイ勤務、外資系企業勤務、専門職や管理職など、豊富な求人があります。

タイ転職というと「給料アップ」や「高待遇」がかなう案件はなかなかないと考えがちですが、ビズリーチには他の転職サイトと比べると好条件の案件が多数あります。

また、良いオファーを待つなら「職務経歴書を詳細に書く」ことをおすすめします。職務経歴書の記入は5〜10分程度で済み、その時間さえ確保できれば大手企業や優良企業から注目され、年収アップにつながります。

タイ転職を通して収入アップやキャリアアップを目指したい方におすすめの求人サイトです。

 

あわせて登録しておきたい転職エージェント・転職サイト

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

タイへの転職を狙うならぜひ登録しておきたい転職エージェントです。世界中に拠点があり、その数は5,000以上にも及びます。

外資系の案件も多く、多数の非公開求人を扱っています。

リクナビNEXT

リクナビネクスト

  • サブで登録したい:★★★★★
  • ポイント:スカウト登録、グッドポイント診断が非常に便利

転職サイトとしては日本最大級の会員数を誇り、非常に信頼度が高いです。匿名で気軽に転職活動を始められ、自分で求人を選んで申し込めます。他の転職サービスと併用する人も多くいます。

スカウト登録が非常に便利。積極的な転職活動は面倒だけど、スカウトを待っていい条件の案件だけ検討したい場合に利用できます。また、グッドポイント診断などの無料サービスを上手に使いましょう。

 

海外求人マッチングサイトGuanxi(グアンシー)

海外求人マッチングサイトGuanxi

海外求人のみに特化したGuanxiは充実したスカウト機能が大きな特徴。プロフィールをしっかり記入すると、興味を持った企業からオファーがきます。

登録も1分程度なので、登録だけしておき海外の企業からオファーを待つという使い方がおすすめです。

 

タイ向け転職サービスについてのよくある質問

ガンコちゃん
求人サイトと転職エージェントの違いは何ですか?
ガンバくん
求人サイトは求人情報の掲載を行い、細かい転職サポート(履歴書の添削や求人の紹介)はないんだ。

一方、転職エージェントは、キャリアアドバイザーが担当者としてサポートを行う。無料で相談できるし、求人の紹介、履歴書の添削、スケジュール管理、面接対策などのサポートもしてくれる。サイト上には掲載されていない非公開求人の情報を教えてもらうこともできるよ。

初めてのタイ転職ならエージェントにサポートしてもらえるとスムーズだよ。

ガンコちゃん
転職時期がはっきりと決まっていないけれど利用してもいいですか?
ガンバくん
もちろん問題ないよ。将来的な転職も含め、少しでも気になったら登録して担当者に転職に関する相談をしたらいいよ。話をしながら自分のキャリアプラン・ライフプランを考えられるし、いい機会になると思う。

少し転職に関するハードルを下げて、気軽に相談から初めてみよう。

ガンコちゃん
複数のエージェントに登録してもいいですか?
ガンバくん
もちろん!エージェントは複数利用しよう。多すぎても登録が面倒なので、2つか3つ程度が良いかな。

エージェントにも特徴があるし、ひとまず登録。そして、しっくりくるエージェントをメインに使えば効率よく転職活動が進められるよ。合う・合わないがあるから比較しながら使うのが上手な使い方だね。

ガンコちゃん
転職が決まるまでどれぐらいかかりますか?
ガンバくん
早い人で2週間程度、長いと3ヶ月程度の期間が目安かな。実際に応募し始める前に転職エージェントから情報収集しておくと、転職期間も短くできるよ。

タイ就職へ向けてエージェントに登録する前に

転職エージェントや転職サイトに登録すればそれだけでうまくいくかといえば、そうではありません。転職サービスを使う目的は、理想の求人(理想に近い求人)を見つけてもらうことです。

そのために、まずは譲れない条件、希望の条件を箇条書きでもいいので書き出してみて「なぜタイで働きたいのか」を明確にしましょう

希望(例)

  • 日系企業
  • 英語を使って働きたい
  • 労働環境の良い会社に現地採用されたい
  • 就労ビザ取得サポート付き
  • 年収は700万円以上
  • 社宅付き

エージェントもあなたの希望がわからないことには求人の紹介ができません。まずはどんな希望であっても正直に伝えることが大切になります。

転職にあたっては、なぜ仕事を替えたいのか、なぜ今の仕事を辞めるのかなども重要になってきます。

タイを目指す人の多くが転職エージェントに登録しています。そして「本当に転職したいと考えている人」がサポートを受けて転職していきます。

ライバルたちの一歩先を行くためにも、ビジョンをしっかり持つことが大事です。転職サービスへの登録前に「タイでどんなことがしたいのか」をあらためて考えてみましょう。

タイで働くなら知っておこう!仕事と生活の基本情報

バンコク

タイで就職してみて「こんなはずじゃなかった」ということがないようにするためには、事前の情報収集が肝心です。実際にタイでの仕事経験を持つ人の記事を読み、働き方や生活についてイメージしましょう。

それぞれの項目の下にある記事リンクが本編です。気になるものがあればクリックして読んでみてくださいね。

※内容は各記事の公開当時のものです。
1バーツ=約3円(2018年8月現在)。本編と円換算額が異なるものがあります。

タイで働くメリットとデメリット

メリット

  • 働きやすい職場環境

タイ人はとても温厚な性格。人前で怒ることはなく、どんなことでも親切に教えてくれます。

また、大手日系企業では外出の際、運転手付きの車を手配してくれるのが一般的です。

  • 英語が苦手でも大丈夫

タイ人の英会話のスピードは速くなく、大手日系企業で働いているタイ人なら日本人のカタカナ英語にも慣れています。

  • 週末はゴルフ三昧

タイにはゴルフ場が多く、プレー料金が安いことでも有名です。

デメリット

  • 家賃が高い

バンコク市内の駅周辺コンドミニアムは、現地採用の給料の約半月分です。なお、日本人の最低賃金は月50,000バーツ(約15万円)です。

  • 日本での常識は通用しない

レストランで食べ物を出すのが遅くなったり注文を間違えたりしたとしてもお店側は一切謝らないなど、習慣や文化の違いに慣れる必要があります。

  • 毎日渋滞が多い

午後5時以降、また雨の日や金曜の夕方は特に混雑。交通事故発生件数も世界トップクラスです。

 

タイ就職した場合の給料は?

働くなら気になるのがお給料。タイの日系企業で働く日本人マネージャーの例をご紹介します。

  • スタート時:月68,000バーツ(約20万4000円)
  • 6年目:月83,000バーツ(24万9000円)

最初の給料は、日本人の最低賃金50,000バーツ(約15万円)よりは高いですが、仕事の内容から考えると安く納得していませんでした。しかし、働いているうちに能力が認められ、給料もアップ。とても満足しているそうです。

また、少ないもののボーナスがあり、年に1度、日本へ帰国する際の航空券は会社が負担してくれます。社会保険料も会社の全額負担ですが、食事手当や通勤手当はなく、役員扱いのため残業手当もありません。

日本円に換算すると安く感じる給料額ですが、タイでは日本人の最低賃金50,000バーツでも暮らしていくには十分です

 

タイでの生活費はどれぐらい?

お給料の目安が分かったところで、生活費を見てみましょう。安いというイメージのあるタイの物価ですが、本当のところはどうなのでしょうか。

以下は、現地採用社員の例です。

家賃

アパートの家賃は月8,000バーツ(約2万4000円)ですが、相場は10,000~12,000バーツ(約30,000~36,000円)。家賃補助はないと考えておきましょう。

食費

3食自炊、友人との食事や飲み会も含めて月に約15,000バーツ(約4万5000円)。ただ、外食をローカルの屋台や食堂で済ませれば、もっと抑えられます。

光熱費

コンドミニアムに住む方が安く済みますが、高くて水道代は100バーツ(約300円)、電気代は500バーツ(約1,500円)を超えることはありません。ただ、毎日クーラーを使うなら電気代はこれよりかなり高くなります。

その他費用

アパートのwi-fiはフリー、携帯は最安値の299バーツ(約900円)、車通勤なので交通費はかかりません。

住む場所によっても異なりますが、一般的には生活費を差し引いても貯金や旅行などをする余裕があります

 

タイの勤務時間や長期休暇は?

実際に働き始めたら毎日何時に出勤して、どれぐらいの休みが取れるのでしょうか。タイの日系工場で働く従業員の場合をご紹介します。

勤務時間

午前8時に始業し、17時終業。ただ、他の日系企業には、時差のある日本と同じ時間帯に働けるよう、就業時間が7時半~16時半というところもあります。

祝日・休日

タイにも祝日はありますが、カレンダー通りの休みになるかどうかは会社によって違い、この日系工場の場合は決まった年間の稼働日数を下回らないよう、土曜を通常出勤にするなどして調整しています。

休暇

有給休暇は少なめですが、病気休暇や所要休暇が一般的なため、それらを合わせると十分といえるでしょう。

長期休暇はタイの旧正月ソンクランのみ。カレンダー通りだと3日しかありませんが、この日系工場では10日の休みになり、多くのタイ人は田舎に帰省します。日本に一時帰国したり、足を延ばしてヨーロッパを旅行したりといった過ごし方が可能です。

労働時間についてはほぼ日本と変わりませんが、休暇を申請する際のストレスを感じない点は大きな違いといえるでしょう。

 

タイで働く一日のタイムスケジュール

実際にタイで仕事をする人はどんな一日を送っているのでしょうか。バンコクの通信会社に勤務する日本人女性のスケジュールをご紹介します。

午前

朝は5時半に起床、シャワーを浴び日本食を食べて出かけます。

ラッシュを避けるため早めの6時半に出発し、会社近くのカフェでひと息。よく利用するのはスターバックスです。

出勤時間はみんなそれぞれですが、8時半にメールチェックから仕事をスタート。問題のある案件を上司に報告するなどして業務をこなしていきます。なお、社内言語は英語です。

午後

12時、同僚たちとの楽しいランチタイム。基本的にお弁当持参ですが、会社近くの市場で買って食べることもあります。

午後の業務は13時開始。資料作りやミーティングなどをこなし、17時半に終業。残業する人はほぼいません

仕事の後はジムに行ったり公園でランニングをしたりし、20時に家族と一緒に夕食。自宅で食べる場合は夫の両親が用意してくれます。

その後、テレビやネットを見るなどして23時に就寝します。

不便なことも多いものの、日本で仕事をしていたときと比べて自分のための時間が格段に増えたそうです。

 

タイの所得税と節税方法

タイで働いた場合に払わなければいけない税金は主に所得税です。日系企業の現地採用社員が所得税と節税方法について解説してくれています。

対象者と納税

所得税は年間150,000バーツ(約45万円)の所得がある人が対象で、税率は所得に応じて5~35%と日本よりも高くなっています。

確定申告の期間は毎年1~3月。手続きは会社がしてくれるケースもあれば、自分でやらなければならないケースも。申告はインターネットでも可能ですが、タイ語のページしかありません。

節税テクニック

所得税の課税対象になるタイ人はそもそも少なく、外国人の方が税金を多く払っているような気になるのも事実です。少しでも節税したい人のために、2つのテクニックをお教えします。

  • タイの生命保険や年金保険に加入する

最大10万バーツまで控除を受けることが可能。タイの年金保険や積立保険はとても利回りがよいのもメリットです。

  • 長期投資信託を購入する

同じく最大10万バーツまで控除を受けることが可能。ただしリスクがある上、この控除はなくなるとも言われているため、事前に確認が必要です。

日系企業であれば、ある程度納税サポートもしてくれますが、自分でいくら払っているのかは知っておきたいところです。

 

タイのビジネスビザ(就労ビザ)を取得するには

タイで働くにはビジネスビザを取得しなければいけません。ビジネスビザを取得した日本人の例を見てみましょう。

ビジネスビザは、母国を含むタイ以外の国で取得する必要があり、この日本人は代行業者に依頼して、タイから近いラオスで取得しました。

1泊2日のスケジュールで、航空券代・ホテル代・現地での送迎料金・代行手数料を含めて13,000バーツ(約40,000円)。会社からの補助は一切なく、すべて自腹です。

申請のための書類はこれから勤務する会社にも準備してもらわなければいけませんが、これが一番大変で、すべての書類をそろえるのに1カ月は見ておいた方がいいでしょう。

まとめ~挑戦しないのはもったいない!

実際に働いている人の記事を読んでみると、日本人が持っているイメージ通り、タイには温かい人が多く、働きやすそうな印象を持つのではないでしょうか。

もちろんデメリットもありますが、それはどこの国であろうと同じこと。タイで働くことに魅力を感じるなら、ぜひ挑戦してみてください

今回おすすめした転職エージェント・転職サイトは以下の通りです。上手に利用し、タイへの第一歩を踏み出しましょう!

【おすすめの転職エージェント・サイト】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

タイで働くには?日系企業・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

就職・転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る