海外求人サイトGuanxi

食後に食べてみて!フィリピンのおすすめのデザート3選

  • 公開日:
  • 更新日:
フィリピンのデザート

常夏のフィリピンでは、日本ではお目にかかれないスイーツがたくさんあります。フィリピンに来たら、暑い気候の中育つ南国独特の材料を使ったおいしいデザートぜひ食べてみてください。今回紹介する以外にもフィリピンにはたくさんのスイーツがあり、何を食べればよいか迷ってしまうほどです。

今回はフィリピンのおすすめのデザート3つをご紹介します。

ハロハロ (Halohalo)

ハロハロ

ハロハロ?聞いたことある!そうですね、ミニストップが提供している(していた?)デザートです。フィリピンはハロハロの本場ですよ。知っていましたか?

ハロハロとは、「まぜる、ごちゃまぜ」という意味。一口にハロハロと言っても、お店、地域によってさまざまなトッピングがあります。

ハロハロ (Halohalo)

ハロハロの基本となるのは、カキ氷、コンデンスミルク、ウベ(紫芋のこと)ペーストです。紫色のあんのようなものがのっていますね、これがウベペーストです。

これら3つを中心に、鮮やかな赤や緑のゼリー、レチェフラン(甘いプリンのようなスイーツ)、煮バナナのスライス、ココナッツの果肉、ジャックフルーツ、ウベアイス。スプーンでグラスを「ハロハロ」するたびに、トッピングが次々と顔をだします!

実にさまざまなトッピングがありますので、ハロハロの食べ比べが楽しいです。本場フィリピンで、よーく「ハロハロ」してぜひ食べ比べしてみてください。

グリーンマンゴーシェイク

グリーンマンゴーシェイク

フィリピンでは一口にマンゴーといっても、あの熟した黄色く甘いマンゴーだけをさしません。

熟す前の緑色のマンゴーも食べます。熟す前のマンゴーは、それはもう酸っぱく、硬く、あくの強い味がします。フィリピンの人達は、この酸っぱいマンゴーに、塩またはバゴーン(Bagoong)と呼ばれる発酵させたオキアミの佃煮をつけて、おやつ感覚で食べます。最初はグリーンマンゴーの酸味とバゴーンの強烈な風味になかなか食べられないかもしれません。

でも、この緑のマンゴーをシェイクにすると、さわやかな酸味とほのかな甘みの大変おいしい飲み物になります。

肉料理が多いフィリピンのおかずを食べるとき、このさわやかなグリーンマンゴーシェイクがぴったり合います。脂でギトギトした口の中をさっぱりさせる「箸休め」のような役割でしょうか。

料理と一緒でないときも、甘い飲み物や炭酸飲料が苦手な人にはおすすめのシェイクです!

ピチピチ (Pichi-pichi)

ピチピチ

by flickr

ハロハロのように、フィリピンの言葉には同じ語を繰り返し使うものがたくさんあります。そのひとつがピチピチです。なんともかわいらしい響きですが、ピチピチは見た目もかわいらしく、そしておいしいデザートです。

ピチピチの材料はキャッサバ(カッサバ、Cassava)と呼ばれる根菜類のでんぷんで作られます。日本でよく知られているタピオカの原料と同じです。このでんぷんに砂糖と水を混ぜ、白玉団子くらいに丸めて蒸し、出来上がったらココナッツパウダーまたはチーズをのせてたべます。

弾力があり、なめらかでやみつきになること間違いなし!です。

ピチピチは、スーパーマーケットや市場で買うことができます。また通りでストリートベンダーが売っている場合もありますので、フィリピン生活に少し慣れたらぜひ買ってみてください。

まとめ

フィリピンにはまだまだたくさんのおいしいデザートがあります。今回紹介したのはごく一部ですが、フィリピンにお越しの際はぜひ食べてみてくださいね!特に本場のハロハロをぜひ堪能ください!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピンで働くには? フィリピンで就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

【フィリピン求人】未経験からでもフィリピンを狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

フィリピンセブ島でチップってどうするの?こんなときはチップが必要!

ここへ行けば間違いなし!セブのおすすめのフィリピン料理店5選

コレは便利!フィリピン・セブへ行く前にダウンロードすべきスマホアプリ6選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る