就職が決まったときこそ冷静に考えよう!タイの現地採用後に待ち受ける罠

タイの現地採用

日本で生活している時は日本という国の習慣や規則など長年経験してきたものが蓄積され、それらが常識として染み付いているため、普段当たり前に使っているサービスの便利さに気が付かなかったり、日本では常識だと思っていたことが海外ではそうでもなかったりしますよね?

タイに移住して数年経ちましたが、現在の心境と言えば、やはり移住は簡単ではなかったということです。私の場合、現地の会社に採用されたのをきっかけに本格的に移住を決め、知識もなく甘い考えでタイへ渡航し、現地で採用後に「こんなはずじゃなかった」という経験をいたしました。

その経験を活かし、今回はタイに移住し、現地採用の厳しさを考えさせられた体験談をご紹介します。

タイでの就労に不可欠なビジネスビザと労働許可証

ビジネスビザと労働許可証

私がタイへ移住を決め、タイへ移り住んだ時、最初はノービザで入国いたしました。駐在員として日本から派遣されたわけではなく、日本にいる間にタイの日系会社の現地採用に申し込み、採用されたのがきっかけでした。

タイに到着し、現地の会社を訪問。3ヶ月は採用期間だという旨を告げられましたが、事前にその情報はメールで知らせてもらっていたので、特に驚くことはありませんでした。

一週間くらいバンコクのオフィスに通った頃、会社からビザと労働許可証を取得するため、まずはシンガポールへ行ってビジネスビザを取ってきてくださいと言われ、渡航費と宿泊費、そしてビザ申請のお金を預かり、シンガポールへと向かいました。

初めてのことだったので、とりあえず言われるがままにシンガポールへ行き、ビジネスビザを取得してバンコクへ戻ると、配属がタイ北部のチェンマイ勤務となり、既にその会社で働いていた日本人の先輩社員の方と一緒に、二人でチェンマイオフィス勤務となります。

結局ビザと労働許可証は発行されなかった

ビザが発行されない

問題はここから始まりました。シンガポールで取得したビジネスビザでとりあえず三ヶ月間は滞在できたのですが、労働許可証はいつまでたってももらえませんでした。

もうすぐ最初に取得したビザの期限も過ぎようとしていた頃、本社からは労働許可証が間に合わないので、とりあえずメーサイ(タイとミャンマーの国境)に行って、一度出国し、そのままタイに再入国して滞在期間を十五日間確保して来てくださいと言われてしまいます。

自分では他にどうすることもできなかったので、言われるがままにミャンマーへ行き滞在期間を十五日だけ伸ばし、またビザの期限が切れそうになるとミャンマーへ行くという生活をしばらく続けることになりました。

本社へビザや労働許可証のことについて質問してもいつもはぐらかされ続けてしまいます。

一緒にチェンマイにきた先輩社員は3ヶ月でバンコクに戻ってしまい、チェンマイに一人取り残された私は、給料も少なく貯金もない状況です。

自分では他にどうすればいいのか分からず、会社の言う通りに、滞在期間を伸ばしながら仕事をするしかないという、負のスパイラルから一年くらい抜け出す事ができませんでした。

タイへ移住する前に良く考えよう

よく考えること

今はもう、その会社はありませんが、今でもそのような会社がないとも言い切れません。

会社を一方的に責めているわけではありませんが、自分の知識不足や、採用が決まったその会社について詳しく調べなかったこと、会社という存在を信用しきっていたなど、考えが甘かった自分にも落ち度があったと強く反省しています。

そもそもタイ語は全くできない、英語もそれほど堪能でもない自分がどうして現地採用に合格したのか?

この時点で、この採用がまともではなかったのかもしれないと思わなければいけなかったのかもしれませんが、移住を決めた人間が現地への採用が決まった時の喜びは、そのような平常心を曇らせることがあるのです。

まとめ

いかがでしたか?

そして近年、タイは軍事政権に移り変わり、ビザ取得もどんどん難しくなっています。タイに限らず海外に移住する際に、現地での採用が決まっただけでぬか喜びせずにきちんと知識を補い、最悪の状況を考えておくことが大切です。

いざとなったら帰国できるくらいの資金を蓄えておき、窮地に陥っても自分でリカバリーできるような準備をしておくようにしておきましょう!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

おすすめ記事

タイで長期滞在!現地採用者が移住前にしておくべき5つのこと(準備編)

初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう

タイで現地採用!知っておきたい給与相場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. スイスの高速道路
  2. ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリー
  3. タイ・バンコクで食事
  4. 海外へ行って就活する
  5. 中国のイタ飯
ページ上部へ戻る