海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

中国や東南アジアでの海外就職にはメリットもデメリットもあるけど面白いという話

海外に行きたい!滞在するにはどんな方法

Guanxi inc.の坪田(@tsubota_jp)です。

海外で働いてみたいと思ったことはありますか?

グローバルでかっこいいイメージがあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれた時に、「ちょっと海外で」と言うだけでかっこよく聞こえます。

ところが、一口に海外就職といっても、国が違えば仕事の様子や雰囲気が違うものになります。よく他のサイトで目にする記事に「海外就職はこうだ!」なんていうのもありますが、その記事の一部は当たっているものの、一部は間違いです。

例えば、イギリス・ロンドンでの金融関係の就職とカンボジアでの観光関係の就職では全く別ものですよね。外資で実力主義でガツガツ働くのか、途上国でのんびり働くのか。国が違えばメリットとデメリットが逆転するなんてこともよくあります。

広い海外をひとくくりにすることはナンセンスなのですが、ここでは海外就職を中国や東南アジアでするとして話を進めてみましょう。

中国や東南アジアのローカル企業に就職したり、日系企業の現地法人で働いたりしている人は、比較的ゆるく仕事をしているのではないでしょうか。

海外での現地採用のデメリットといえば、駐在者よりも給料が低いということがいえますが、その代わり仕事は比較的ゆるく自由度が高いです。

私は中国や東南アジアをメインに7年ほど仕事をしており、20代のほとんどを海外で過ごしてきました。

今回は、中国や東南アジアで現地採用として働くことについて考えていきたいと思います。

ここがポイント!

Q.初めての海外就職の進めた方は?

A.【海外転職】在職中の方向け!効率的な海外転職活動の進め方マニュアル

Q.初めての海外就職で失敗しない方法は?

A.未経験から海外転職を進める時にやっておきたい「たった一つ」のこと

現地採用として海外就職するメリット

シンガポール

中国や東南アジアで現地採用として働いた場合に得られること(メリット)はなんでしょうか。

仕事がわりとゆるい

海外で働くと厳しいんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、中国や東南アジアの現地法人は一部を除いてわりとゆるいです。

現地スタッフのほとんどが仕事に対してゆるいので、自由な雰囲気で仕事をすることができます。

仕事中にスマホをいじっていたり、お菓子を食べたり、楽しそうに会話をしていたりする光景を見かけます。

そして現地のスタッフは就業時間になるとさっと帰宅していきます。

日本人というだけでわりとモテる

日本人ブランドだけでわりとモテます。モテる」というより、信用がある」という言い方がよいかもしれません。東南アジアや中国では、日本人ブランドがまだまだ生きています。

日本では結婚できなかった人が、中国や東南アジアで相手を見つけて結婚するというのはよくある話です。「俺は嫁を探しにはるばる東南アジアで仕事をしているんだ」という人もたまにいます。

日本人ブランドを持って、自分に自信を持てる環境に身を置きたい方は、中国や東南アジアがおすすめナンバー1です。「自分に自信を持つ」ことはもちろん大事ですが、自信を持てる環境へ行くことも大事なことだと思います。

海外就職、海外転職、海外で働くに関する記事をまとめたページです。
はじめての海外就職への就活から海外で働くために必要なことなどを紹介しています。
海外就職・海外転職についての記事をもっと読む 海外への移住に関する記事を国ごとにまとめたページです。
ここから気になる国を探すと便利です。海外移住・生活についての記事をもっと読む

日本人を嫌いな人も一定数いる

逆に、日本人を嫌いな人もいます。当たり前の話ですが、自分のことを好きな人もいれば、嫌いな人もいるわけです。ただ、普通に生活していれば、嫌がらせを受けることはほとんどありません。

私は尖閣諸島が国有化されたときに、なぜか中国にいました。そうです、日系企業が襲われ、イオンのガラスがバラバラになったあの日です。知らない人も多いと思いますが、あの日は日本大使館から外出禁止令が一斉に出されました。

そんな日にタクシーに乗った私(乗る方も乗る方ですが)。「国と国の仲は悪いけど俺たちは友達だよな!」と、初めて乗ったタクシーの運転手にニコニコしながら言われました。しかもそのとき、なぜか値引きしてくれました。

残業が思ったより少ない

時間

これは企業にもよりますが、基本的に定時で帰れることが多いのが海外企業の特徴です。というのも、現地スタッフが定時で帰ってしまうため(定時前に帰るスタッフもいます)、仕事がストップします。

バリバリ働きたい人は、現地のスタッフもバリバリ働いている職場を探すのがいいかもしれません。集中して働けると同時に、夢のアフター5が手に入ります。プラベートや自由な時間は、日本で会社勤めをするよりも多いでしょう。

何もない日が少ない

中国や東南アジアだと日本人のコミュニティが小さいため、知り合いが圧倒的に増えます。簡単にいえば、日本の小さな村社会のような感じです。何かしらの節目目節目で集まったりするので、人と人のつながる日本村を感じるかもしれません。

人付き合いは大切です。

キャリアアップにつながる

仕事

海外で働いていると現地人の知り合いも増えてきます。外資系企業では常に優秀な人材を探しているので、ヘッドハンティングされることもあります。

実際に、現地採用として日系企業で働いている時に中国の企業からスカウトされ、給料3倍にて転職した人もいます。もちろん終身雇用ではないので、成果は常に求められることになりますが、野心があるならこういったことを狙うのもありです。

責任ある仕事ができる

海外の企業では、日本人の数がたくさんいるわけではありません。そのため、自分の仕事や専門的な仕事のみではなく、それ以外の業務をする場面が数多く存在します。

企業内の日本人の数が少ないからこそ20代、30代から責任者として活躍することが可能になります。自分の力を試してみたいという方は海外就職に挑戦してみましょう。

出会いが増える

海外にいると、日本では出会うことのないような面白い人に出くわします。

「海外で芸人やってます」「俳優やってます」「ニートやってます」などなど、これ以外にも少し変わった経歴の人にたくさん出会うことができ、新しいつながりができます。

面白い出会いが、人生をより面白くしていくのではないでしょうか。

現地採用として海外就職するデメリット

ホーチミン

よいこともあれば、よくないこともあります。それでも中国や東南アジアなど海外で働くって面白いです。

日本と比べると給料が減る職種が多いかも

業種や職種にもよりますが、日本より給与が減ることも珍しくありません。特にBPO・コールセンター関係が当てはまります。そもそも人件費削減のために東南アジアに会社を作っているので、必然的に給与は低くなる傾向があります。

でも、現地スタッフよりは給与が多いので安心してください。

営業関連の職種やエンジニアなど専門的なスキルの必要な職種では、逆に日本より給料がよいこともあります。特に経験豊富なエンジニアは中国では引っ張りだこです。日本では年収500万円ぐらいだったエンジニアの方が、中国で約2,000万円の給料で採用されたときには驚きました。

「海外で仕事をする目的は何なのか」を振り返ってみるといいと思います。

  • 自由な仕事をしたい
  • お金を稼ぎたい
  • とにかく海外で働きたい
  • 経験を積みたい

もしお金が欲しいなら、日本で働くか、ビジネス英語をマスターしてMBAを取ってロンドンやニューヨークの外資系金融へ行くべきです。もちろん自由な時間は減りますが、今より稼げる可能性は高くなります。

基本的には両方(お金も自由も)欲しい人が多いと思うので、事前に必死で情報収集をする(わりと自由でそこそこ給料のよい仕事を探す)はずです。ネット上に情報がたくさんあるので、情報は集めたもん勝ちです。 

さらっと簡単にいいましたが、情報収集は「根気」との勝負です。働く目的を決めたら納得できるまで頑張りましょう!

契約期間が決まっている場合が多く、雇用が安定しない

仕事

現地の企業が業績不振や撤退となると、突然の解雇や契約延長不可なんてこともあるので気をつけたいところです。以前、中国にあった某韓国系の子会社が日本人スタッフ約30人を一気に解雇にするなんてこともあり、日本人コミュニティに衝撃が走りました。

日系企業ならいきなり解雇というのは少ないですが、海外ではそういう事態も想定しておく必要があります。現地採用として働くのであれば、何年契約になるのか契約段階で必ずチェックしておきましょう。

また、正社員なのか契約社員なのかのチェックも忘れずに。

困ったときのために

もし、急に海外で働いている企業が撤退になったり、契約を切られてしまったりした場合にはどうしたらよいのでしょうか。

対処法は、現地に知り合いを作っておくことです。現地で知り合いを作っておけば、その知り合いの会社に誘ってもらえたり、別の仕事を紹介してもらえたりすることもあります。

ですので、幅広い人付き合いをし、知り合いを作っておくようにしましょう。困ったときはお互い様です。ここで先に紹介した日本村が生きてきます。 人付き合いが大切です。

下手したら、日本に帰ってから日本の仕事が合わない

東南アジアでは仕事がゆるい場合が多いため、帰国後、日本で仕事に戸惑ったり、日本での仕事が合わなくて辞めてしまったりするケースが多く見られます。でも、嫌なら辞めても大丈夫です。また好きなところ(国)で仕事を探せばいいのです。

日本で働くだけがすべてではないのです。よいところもあれば、悪いところもあります。日本で仕事をするのだってメリットばかりではないですよね。 

特に海外では、転職はキャリアアップと考えるのが一般的です。海外で働いていくと決めたなら、自身のキャリアアップを考えて進んでいきましょう。

海外就職の流れ

海外で働いてみたいと思ったら、まずは気になる地域に行って雰囲気を確かめてみましょう。現地に足を運ぶことから海外就職は始まります。

自分の目で見て、肌で感じ、その国で生活したいと思ったら就職活動に入りましょう。海外であっても就職活動に特別なことはありません。一通り流れを把握したら、あとは実践あるのみです。

条件の良い海外就職をするには

海外就職をサポートする転職エージェントがたくさんあります。初めての海外就職は大手のエージェントの利用が安心です。

ビザ、給料、手続き、履歴書の書き方、就活の進め方などをサポートしてくれる上に、全て無料で利用でき求人案件もしっかりしたものが多いです。

海外就職で注意したいのは就労ビザです。日系大手のエージェントであれば、海外で違法な労働をさせる企業を避けることができます。

リクルートエージェントパソナキャリアを活用しつつ、どんな求人があるのか探してみてください。

海外就職の仕事情報

日系企業の海外進出に伴い、日本人材の需要が増してきています。また最近では、中国企業の日本人採用案件も増えてきました。というのも、中国系企業は日本ブランドを重視する傾向があり、また日本市場への参入も日々考えているためです。

では、実際にアジアで就職・転職するときの仕事や業種はどのようなものが多いのでしょうか。日本向けのサービス、もしくは日本人向けにサービスを行っている日系企業では、特に日本人の求人が多いです。

海外で働くなら知っておきたいタイムスケジュール

カレンダー

海外で働く人たちはどのようなタイムスケジュールで仕事をしているのでしょうか。私の会社は9時〜18時が勤務時間ですが、ほとんどの社員が17時には帰宅していきます。もちろん残業もありません。

中国や東南アジアの国々では、始業時間を日本にある本社と合わせることが多いので、始業時間が若干早くなることがあります。

ただし、そういった会社が全てではないので、他の海外就職している人のタイムスケジュールを知っておくと、自分の働く姿がイメージできるはずです。一例ですが紹介します。

海外で採用されるのに必要なスキルとは

海外で仕事をするために必要なスキルはなんだと思いますか?

  • 語学力(英語力)
  • 営業力
  • 交渉力
  • コミュニケーション能力
  • 経験
  • 技術スキル

など、さまざまなことが考えられます。その中でも中国や東南アジアで求められているのは、「日本人としての常識があること」「社会経験」「技術的スキル」です。

しかし、経験がないから採用されないかというとそうではありません。

実際に私の会社の社員は、新卒で社会人経験がないながらも採用を勝ち取りました。「ガッツ」と「やる気」重視の採用です。こういった事例は少ないかもしれませんが、熱意を持って就職活動するということは、海外で働くためのスキルに勝るのではないでしょうか。

何より、スキルがあっても採用されなければ意味はありませんよね。

海外就職を成功させる秘訣とは

最後に、海外就職を成功(=満足)させる秘訣をご紹介します。といっても、裏技なんてものはありません。

必要なことは、働く前は「情報収集」、働き始めたら「違いを受け入れる心構え」です。

まずは積極的に情報収集しましょう。結局のところ、海外就職(現地採用)はそれに何を求めるかによります。自分なりに一度考えてみるといいと思います。その上で、海外就職を成功させたいならちゃんとポイントを押さえましょう。

また、当然ですが日本とは国が違うため、生活や仕事に対する考え方・やり方が違い、実際に働いてみると「日本ではこうだ!」ということが必ず出てきます。

しかし、郷に入っては郷に従えというように、違いを受け入れる心構えをしておくことが大切です。逆に心構えがしっかりしていれば、まあなんとかなります。

でも、違いを受け入れるって正直しんどいです。

日本国内の就職活動とは違い、初めての海外就職は戸惑うことが多いかもしれません。また、すでに社会人として企業に勤務している人は、その会社での仕事の仕方が身に付いているため、違いを受け入れることに苦労する人が多いのも現実です。

大学生なら海外インターンに挑戦してみよう

大学生なら海外インターンに参加することもありかもしれませんね。長期の海外インターンに参加することにより、海外で仕事の雰囲気を知ってから実際に働いてみると、ミスマッチも減っていいかもしれません。

ポイント

  • 就職前は必死で情報収集しましょう
  • 働き始めたら、違いを受け入れる広い心を持ちましょう

海外で働くには苦労もある

知っておいてほしいことは、海外で働くには苦労がつきものということです。海外で働くということは、遠目には、外国人とノリのいい雰囲気の職場で働いている、物価の安い地域で楽しくやっているように見えることもあるでしょう。

しかし、言葉の壁、考え方の違い、会社の適当さ、途上国ならではの不便さなど苦労することも多いです。それも含めて海外で働くということです。

海外での仕事経験は人生において貴重な体験となるはずです。良いことも悪いことも含めて、海外で働くということを考えてみましょう。

まとめ

今回は海外就職(中国や東南アジアでの現地採用)についてご紹介しました。海外就職をすることで、あなたの人生が大きく変わる可能性があります。メリットもデメリットもありますが、総じて海外就職は面白いと思います。

人生は一回ですから、面白いと思う方を選択してみるのもありですよね!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
坪田佳大

坪田佳大代表取締役 社長

投稿者プロフィール

Guanxi inc.代表取締役社長。
海外を拠点に活動中。日本のヒトとモノを海外と繋ぎます。
経歴:学生時代に海外にて起業。
2012年、海外にてエステサロンを立ち上げ、2013年には中国にてコンサルティング会社を設立。
2014年、Guanxi inc.創業。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る