タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由


タイ国内での移動手段というと色んな方法があります。バンコク市内ですとBTSやMRT、タクシーがメジャーな乗り物です。バンコクから遠く離れたところに行きたいときは飛行機という選択肢もあります。

しかしタイには有名な観光地が各地にあります。それで国内移動をどうしたらお得に選べるだろうと思われるかもしれません。距離や利便性を考えて賢く選びたいですよね。

今回は中距離〜長距離移動に適しているバスでのタイ国内移動についてご紹介します。

格安バス「ナコンチャイエアー」

ナコンチャイエアー

タイには多くの長距離バス会社が存在します。しかし、料金やサービスを比較検討して是非ともおすすめしたいのが「ナコンチャイエアー」というバス会社です。

ネットでも予約できます。ナコンチャイエアーのバスターミナルに行けばそこで当日券も買うことができます。

バスターミナルの場所はこちら

上記の場所にナコンチャイエアーの営業所があり各地へのバスが出ています。

こちらに各主要都市へのバス運行時間が記載されています。

参考:バスの運行時刻表

おすすめポイント① 個人用液晶モニター

ナコンチャイエアーのバス

実際にこのバス会社を使ってみたのですが値段の割に非常にサービスが良いと感じました。まず座席ですが、それぞれの席に液晶モニターが付いており映画や音楽などを楽しむことができます。無料のヘッドホンも貸し出してくれます。

残念ながら日本語の映画などはありませんでした。全てタイ語に吹き替えられているので映画の雰囲気だけは楽しめます。新しい映画ばかりでしたので内容は頻繁に更新されているようです。

おすすめポイント② お弁当&飲み物&etc

バス提供のお弁当

バスに乗り込む時間帯によってタイミングは違ってきますが、道中のどこかでお弁当が提供されます。さらにパックのジュースに袋詰めのお菓子、ミネラルウォーター、豆乳飲料やお手拭きなどが配られます。

 

バス提供の飲み物

お弁当の味はというと、たいして美味しくもないですが不味くもないといったレベルでしょうか。意外と袋菓子が美味しかったりして後日コンビニで見かけるとおもわず買ってしまったりします。

おすすめポイント③ リクライニングシート

ナコンチャイエアーのバスの特徴とも言えるのがリクライニングシートです。座席がスライドする形で倒れ、後ろの人に迷惑をかけることなく寝やすい姿勢をとれます。

長時間の移動に際して他の人に気を遣わず楽な姿勢でいられますので、これはかなりおすすめできるポイントですね。

注意点

これは他のバス会社にも言える点ですが、車内は冷房がかなり効いています。無料でブランケットを貸し出ししてくれるサービスもありますが、一枚羽織れる上着を用意しておくと良いでしょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

「タイでバス移動はちょっと……」という方もいらっしゃると思いますが、タイのバス会社も意外と使えるんです。タイでバスターミナルの事を略して「บขส:ボーコーソー」と呼びます。

タイ国内移動の際、是非ボーコーソーに行って「ナコンチャイエアー」を探してみてくださいね。きっとお値段以上のサービスに満足できるはずですよ!

おすすめ記事

  1. タイへ移住し共に生活したから見えてくるタイ人の3つの特徴
  2. 仕事に疲れたらここ!バンコクの自然と動物の癒し空間、ドゥシット動物園
  3. バンコクから日帰りで行ける!ガイドブックにはない穴場スパンブリー巡り

 

タイお役立ち

  1. タイで長期滞在!現地採用者が移住前にしておくべき5つのこと(準備編)
  2. タイから日本へ郵便を送ろう!タイからの郵送方法(料金・書き方)
  3. タイでの生活が最高!バンコクで生活&仕事する7つのメリット

 

タイ関連の記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. プーケットでジャンプ
  2. 韓国のスーパーマーケット
  3. ミュージック&シアター「MuTh」
  4. Bo’s Coffee
  5. 海外就職したい方必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの
ページ上部へ戻る