日本人にこそおすすめしたいタイ料理!食べやすいタイ料理10選

タイ料理パッタイ

タイには行ってみたいけど、辛い料理は苦手!という方もいらっしゃるでしょう。そんな方へおすすめの日本人にも食べやすい辛くないタイ料理を10皿ピックアップしてみました。

タイ料理は味付けが濃いものも多く、日本人には同じような味付けに感じる料理も少なくありません。また全体的に辛い料理が多いので、せっかくのタイ旅行でも辛いものが苦手な方は食事に困る場合もあるでしょう。

今回はそんなタイ旅行での食事で迷った時に役に立つタイ料理10選をご紹介します。

カオカイジャーオ(ムーサップ)

タイ料理カオカイジャーオ

タイのオムレツ。

タマネギやトマトなどが入っていることが多いです。また、カオカイジャーオムーサップと頼めば、豚の挽肉入りを作ってくれます。

個人的には挽肉入りが一番おすすめです。ケチャップで食べてもおいしいですよ。

クエティオ(センミー、センレック、センヤイ)

タイ料理クエティオペッセンレック

ベトナムのフォーのように米麺を使ったタイラーメン。(写真はクエティオペッセンレック、アヒル、中太麺)

スープの種類がたくさんあり、ナムサーイ(辛くない)、ナムトック(辛くない)、トムヤム(辛い)などがあります。好みのスープと麺の太さを選ぶ事ができるのも特徴です。

また、具もムー(豚)、ヌア(牛肉)、タップ(レバー)、タレー(海鮮)などがあり、お店によって品揃えはばらばら。クエティオペッ(アヒル)を出しているお店はだいたい専門店です。

麺の太さは細い順番からセンミー、センレック、センヤイとなり、センヤイが一番太い麺になります。

バミー(ナーム、ヘーン)

タイ料理バミーナーム

タイ人は砂糖を入れる人もいる有名なタイ風ラーメン。(写真はバミーナームワンタン入り)

基本は薄味で大概どこで食べてもあまり外れはないはずです。黄色い中華麺を使ったバミーには調味料セットが必ず付いてくるので、唐辛子やナンプラー、砂糖などを組み合わせてお好みの味に仕上げます。

砂糖を少しだけ入れるとコクがでることもあります。バミーナームが汁入り、バミーヘーンで汁無しがでてきます。

パッタイ

タイ料理パッタイ

タイ風焼きそば。

麺はセンレックと言われる中くらいの太さの米麺が使われています。具には海老が入っていることが多く、シャキシャキのモヤシをどさっと乗せて歯応えを楽しみながら食べると、一段と美味しいです。

ホイトード

タイ料理ホイトード

日本でいうお好み焼き的な貝の炒め物。

基本は牡蠣ですが、その他の貝で作っている場合もあります。小麦とや玉子に混ぜてカリッと焼き上げ、お好みでモヤシや長ネギなどを付け合わせに食べます。

カオパッド(ムー、ガイ、クン、ネーム)

タイ料理カオパッドクン海老

タイ風チャーハン。(写真はカオパッドクン海老)

具はムー(豚)、ガイ(鶏)、クン(海老)、ターレー(海鮮)、ネーム(タイソーセージ)などから選べます。場所によっては、ターレーとネームはない場合もあります。

注文時に何も言わないとだいたい豚肉で出されます。

ゲーンキョワーン

タイ料理ゲーンキョワーン

グリーンカレー。

豚肉と茄子が主役で、カレーというよりはスープ状に近く、さらさらしています。それほど辛くないので日本人も食べやすい料理の一つ。

お店によっては茄子が固くて、おしくないところもあるので注意が必要です。ちなみにタイのカップ麺ママーにもゲーンキョワーン味が出ていますが、あまりおいしくありません。

カオトム

タイ料理カオトム

タイのお粥。

こってり味に飽きたり、胃が疲れてる時など、優しい味のカオトムは胃を休めるのにもちょうど良い料理です。ムーサップ(豚の挽肉)も入れてもらうとそれなりの食事感が出るのでおすすめです。

カオソイ

タイ料理カオソイ

諸説ありますが、中国雲南省から伝わったとされるタイ北部のカレーラーメン。

基本は鶏肉が使われていますが、店によっては牛肉、豚肉も提供しています。少しとろみのあるカレースープが麺に絡まって、ラーメンと言うよりは日本のカレーうどんを彷彿させる料理といえます。

揚げ麺が一緒に入っており、程よい歯応えも楽しめて非常に食べやすいが、食べ過ぎると胸焼けを起こすかもしれません。

カオモックガイ

カオモックガイ

タイ、イスラム系のカレーピラフ。

日本のドライカレーのような味付けなので、日本人にはとても馴染みやすく食べやすい料理です。イスラム系の料理なので、肉は鶏肉を使用しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したのは110皿のみですが、タイには辛くないおいしいタイ料理がまだまだたくさんあります。辛いのが苦手な方も、充分にタイ旅行を楽しめると思いますので、今まで料理が食べれなそうとタイ旅行を敬遠していた方も、夏休みのプランに加えてみてくださいね!

おすすめ記事

  1. 知らなきゃ失礼!タイで生活する前に知っておくべきの3つの常識
  2. タイのお土産に歯磨き粉!意外に喜ばれる高級歯磨き粉「Dentiste’」
  3. タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由

 

タイお役立ち記事

  1. 2016年現在のタイのネット環境と価格を比較まとめ
  2. タイへ移住し共に生活したから見えてくるタイ人の3つの特徴
  3. バンコクから行ける、のんびり過ごせる王道の3つの青い海プラス2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. 大学生がハノイの現地企業でインターンシップに挑戦してみるという選択肢
  2. ドイツ就職
  3. アメリカではTPOに適した服装をしよう
  4. 韓国の国際運転免許証
  5. ベトナムのお肉事情、鳩の丸焼き
ページ上部へ戻る