海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドネシア・バンドンのチャイニーズストリートで食べられるおすすめ料理5選

  • 公開日:
  • 更新日:
中華街

世界各地にある中華街、ここインドネシアのバンドンにも中華街があります。

中国人または華人が多く住んでいる国には大抵中華街があり、そこでは多種多様なチャイニーズフードが食べられるので、観光客のツアーコースになっている場合もあります。

今回はインドネシアのチャイニーズストリートで食べられるおすすめ料理をご紹介します。

マルタバ テロール(Martabak telur)

マルタバ テロール(Martabak telur)

マルタバテロールは、日本のお好み焼きのような料理でインドネシアのチャイニーズ系の子供達に大人気の料理です。

マルタバテロールの中身は千切りにしたキャベツ、もやし、豚肉、白ネギ等を味付けして卵でとじたものが入っています。

その外側を硬めのパイ生地のようなもので挟みまれカリッと香ばしくなるまで焼いています。

味は日本のお好み焼きとほぼ同じですが、両面の生地がカリッと香ばしくスナック感覚で食べれます。

このチャイニーズストリートにはアルコールも売っているので、マルタバテロールをお酒のおつまみにして食べている人も多くいます。

セクバ クア(Sekba kuah)

セクバ クア(Sekba kuah)

セクバクアは、中国人が好んで食べるスープの一種で、中身はサユール アシン(sayur asin)と言われる塩漬けされた野菜、タフ ゴレン(tahu goreng)揚げ豆腐、ダギン バビ(daging babi)豚肉、豚のホルモンなどの内臓が一緒に煮込まれています。

味は八角という香辛料と、醤油、塩漬けされた野菜が入っているので、少し独特な香辛料の効いた酸っぱい味付けになっています。

地元のチャイニーズ系の人達にとっては大好きな一品でこのスープとご飯を一緒に食べるのがおすすめ!と言っていました。

甘辛の料理が多いインドネシアではなんとも新鮮な味の一品でした。

パンシット(Pangsit)

パンシット(Pangsit)

インドネシア語ではパンシット(pangsit)、中国語では小笼包(シャオロンバオ)、日本語では小龍包、この料理は中華料理には欠かせない料理と言っても過言ではないくらいに、日本人の間でも人気の一品ですよね。

本家本元中国での小龍包を食べる時にはまず少しかじって、最初に中身の肉汁を吸ってから食べるそうです。

インドネシアのチャイニーズストリートのこの小龍包も本家本元に負けず劣らずの美味しさでした!

中身の肉汁がとてもジューシーで何よりもひとつひとつの小龍包が大きくて食べ応えがありました。この小龍包を食べながらのビールもきっと格別ですね。

ババ ポーク リブス(Baba pork ribs)

ババ ポーク リブス(Baba pork ribs)

ポークリブス(Pork ribs)は豚肉のスペアリブで、秘伝のソースにしっかりと漬け込んだ後に、炭火焼でじっくりと焼きあがるのを待ちます。

焼きたてのスペアリブは香ばしく、お肉も柔らかで、このストリートでは絶品の一品です。

なんと毎週決まってこのポークリブスを食べに来るリピーターもいるそうです。

豚肉が自由に食べられるインドネシアの観光地バリではこのポークスペアリブが食べられるレストランは多くあるのですが、インドネシアの他の区域ではイスラム教の影響で豚肉が公に売られていません。

でもこのチャイニーズストリートに来ればインドネシアを忘れてしまうくらいに豚肉を使った料理をいろいろ味わうことができます。

ナシ チャンプル(Nasi campur)

ナシ チャンプル(Nasi campur)

このチャイニーズストリートのナシチャンプルは、普段他の場所では滅多に目にすることのない豚肉三昧の一品です!

チャーシューや豚バラなどの3種類のお肉が、ココナッツで炊いたご飯の上にのってきます。

そして豚の皮の唐揚げと、味付け卵、カットきゅうりがついてくるたっぷりのボリュームなので、おなかいっぱい食べたい人におすすめです。

もちろんナシチャンプルの種類はいろいろあるので、豚肉を一品や二品にしてオーダーすることもできます。

チャイニーズフードとインドネシア料理のコラボを楽しめるナシチャンプルもこのインドネシアのチャイニーズストリートだからこそ味わえる一品かもしれませんね。

  • インドネシアのバンドン チャイニーズストリート
  • 住所:Jl.Cibadak Bandung
  • アクセス:Bandung国際空港からタクシーで約10〜15分、Bandung駅からタクシーで約5〜10分

まとめ

いかがでしたか?

バンドンのこのチャイニーズストリートは地元バンドンの中華系の人達が誇る小中国です!

毎日夕方から夜中まで営業していて、多くの中華系の人達で賑わっています。週末には海外からの観光客も訪れ、いつも座席は満席です。

何十店舗ものチャイニーズのお店が立ち並び、インドネシアなのに中華料理が味わえるこのストリートにぜひ一度来ておなかいっぱい食べて見ませんか。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

3分で理解する、なんでも揃うインドネシアの台所パサールの楽しみ方

これぞおすすめ伝統料理!インドネシアの美味しいスンダ料理

インドネシアの伝統食品、栄養満点の大豆のテンペ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Hemei

Hemeiライター

投稿者プロフィール

アジアライフ2カ国目のインドネシア在住。夢はできるだけいろんなアジアの国に住むことです。
現在はインドネシアで語学留学中。インドネシアの魅力をお伝えしていきます!

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る