海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドネシアのシェアハウス、外国人向けのコスに住んでみよう

  • 公開日:
  • 更新日:
インドネシアのコス

慣れない海外での初めての生活において、住環境は大切ですよね。

インドネシア在住の日本人の中にはコスと呼ばれるシャアハウスやアパートメントに住んでいる人も多くいます。どちらもそれぞれメリットとデメリットがあるので、ニーズに合わせてどちらのタイプの住居にするかを選ぶことができます。

そこで今回はインドネシアで外国人向けのコスについてご紹介します。

インドネシアのコスとはどんな住居?

コスとは日本の下宿やシェアハウスのようなところです。タイプはいろいろですが、基本的に一軒の家の中にお部屋がいくつもあり、共同のキッチン、バストイレがあります。

お部屋は1人、2人用と人数によって大きさも違い、値段も変わってきます。

部屋の中にはベッド、洋服ダンス、机、椅子などの基本的に必要な家具は揃っており、値段が高いコスではテレビ、冷蔵庫、洗濯機、クーラーなどの家電も設備されています。

そのほか個人の家を開放して空いている部屋をコスとして貸し出していて、その部屋を間借りして大家さんと共同生活というタイプのコスもあります。

インドネシアのコスの家賃

地元の人が住むタイプのコス300,000ルピア〜1,000,000ルピア(日本円約3,000円〜10,000円)とても安いです。

しかし衛生面が悪く、セキュリティーが粗雑なコスもあるので、実際に借りるときには住環境を見て決めることになるでしょう。

外国人が住むタイプのコス

1,500,000ルピア〜3,000,000ルピア(日本円約15,000円〜30,000円)

基本的に家具、家電が全て設備されており、洗濯サービス、Wi-Fi、部屋の掃除、温水シャワー、指紋認証付きのルームキー、入り口にセキュリティーガードマン、などが家賃に含まれています。

コスによっては備え付けの設備やサービスが異なる場合もあるので、やはり実際に見て聞いて決めることをお勧めしたいと思います。

3,000,000ルピア〜5,000,000ルピア(日本円約30,000円〜50,000円)

上記の外国人が住むタイプの日本円約15,000円〜30,000円のコスとほぼ同様の設備、サービスにプラスして、プール付き、朝食サービス、衛生テレビ、などが値段によって含まれてきます。

インドネシアのコスのメリットとデメリット

コスは部屋の空きがあれば即日入居可能なところが多くあります。また1ヶ月ごとの月払いなので、入居しやすく、また違うコスへすぐに引っ越しもできます。

そして値段が高くなればなるほどいろんなサービスが受けられるので、快適に生活できるというメリットがあります。

しかし共同のキッチンやバストイレのタイプのコスだと、自由な時間に使えない、また待ち時間があるなど、共同生活特有の問題も生じてくるのがデメリットとなります。

値段の高いコスになると部屋の中にキッチン、バストイレが備え付けの場合もあるので、よくチェックしてメリットとデメリットを考慮して借りることができると思います。

インドネシアのコスの探し方

コスはインドネシアの各都市の至る所にあるので、最も探しやすい物件とも言えます。

インドネシアのコス情報をインターネットで探すことも可能ですが、自分が住む街の住みたいエリアが決まったら、まずその周辺の住民に近所にコスがないか聞くことをおすすめします。

インドネシアに住んで私が実際に感じていることですが、その土地の住民は近隣の情報をなんでも知っています。

その情報をもとにコスを見つけることもできますし、歩いて周辺を散策すると家の門にKos ( コス ) と書かれた看板があります。

コスの管理人がいる場合はその場でコスの部屋を見せてもらうこともでき、気に入れば、要相談ですが、即日入居が可能な所も多くあります。

インドネシアのコスの契約の仕方

気に入ったコスが見つかった場合、契約時に必要なものは、

  • パスポート原本
  • パスポートのコピー
  • その時点で取得しているビザ

です。

コスのオーナーによって異なりますが、契約時にコスの一カ月〜三ヶ月の家賃をまとめて払う場合もあります。

どちらにしても契約と同時に最初の家賃を支払うことは必須です。

またインドネシアでは外国人が住居を借りる場合、その町の町内長と政府への届け出が必要になるので、同時に届け出のための書類に必要事項を記入、サインすることになります。

契約を解消する場合は遅くても一ヶ月前までにコスのオーナーにその旨を伝える必要があります。

まとめ

インドネシアでの生活を快適に楽しく送るためにも、住環境はとても大切ですよね。

インドネシアに滞在する目的、例えばビジネス、留学、ホリデー、セカンドライフ、などによっても住むタイプの住居は違ってくると思います。

コスに住む場合は自分のニーズにあったぴったりの住居を探してください。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Hemei

Hemeiライター

投稿者プロフィール

アジアライフ2カ国目のインドネシア在住。夢はできるだけいろんなアジアの国に住むことです。
現在はインドネシアで語学留学中。インドネシアの魅力をお伝えしていきます!

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. リクルートエージェント
  3. 楽天カード
  4. 海外就職求人サイト
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る