海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ブラジルでSIMカードを購入して携帯電話を使おう

  • 公開日:
  • 更新日:
携帯電話

無いといろいろ不便な携帯電話。ブラジルに滞在するなら、ブラジルで使える携帯を早めに用意しておきたいですよね。

日本での携帯電話がブラジルでは使えないものだったりと色々違いはありますが、SIMカードの購入の仕方はとても簡単で、契約の仕方もとてもシンプルです。

今回はブラジルの通信会社についてや、SIMカードの購入から使用までの流れについて紹介していきたいと思います。

SIMフリーフォンを用意しよう

携帯電話

日本の携帯電話にはSIMロックがかかっている場合が多いので、SIMフリーフォンをブラジルに来る前に用意しておくといいでしょう。

既存のもので、SIMブロックを解除できる機種なら解除しておくのもいいのですが、iPhoneなどの機種はブラジルでは盗難にあう危険もあるので、おすすめは格安スマホなどの、もともとSIMフリーで安価なものです。

ブラジルの主な通信会社(キャリア)

ブラジルの主な通信会社はVIVO、TIM、Claro、Oiの4社ですが、ユーザーの数はVIVOが一番多く、次いでTIMが多いです。

どの通信会社にしたら良いかわからない時は、とりあえず自分の周りでどちらのユーザーが多いか調べてみてVIVOかTIMかで選んでみるといいかもしれません。

参考までに7日間のモバイルデータ通信の制限が500MBのプランを比べてみると

※レアルはブラジルの通貨、1円=36レアル(2017年現在)

VIVO(9,99レアル/7日)

インターネット500MB(一定金額を超えるチャージで+200MB)、VIVO同士のSMS&通話し放題

TIM(10,00レアル/7日)

-インターネット500MB、ローカル電話&DDD(直線距離ダイヤル)41の番号ならどの通信会社に対しても通話100分、TIM MUSIC BY DEEZER(専用アプリで音楽が聴ける配信サービス)、WHatsappメッセンジャー(メッセージ、ビデオ、画像の送受信し放題)

TIM MUSIC BY DEEZERとWHatsappメッセンジャーはプランの500MBのインターネットを消費せずに使用することができます。

TIMの方がサービスが充実していますが、VIVOは他にもオプションとして追加できるプランがあり、自分好みにカスタムすることができます。

ブラジルでのSIMカードの購入方法

simカード

ブラジルではプリペイド(Pré-pago)式携帯を使う人が多いです。

SIMカードは専門店に行かなくても、商店などでレジの周りに通信会社と「Chip」と書かれたクレジットカードサイズのカードがおかれていて、欲しい通信会社のものを頼めばその場で購入できます。

もしくは「Chip de ○○(通信会社の名前)」と言いながら街角に立っている、会社の名前が書かれたビブスを着た販売員からも購入できます。

SIMカードを購入したら

カードにはPINコードとPUKコードが記載されていて、SIMカードは通常サイズ、マイクロ、nanoサイズの切込みが入っていて、自分の携帯に合わせて切り取ることができます。

携帯に入れて数分するとそのSIMカードの電話番号がSMSで送信されます。

友人などの適当な番号、もしくはカードに記載されている番号に電話をかけると、「まだ契約されていないので、通話機能はご利用になれません」というメッセージがポルトガル語で流れるので、音声ガイダンスにしたがって契約していきます。

聞き取りづらい場合もあるので、ポルトガル語に自信がない人は家族や友人に手伝ってもらうと良いかもしれません。

チャージの仕方

チャージ専用のカードも個人商店などのカウンターで通信会社とチャージしたい金額を伝えるだけで簡単に購入できます。

カードにはチャージの仕方がしっかりと記載されています。記載されている手順に従ってチャージを行ってください。

また、カウンターでそのままオンラインでチャージしてもらえる場合もあり、その際にはカードを買うときと同じように通信会社と金額を伝えてください。

ブラジルの銀行口座を持っている場合は、その銀行の公式アプリからもチャージできます。

チャージが完了すると携帯に確認のSMSが届きます。

ポストペイド(Pós-pago)の場合

ポストペイドのように使用した分だけ後払いをしたい場合は専門店にいき、購入&契約をする必要があります。

各通信会社によって契約までに必要なものも変わってくると思いますが、身分証と居住地の証明ができるもの(光熱費の請求書など)を持っていくことをおすすめします。

また、自分が望んでいたものとは別のサービスを契約させられる可能性もあるので、ブラジルにまだ慣れていない人はポルトガル語が堪能な知人に付き添いを頼むと良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

国際電話を使う場合のみポスペイド式である必要が出てきますが、普段はプリペイド式で十分だと思います。

プリペイド式のSIMは、一定期間チャージをせず放置しておけば自動的に解約されるので、突然日本に帰国しなければいけない時や、選んだプランが気に入らなかったときなどにとても便利です。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Arikaライター

投稿者プロフィール

ブラジルに移住して4年目の日系ブラジル人。
ポルトガル語を勉強しながら、大学で陽気な人たちとふれあったり、牧場に囲まれた小さな町でのんびりしたりと南米生活を満喫中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る