海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外の渡航先の治安情報をゲットしよう!外務省海外旅行登録「たびレジ」とは

  • 公開日:
  • 更新日:
世界

海外へ行く際に現地の安全や治安に関する情報はどのようにして集めたら良いのでしょうか。

自然災害、テロ、感染症などいつどこで何が起こるかわからない昨今、現地情報を事前に何も調べないまま行くのは危険です。

そこで今回は海外の安全情報を入手するために、日本政府が運営している外務省海外登録「たびレジ」についてご紹介します。

たびレジって?

たびレジ

たびレジ公式ページ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

「たびレジ」とは3ヶ月未満の期間で旅行や出張で海外へ行く日本人向けに、外務省が現地の安全情報をメールで配信してくれるシステムです。

滞在先、期間、緊急時の連絡先などを海外へ行く前に登録しておくと、現地の安全や治安に関する海外渡航情報はもちろん、行く先の大使館や領事館が現地在住の日本人向けに配信している緊急一斉通報や、最新海外安全情報のメールも受け取ることができるようになります。

また滞在中にその国や地域で緊急事態が発生した場合、登録した滞在先情報と連絡先をもとに緊急の連絡確認を日本政府が行います。

登録するメールアドレスについては家族や職場のアドレスも登録することができるので、自分以外の第3者にも現地情報を配信することが可能です。

登録方法は簡単でインターネットで行うことができ、帰国後1ヶ月で登録情報は削除されるようになっています。

私たち日本人が日本語で入手できる海外の安全や治安情報については、日本政府が発信しているものが最新版で信頼できるものです。

たびレジや政府のホームページで発信されている海外の最新情報を出発する前に確認することをおすすめします。

簡易登録していつでも情報を受け取ろう

海外へ渡航する予定がなくても仕事で常に現地の最新情報を入手する必要がある場合には、簡易登録システムを利用することができます。

メールアドレス、そして対象国と対象地域を登録すれば、現地の大使館や領事館が配信している海外安全情報や緊急一斉通報を受け取ることが可能です。

筆者の私も仕事の関係上フランスの現地情報が必要で登録をしています。

いつも緊急一斉通報で配信される情報は、日本の報道機関が情報発信をするよりも前にいち早くメールで配信されるので大変助かっています。

社内や日本国内の顧客に対して現地情報を共有する必要がある時には、たびレジで配信されている情報も参考にして対応しています。

海外と仕事をしている場合は日本にいても、いつでも現地の安全や治安について最新の情報を入手しそれによって様々な判断が必要になってくるので、たびレジの簡易登録をしてみてはいかがでしょうか。

登録は通常登録と同じたびレジの公式ページよりすることができます。

またアプリでも外務省が発表している海外渡航情報を入手できるものがあります。外務省公式のもので、「海外安全アプリ」と言います。

インターネットが繋がる環境であれば、いつでも簡単に現地情報を調べることができるので、インストールしておくと便利ですね。

海外安全アプリ:http://www.anzen.mofa.go.jp/

海外安全情報を入手するために

セキュリティ

たびレジで現地の渡航情報を入手する以外にも、外務省のホームページで最新情報を調べることができます。

外務省のホームページでは国ごとに細かな現地情報を入手することができ、渡航や滞在に関してレベル1〜4で危険度が識別されています。

また国によってはその国の大使館のホームページ(日本語対応)で各国の滞在に関する安全情報や注意事項が掲載されている場合もあります。

日本の政府同様、海外の大使館も信頼できる最新版を常に発信しているので、渡航する前にその国の大使館のホームページも確認してみることをおすすめします

日本語で海外の渡航情報を調べることができるインターネットサイトは限られているので、活用したいですね。

外務省海外安全渡航情報:http://www.anzen.mofa.go.jp

留学や駐在の場合は

留学や仕事の駐在で3ヶ月以上海外に滞在する場合はたびレジではなく在留届というものを提出することを国が法律上で定めています。

主に緊急事態の際に国が各国にある日本大使館や領事館を通して安否確認を取るためですが、その他にも海外で生活する上での治安や安全情報を受け取ることができます。

インターネットで手続きができ、滞在先情報及び連絡先、滞在期間、パスポート情報、日本国内における緊急連絡先などを登録するようになっています。

ちなみに在留届の場合は滞在期間が過ぎると自動的に登録情報が削除されることはありません。日本帰国後に帰国後届の提出手続きが必要になりますのでご注意ください。

この手続きに関してもインターネットで提出が可能です。

在留届提出フォーム:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

まとめ

海外へ渡航するのに現地の治安や安全に関する情報を事前に入手しておくことは大変重要です。

緊急事態の場合に備えて、たびレジや在留届に登録しておくと安心ですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
shoko

shokoライター

投稿者プロフィール

現在教育関係の広告代理店でフランス人向け日本留学企画の担当として勤務する会社員。
フランス留学と出張の経験を活かしてライターとしても活動開始。これまでに旅した国は16カ国。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る