海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

買うよりお得?スペイン・セビリアのレンタサイクル「SEVICI」を活用しよう

  • 公開日:
  • 更新日:
バイク

セビリア(Sevilla)には市が運営しているレンタサイクル『SEVICI』があります。

残念ながらスペインにおいては自転車は「盗まれやすいもの」。でもレンタサイクルであればその心配はありません。

セビリアは自転車で周ることのできるちょうど良いサイズの町なので、普段使いに『SEVICI』を利用してみましょう。

スペインでレンタサイクルは一般的?

セビリアに限らずマドリード(Madrid)、バルセロナ(Barcelona)、バレンシア(Valencia)等のスペイン各都市には、市が運営するレンタサイクルのサービスがあります。

セビリアではSevilla+bicicleta(自転車)でSEVICIとユニークな名前がついています。同様にバレンシアはValenbisiですが、バルセロナはそのままbicicleta Barcelona、マドリードはMadrid en biciという名前です。

この中だと、SEVICIが一番かわいらしい名前ではないでしょうか?利用者達も「セビシ、セビシ」と言っていて、覚えやすい名前を名付けることに成功している感じがします。

大きめの都市には市が運営するレンタサイクルがあるので、居住する街にレンタサイクルがあるかどうか調べてみましょう。

なお、アンダルシアのへレス・デ・ラ・フロンテーラ(Jerez de la Frontera)は市が運営するレンタサイクルが以前ありましたが、盗難が相次いだということで廃止になったと聞きます。

本当の理由が盗難によるものなのかは定かではありませんが、市のレンタサイクルと一目でわかるものを盗んでどうするのかは謎です。

SEVICIの利用方法

レンタルバイク

市の至るところに停留所があり、10〜20台の自転車が設置されています。市内にある停留所の数は全部で260個!かなり大規模なサービスだということがわかります。

レンタルバイクサービス

風船のようなマークになっているところが停留所です。

利用者が登録カードを機械にかざして暗証番号を入力すると、設置されている自転車が利用できるという仕組みです。自転車は別の停留所に返却することができます。

利用登録は7日間(Corta Duración)、1年(Larga Duración)から選択することができ、支払いはクレジットカードです。

7日間利用の場合は、停留所の機械でチケットを購入します。7日間の利用料金は保険を入れると14.33ユーロで、30分までは利用無料です。30分を超えた場合、1時間目は1.03ユーロが課金、2時間目は2.04ユーロが課金されます。

1年利用の場合の利用料は保険を入れて39.33ユーロで、同じく30分までは利用無料です。30分を超えた場合、1時間目は0.51ユーロが課金、2時間目は1.03ユーロが課金されます。

30分を超える前に一度停留所に止めて、再度カードを機械にかざして利用を開始する方法をとれば、追加課金はされません。通勤や通学で利用している人も多いです。

SEVICIを使うメリット

レンタルバイク

SEVICIは盗まれない

日本でも「チャリパク」(自転車を盗まれること)は稀にあると思いますが、スペインでは「かなり頻繁に」あります。

鍵をかけないでその辺に止めてバルでお茶してたら、帰ろうと思った頃にない、ということは起こり得ます。そのため、自転車を持っている人はバルに入る時も、常に自分の見える位置に自転車を止めて気をつけています。

自転車を停めておいたらタイヤやサドルを盗まれて、残骸だけが置き去りにされていた、という話もよく聞きます。

SEVICIは停留所にあるSEVICI専用の大掛かりな装置で施錠されているので、盗まれることはありません。「SEVICI」と大きく書かれている自転車を盗む人もいないと思いますが・・・。

SEVICIはリーズナブル

SEVICIは年間の利用登録で保険に入っても40ユーロ程度です。自転車を購入するよりもずっと安いですし、盗まれて再度買うことを考えたらずっとリーズナブルです。

SEVICIは自転車置き場が不要

自分で自転車を購入した場合、その自転車の保管場所を探す必要があります。日本のようにピソの1F(planta baja)に自転車置き場がある物件は多くはないので、ほとんどの場合は自分の家の中に自転車を保管することになるでしょう。

スペインのピソはエレベーターがないこともよくあります。ということは、2F(スペインで言うprimera planta)以上に住んでいる人は階段で自転車を担いでいかなければいけない、ということになります。

これは、結構な重労働です。実際、私のピソの同居人がそうしていますが、最近それに疲れてきたらしく、「私もSEVICI契約しようかな。」と言っています。

SEVICIの不便な点

駐輪場

SEVICIにも不便な点はあります。

停留所に自転車がないことがある

停留所は10〜20台の自転車が設置できるようになっていますが、人気の停留所は自転車が全て出払ってしまって1台も残っていないことがあります。

この場合、機械で近くの停留所と何台の自転車が残っているかを確認することができるのですが、停留所が近くにない場合は結構歩かなければいけないことになります。

市の職員が定期的に自転車を補充しているようですが、全てに満遍なく行き届かせるのは無理なようで、このような事態が発生することがあります。

停留所が満車で自転車が停められないことがある

逆に停留所が全て埋まっており、希望の停留所で駐輪できないことがあります。この場合は、機械にカードをかざすと無料で利用できる時間を15分延長できるようになっていて、近くに空きがある停留所を探すことができます。

近くの停留所も空きがなく、かなり離れたところまで停めに行かなければならない、ということもあり、こうなると面倒です。

希望の場所に停留所がないことがある

行きたい場所の近くに停留所がない場合は、割と遠くに停めて歩かなければいけません。乗りたいと思ったところの近くに停留所がない場合は、割と遠くにある停留所まで歩かなければいけません。

停留所があっても自転車がない、自転車が停められないケースが想定されるので、ある程度時間に余裕を持って利用する必要があります。

自転車が壊れていることが結構ある

停留所にある自転車が壊れていることは結構な頻度であります。壊れた自転車はサドルが逆向きにされているので、「これは壊れているんだな」とわかるのですが、サドルが逆向きになっていなくても乗ってみたら壊れていた、ということがあります。

ブレーキが効かない、ペダルが壊れている、サドルが固定できずに回ってしまう・・・等、不良品が多いので乗る前に必ず確認しましょう。

SEVICIの利用登録をしよう

SEVICIを年間登録で利用したい場合は、sevici.esのホームページからLarga Duracion(長期)の利用者登録をします。

登録画面

画面左側の「ABONARSE」をクリックします。

登録画面

氏名、性別、住所、個人ID(パスポート番号またはN.I.E)、メールアドレス、携帯番号、希望のPINコードを入力します。

クレジットカードでの支払いが完了すると、登録メールが送られてきます。カードが発行されるまでの間は、このメールに記載された登録番号とPINコードを機械に手入力して利用することになります。

後日カードが発行されると登録したメールアドレス宛に「カード発行通知」が送られてくるので、市役所に行ってカードを受け取ります。カード受け取り後はSEVICIの停留所にある機械にカードをかざし、PINコードを入力して利用します。

SEVICIを利用してみよう

レンタルバイク

停留所にある自転車は、SEVICI専用の大掛かりな装置で施錠されています。各装置には番号が記載されていますので、まず何番の装置に停めてある自転車を使うのか確認します。

停留所にある機械にカードをかざしてPINコードを入力すると、メニュー画面に移ります。「Alquiler bicicleta」(自転車を借りる)を選択し、その後の画面で借りたい自転車が停めてある装置の番号を入力します。

カチッという音がして解錠されるので、装置から自転車を引き出して利用します。この装置に自転車を返却する際は、カチッと音がするまで奥に入れて下さい。

SEVICIマイページとモバイルアプリ

SEVICIのマイページとモバイルアプリでは、使用履歴の確認や停留所の稼働状況を見ることができます。

使用状況確認

SEVICIのホームページの「Mi Cuenta」(マイページ)から使用履歴を確認することができます。

姓、登録番号、携帯番号を入力して、マイページへログインし、「Mis Usos」のタブの「Consultar」をクリックすると、使用状況が表示されます。

管理画面

30分を超えて利用して課金されている時は、こちらのページで確認することができます。

モバイルアプリ

SEVICIのモバイルアプリでは各停留所に設置されている(借りられる)自転車の数、返却できる自転車の数を見ることができます。SEVICIは利用者が多く、刻々と状況は変化するのであくまでも参考となりますが、便利な情報機能です。

自転車用の道路

自転車用の道路

大きい道路は車用、歩行用と自転車用に分かれています。緑色の細めの道路が自転車用となっています。自転車用の道路がないところは、歩行者の邪魔にならないように車道を走ることが推奨されています。

Calle Tetuan(テトゥアン通り)等の人が多い通りは10:00〜22:00までは自転車乗り入れ禁止となっていますので、標識をよく見るようにしてください。

車が一方通行となっている道路は自転車も同じく一方通行で、逆走はできません。警察官に見つかると200ユーロの罰金になりますので、気をつけてください。

まとめ

市民、観光客から重宝されているSEVICI。道路も整備されているので、利用方法に慣れれば、安く快適にセビリア市内を移動することができます。

停留所は市内中心部のみならずかなり広範囲に設置されていますので、長期滞在者にもおすすめのサービスです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
moni

moniライター

投稿者プロフィール

2015年6月よりスペインのセビリア在住。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る