海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

憧れのスペインの「白い町」に行ってみよう!まるで絵本の中に迷い込んだようなスペインの美しい町5選

  • 公開日:
白い町

みなさんは、スペインのアンダルシア地方に点在する「白い町」をご存知ですか?

青い空にまぶしい太陽、段差の多い迷路のような道、そして美しく輝く白い家、鉄格子のついた小窓、青い鉢植えの色鮮やかなゼラニウム。そんな美しい町がスペインにはいくつかあり、とってものどかでゆっくりとした時間が流れています。

どの町もとても小さく、バスや車でしか行けない場所がほとんどです。また、6〜7月頃になると、町の周りに満開のひまわり畑が広がります。

自然と静けさ、町そのものの佇まいが何より見所の「白い町」。のんびりと過ごしたい方にとてもおすすめです。

折角スペインへ旅行をするなら、絶対に訪れたいアンダルシア地方の美しい「白い町」。今回は、たくさんある町の中から厳選した5つの白い町をご紹介したいと思います。

なぜ「白い町」なのか?

白い町

そもそも、なぜ「白い町」と呼ばれるのでしょうか?その理由はみなさんもご存知の通り、町の家の壁が全て真っ白だからです。

なぜ家の壁が真っ白なのかご存知ですか?

その理由は、一般的には暑さを和らげるためのようです。白い色は光を反射するので、室内への熱を和らげる効果があります。太陽の日差しが強いアンダルシア地方ならではの生活の知恵です。

その他の理由としては、伝染病が流行った時代、その予防のために「石灰」で壁を塗ったということです。

今では観光地化されている町もあり、「白い町」というブランドができていますが、その背景にはアンダルシアの人々が生活の中で培った歴史があります。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラ

アルコス・デ・ラ・フロンテーラ

まず最初におすすめする町は、アルコス・デ・ラ・フロンテーラです。アルコスはスペインアンダルシア地方、カディス県にある人口3万人ほどの町です。

カディス県のアルコス・デ・ラ・フローンテーラから東のアルカラ・デル・バジェまでを結ぶルートの、プエブロス・ブランコス街道(白い町の街道)の一つになっています。

アルコスへの行き方

アルコスを訪れる際は、ヘレスからバスで向かいます。1日の本数がとても少ないので注意しましょう。その他にもセビージャやカディス、ロンダからも訪れることができます。電車で行く方法もあります。

また、アルコス発の最終バスの時間は、ヘレスまでであれば20時頃、カディスは18時頃、セビージャは15時頃までと、目的地によって異なります。場所によっては最終の時間が早くなりますので、注意しましょう。

半日あれば観光可能

ですが、町自体はとても小さいので半日あれば十分に町の色々な場所を見て回ることができます

車で訪れる際は、道が狭く車幅がギリギリなので、自信のない方は旧市街手前の有料駐車場に停めて、タクシーで向かう方が無難です。

おすすめ観光プラン

アルコスを訪れたら、まずは旧市街地の中心、カビルド広場(Plado del Cabildo)へ向かいましょう。バスターミナルからは、坂を登って20分ほどです。カビルド広場の東側にある、教会や古い家並みを眺めながら、気の向くままに歩いてみましょう。

おすすめホテル

泊まりで訪れる際には、アルコスにはパラドール(古城や宮殿などを改修したスペインの国営ホテル。)もあり、ロケーションがすばらしいので利用されるといいでしょう。

食事は地元のスペイン料理でとても美味しく、ワインも質が良くリーズナブルな価格です。カフェのテラスからの眺めも美しいので、お茶を飲みながらゆっくりと景色を楽しむのもおすすめです。

アルコスは広大な岩山の上にあるので、展望台からの眺めは絶景です。断崖の下にはグアダレーテ川が流れ、その先には緑の雄大な大平原が広がっています。

Parador de Arcos de la Frontera(パラドール・デ・アルコス・デ・ラ・フロンテーラ)

私が訪れた時は町の人もアジア人が珍しかったようで、私を見かけた瞬間の子供たちのキョトンとした顔が忘れられません。

勇気を出して「オラ!」(スペイン語でこんにちは)と声をかけたら、子供たちがパッと笑顔になり「オラ!」と手を振って挨拶をしてくれました。それがとても嬉しかったのを覚えています。

人通りもあまり多くなく、とてもゆったりとした空気が流れていました。もう一度訪れたい町の一つです。

ミハス

ミハス

次におすすめする町はミハスです。

ミハスはスペインアンダルシア地方、マラガ県にある人口7万人ほどの町で、「白い町」の代表的な町としてとても有名です。旅行雑誌にもよく出てくるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

美しい街並みでとても人気なので、外国人の別荘が多く立ち並びます。

ミハスへの行き方

ミハスを訪れる際は、マラガからバスで向かいます。フエンヒローラやトレモリーノスなど他の白い町からも近く、日帰りスポットとして人気が高い町です。

バスの終点は、ビルヘン・デ・ラ・ペーニャ広場(Plaza Virgen de la Peña)というところで、可愛いおみやげ屋さんやレストランに囲まれています。

カラフルな雑貨や陶器、スペインならではの高品質なオリーブ製品など、見てると全部欲しくなってしまいます。

ミハスの観光方法

広場の先には、ミハスの名物「ロバタクシー(Burro Taxi)」の乗り場があり、ロバが観光地を案内してくれます。珍しいのでとっても人気です。

さらにその先に行くと、ラ・ペーニャ聖母礼拝堂(Ermita Virgen de la Peña)があり、ここからフエンヒローナの町並みと地中海が一望できます。

町の西側にある、サンセバスティアン通り(San sebastian)は、ミハスで最も美しい通りだと言われており、絵はがきやガイドブックの写真にもよく使用される通りです。

ここは観光地として日本人に大人気なので、アルコスのようなゆったりとした雰囲気とはまた違いますが、まるで絵本の中に入り込んだという表現にピッタリの本当に可愛い町です。

地中海に面するコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の地域なので、温かい海風がとっても気持ちいいです。白い家と青い植木鉢のコントラストが爽やかで、どこを写真に撮っても絵になります。天気のいい日には、対岸のアフリカ大陸を望むことができます。

華やかさと素朴さが魅力的な町、ミハス。女性の方は、ミハスの街並みに溶け込む白いワンピースを着て訪れてみてはいかがでしょうか?きっと更に楽しめるはずです。

フリヒリアナ

フリヒリアナ

次におすすめする町はフリヒリアナです。フリヒリアナはスペインアンダルシア地方、マラガ県にある人口3千人ほどの小さな町です。

スペインで一番美しい村

かつては「Los pueblos más bonitos de España」という協会主催の「スペインで一番美しい村」に選ばれたこともあります

この協会は、まだ知られていないスペインの美しい村の魅力を伝えるために設立され、スペインの最も美しい村の認定を行っています。

フリヒリアナへの行き方

フリヒリアナを訪れるには、マラガからバスで向かい、ネルハで乗り継いでいかなければなりません。ネルハから見る地中海も本当に美しいのですが、そこは通過してフリヒリアナへ。

時間があればどちらも訪れるといいでしょう。

のんびり過ごすのにおすすめ

ネルハの海はヌーディストビーチで、とても開放的です。以前行った時は、天気も気候も良かったので、水が透き通り美しくまるでゼリーのようで、とても感動したのを覚えています。

フリヒリアナの町には列車型の観光バスも走っていますし、路地の奥にはおしゃれなおみやげ屋さんもあり地元の民芸品などを扱っています。

ですが、観光をしたりおみやげ物を見たりするよりも、街中をふらふらと自由気ままに歩きたい方におすすめの町です。町の人たちの生活の様子が垣間見えて、とても興味深いです。

町は傾斜になっており、坂を登っていくとフリヒリアナの街並みが一望できます。青い空と遠くに見える美しい地中海に、白い家とブーゲンビリアのフクシアピンクがとってもきれいです。

大変穏やかな町なので、ゆったりと時間を過ごしたい方におすすめです。

フエンヒローラ

次におすすめする町は、フエンヒローラです。マラガ県にある人口7万人ほどの町です。リゾート地なので、夏になるとヨーロッパ各地からたくさんのリゾート客が訪れます。フエンヒローラを訪れるには、マラガからバス、もしくは電車で向かいます。

駅の目の前にはショッピングセンターがあり、それを背に海に向かって歩いていくと、観光客で賑わうモンカジョ通り(Moncayo)があります。新鮮な海の幸が味わえるレストランは、いつもお客さんでいっぱいです。

町の南西にある闘牛場の周りには、動物園と歴史博物館があります。フエンヒローラ動物園では、7・8月は夜の動物園を楽しむことができます。スペインの夏は日が長いので、月明かりの中の動物園を楽しみたい方は22時以降がおすすめです。

サアラ・デ・ラ・シエラ

サアラ・デ・ラ・シエラ

次におすすめする町は、サアラ・デ・ラ・シエラです。カディス県にある、人口1500人ほどの小さな町です。

サアラを訪れる際には、ロンダからバスで向かいます。バスは1日二本しかありません。また、サアラ発・ロンダ着の最終バスは14時で、土日祝日は運休なので、ご注意ください。

サアラは、8世紀にアラブ人によって築かれたという村で、頂上に古城の建つ岩山の裾に広がっています。まずは、アラブの古城を目指して歩いてみましょう。道中に望むことができる雄大な風景は、忘れられないほど絶景です。

頂上にたどり着くと、足がすくみそうな程の高さから、サアラの町を見渡すことができます。古城から降りたら、町歩きを楽しみましょう。地元のバルに立ち寄って休憩してのんびり過ごすのもいいかもしれません。

サアラの町から、古城を見上げても雄大で美しいので、ぜひどちらの景色も楽しんでくださいね。

まとめ

白い町

今回は、アルコス・デ・ラ・フロンテーラ、ミハス、フリヒリアナ、フエンヒローラ、サアラ・デ・ラ・シエラの5つの「白い町」をご紹介しましたが、スペインの「白い町」は他にもたくさんあります。

観光ガイドブックに載ってないようなマイナーな町もあり、観光をしたい方向けではないかもしれませんが、そこで見られる風景にはそこに住む人たちの生活が息づいています

「白い町」への旅行は、マドリードやバルセロナには行ったことがある方にもとてもおすすめです。

スペインは地域によって雰囲気がガラリと変わります。アンダルシアのまぶしい太陽と、青い空、海、そして美しい白い家は、私たちが想像する情熱的なスペインのイメージとはまた一味違った魅力を持っています。

のんびり町歩きをしたり、地元のバルに入って伝統的なスペイン料理を楽しんだりと、のどかに過ごしたい旅にこなれた方にぴったりです。

「白い町」初心者の方は、ミハスのような観光客向けの場所、リピーターの方はフリヒリアナやサアラ・デ・ラ・シエラに旅行される方が多いです。

スペイン語が少し話せると、地元の人ともコミュニケーションをとることができるので、少し勉強していくとより楽しめるでしょう。

スペインに旅行をされる際は、この「白い町」をぜひ訪れてみてはいかがでしょうか? 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Mitsuka

Mitsuka

投稿者プロフィール

現在スペイン在住。
趣味は、筋トレ・まんが・お笑い・旅行・お絵かき・アンチエイジング。
好きな言葉は「人生は夢だ(イサドラ・ダンカン)」

海外旅行・観光のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. リクルートエージェント
  2. 楽天カード
  3. 海外就職求人サイト
  4. グッドポイント診断
  5. シティ
ページ上部へ戻る