海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ラオスに移住して良かった!私がラオスで飲食店を開くまで

  • 公開日:
  • 更新日:
ラオス

私が初めてラオスに足を踏み入れたのは、バックパックを背負って海外旅行に挑戦した2000年でした。

初めての海外旅行だったので「初心者はタイを起点に、反時計回りに東南アジアを周るのが旅行し易いよ。」と知り合った年下の先輩旅行者から、旅行のアドバイスを受けながらのおっかなびっくりの旅行です。

ラオスの情報は今以上に少なく手探りの状態での旅行でした。

初めての旅行ですっかり海外旅行に目覚めてしまい、それから東南アジアを中心に滞在型の旅行を続け、タイ、中国、イスラエルで少し働いたりしながらの生活を送っていたのですが、2008年にラオスに移住することを決め今に至ります。

なぜラオスで起業したのか?

ラオス

私がラオスに住むことを選んだ理由は非常にシンプルで、「ラオスが好きだから」と「ラオスに住みたいから」だけでした。

とにかく見切り発車

移住後の「仕事」についてはほとんどノーアイデアの見切り発車のような状態でした。

しっかりとした移住計画を立て、就職や住むための物件の調査を進めてから移住するのが一般的なスタイルかもしれません。

けれど私は、旅行者として何度もラオスを訪れ、ユッタリとしたラオスの時間の流れに身を任せながら、ノンビリとしたラオス人たちと触れ合うなかで、ラオスにすっかり魅せられてしまったのです。

「準備なんてものは不要、出たとこ勝負で大丈夫!」という妙な確信がありました。

生来能天気な性格なのと、過去に滞在型の旅行を繰り返したことから、海外に住むことや海外で収入を得ることに対しての意識的なのハードルが低くなっていたのでしょう。

「まぁ、どうにかなるでしょ」の思いが強かったので、呑気に構えていました。

貯金500万円を持ってラオスへ

ただ漠然と「組織に属して生活するのはもういいかな。」とは感じていたので、一応の蓄えのために2年間日本で集中して働き、約500万円程度の資金を持ってラオスに赴きました

馴染みの宿を仮住まいに選び、2年振りの町の様子を見て周ったのですが、現地採用などのかたちで職を得て働いている外国人は皆無でした。

このことから、就職はムリだ!と感じたのと、どうせなら、一国一城の主になるのも良いだろうとの思いで、起業の道を選びました。

フラッと住み始めた外国人が少ない初期投資で気軽に始められるのは、飲食店かゲストハウス等の宿泊施設の二択であることは経験で知っていました。

そこで、「毎日いくばくかの現金収入が得られること」「商売として面白みがあること」「日本の飲食業界で働いた自分の経験が生かせること」の理由から飲食店を選びました。

約1年間!意外と遠かった開業までの道のり!

起業することに決めてまず始めるのは物件探しです。

しかし、当時の私のラオ語力は絶望的なレベルで読み書きはもちろん、日常会話すらもおぼつかないほどでした。

ゆっくりと世間話をするのにはボディーランゲージを駆使して何とかなるのですが「商談となるとこうも状況が変わるのか」と語学力の大切さを思い知らされました。

旅行中に身に付けた物凄いブロークンな英語と中国語位しかできなかったために、結構いらぬ苦労も経験しました。もし当時の自分が今の自分の前に現れたら、「計画性が無さ過ぎる!」と懇々と説教したくなるレベルです。

結構面倒だったラオスでの物件探し

当時は不動産業者が存在しなかったので物件の大家さんと直接交渉するのですが、旅行者の動線から外れないことを条件にすると、小さな町の中で商業地は更に小さく好条件の物件が案外少ないことに驚かされました。

2000年以前から既に定住している一部の中国人移民以外には、ラオス人の女性と結婚して商売をしながら住んでいる欧米人が4人居るだけでした。

ラオス人パートナーを持たずに乗り込んできた外国人は私が最初だったのも、物件の話が進まない理由のひとつだったことは今になれば判るのですが、当時は理解できず焦らされました。

こんなので本当に大丈夫なの?だった物件の契約

契約書

何軒もの物件を見て周り、営業中の店にまで「貸さない?」と声をかけ続けて3ヶ月が経過した頃に、現地人の知人が物件を紹介してくれました。

物件の存在は知っていたけれど「お化け屋敷」のように荒れ果てた物件だったのでスルーしていたものだったのですが、物件探しに疲れていた事と家賃が相場の年間約30~45万円よりも安い約24万円であった事から、そこに決めることにしました。

その辺にあった何かの紙の裏側に手書きで殴り書きしたラオス語の契約書は、何を書いてあるのか全く理解できませんでした。

知人が英語に訳してくれるのですが訳す方も聞いているほうも英語力がないもので、最終的には「ボーペンニャン!(問題ない!)」の知人の言葉を信じて3年分の家賃を前払いし、どうにか物件の契約を終らせました。

店舗の内装工事を始めたのだが

内装工事

店舗の内装工事を始めるにあたって、現地の作業員を探しましたが工務店的な業者は存在しませんでした。

いわゆる1人親方の作業員が集まって作業している状態で、工事の契約も材料費、工賃を全て含めた責任施工の「受け仕事」ではなく、1日の作業工賃だけで働く「手間仕事」でしか仕事を請けていませんでした。

材料も道具もこちらが用意しないと仕事が始まらない状態で、更に施主は作業員に混じって作業しながら現場を監督しなければなりません。

結局材料は地元の建築資材屋で、工具類や木ネジ類はタイ国内の大型ショッピングモールやホームセンターなどに足を延ばして全部自分で用意しました。

手ぶらで来る作業員

工事を始めてみると、本当に金槌やスケールはもちろん鉛筆一本持って来ない「完全な手ぶら」で現場に来るのには驚きました。

設備業界で働いた経験もあり簡単な図面なら起こせるので、着工前から改装計画の図面を起こし、私は意気揚々と図面片手に作業内容や完成イメージを説明しました。

しかしどうやら彼らは図面を生まれて初めて見たようで、図面が全く意味を成しません。

口頭で説明しながら作業を始めると今度は電動工具の使い方や、スケールを使った採寸の仕方、真っ直ぐに板を切る方法などを教えながらの作業になってしまいます。

現場には4人の作業員が居るのに、働いているのは1人だけで10分毎に作業を交代しながら残りの3人は作業を眺めている状態なのです。

全員解雇!自分一人で作業を始める

やっているうちに「職業訓練所じゃないんだけど!」と馬鹿馬鹿しくなり、「あとは自分1人でやるから、もう来なくていい!」と2日目の作業終了時に宣言し、それ以降は私1人での作業となりました。

1人でやっても良い感じで工事は進み「こりゃ、1ヶ月もすればオープンできるかな?」と思ったのですが、店舗のデザインと施工の同時進行は意外と手間が掛かるものです。

旅行者有志の手伝いなども受けながら6ヶ月の工事期間を経て、2009年9月1日にオープンすることが出来ました。

市場調査とメニューの構築

物件探しと同時進行で市場調査とメニューの構築も始めました。町の白地図を描き、1軒1軒何を売っている店なのかを調べて周る原始的な調査方法でした。

開店後に競合する店舗はどの店に集客力が有り、人気のあるメニューの内容と値段を書き写し、実食してみて美味しいと感じたものはどうやって作ったかを想像したり、直接尋ねたりしてレシピを練っていきました。

ターゲットは外国人

飲食店を始めるならば欧米人ターゲットの店にするのが良いだろうと思っていたのですが、ラオスを訪れる欧米人の客層と、彼らが好むメニュー構成が未知数でした。そのため、準備期間中は毎日欧米人が集まる店に食事に行くのが日課でした。

当時はまだ小さな町だったので、町中の全ての店舗を1人でチェックすることが可能でしたが、今は町が大きくなってしまったので、もう1度同じことはもうやりたくないですね。

日本で飲食店の厨房で働くことが多かったので、食べてみれば大体の調理方法が想像出来るのはメニューを構築する上での強みになったと思います。

難題だった!営業許可とビザの問題

許可証

同じ町で飲食店を営むラオス人経営者たちから開業後3ヶ月は「お試し期間的にどこの役所からも突っ込みが入らない。」という話を聞いていたので、必要な書類も揃えないまま見切り発車的にオープンしました。

ですが、オープン直後に「ビジネスビザとワークパーミットの確認」の名目でツーリストポリスが登場し、最初の摘発を受けました。

ビジネスビザとワークパーミットの取得方法は誰に尋ねても明確な答えが返ってくることはなく、開業後3年間に4回ほど摘発され、そのたびに知人の役人に助けてもらっていました。

そして、2011年に店舗を移動したタイミングで摘発された際に「そこそこ有名店になっているのだし、町中の人間が知っているんだから、もういい加減ちゃんとしろ!」と警察に諭されて法人化することにしました。

法人登録手続きはかなり複雑な上に独特の手続き方法等があり、(自力ではムリだ!)と感じたので首都ビエンチャンの知人のツテを頼り、手続きを代行してもらいました。

手続き開始から完了までに約8ヶ月掛かったのですが、この間店舗を開けることもできず、いつ呼び出しが掛かるかもしれないので、旅行するわけにもいかずただモンモンと待つだけの生活でした。

2012年8月に登記手続きが完了し、合法的に堂々とリオープンすることができました。

警察関係者も一度書類確認に来ただけでそれ以降は全く立ち寄らなくなり、ラオス移住4年目にしてようやく完全に独り立ちできたような感じがして、本当に心の底から安心して生活することができるようになりました。

急激な経済成長と供に激変するラオス?

ラオス

2008年のSEA Game(サウス・イースト・アジア・ゲーム(アジアオリンピック))の開催から、アセアン会議の議長国となり急速に中国や韓国からの投資が進み、観光開発も始めたラオスは今まさに激動の時代に突入しつつあります。

私が移住した田舎町も「中国高速鉄道」沿線の町となるために少なからず影響が出始めています。

昔から住んでいた中国人移民以外に鉄道関係の作業員から観光業や宿泊施設の経営に乗り出してきた中国人まで2,000~3,000の新規参入中国人が増えました。町の郊外に住み始めた人数まで入れると1万人の規模に達するかも知れない勢いです。

移住から約2年後に最初の韓国人の男性が1人移り住んで「アジア人は弱小派閥だなぁ!」などといっていたのですが、現在100人を超える韓国人が住むようになりました。

彼らは本国からドンドンと投資を引いてくるので、土地建物が値上がりしてまさに「土地バブル」に沸いています。

首都圏以外でも地価は急騰しているようで、土地を売ったお金で新しく土地を買い込み転売する「土地転がし」で成り上がったバブル紳士達が高級車を乗り回す、20~30年前のバブル期の日本のような状態に成っています。

ラオスで起業して良かったことは?

ラオス

沢山のお客様に「なぜラオスのこんな田舎の町で商売をするのか?」と問われるのですが、「金銭的なことだけを考えるのなら日本で商売します、この町が好きでここに住むのが目的なのでこの町じゃなければ意味がないんですよ」と答えています。

既に紹介したように急速な発展が進むラオスですが、仕事の合間に少し町から離れた場所から見える風景は、今でも「昭和の日本」が時空を超えてきたような錯覚を起こさせます。

どことなく懐かしくなる風景

ため息が出るような懐かしい景色が広がっていて、「ここで暮らしていけたら良いよなぁ」と思いながら毎回2ヶ月半ほど滞在していた当時のままです。

現地の知人や友人達も相変わらず呑気なラオス人の一面を保っていて、ホッとさせてくれますし、私も町の住民として末席に加えてもらえたような気がします。

物質的には恵まれていないことは「貧しい生活」を送っていることではなく「シンプルに暮らしている」ことなのだとラオスは私に教えてくれました。

短時間で億の単位のお金を稼ぐベンチャーの社長にはなれませんが、のんびりとした雰囲気の中で自分のペースで暮らしていけることや、シンプルな生活スタイルに切り替え生活することが私にはあっているようです。

とにかくラオスに住めることがメリット

繰り返しになりますが「大好きなラオスで暮らしていけること」を目的に起業したので、良かったことやメリットはラオスに住めることに尽きます。

これから海外移住や起業を考えている方に対して私は「まず移住先に惚れ込むことが大切!」だと伝えたいです。

今まで色んな国で沢山の移住希望者や、移住して起業した人達を見てきましたが住んでいる国が好きになれない人は数年で帰国してしまうようです。折角移住するのなら好きな国に住むことを選びましょう。

観光旅行で短期間訪れるのと本格的に生活を始めることは大きく異なりますので、試しに数ヶ月から1年間くらい暮らしてみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

忙しすぎる生活に疲れたときには、是非ラオスを訪れてみて下さい、ラオス人のユル~イ空気感が疲れた気持ちを癒してくれますよ。

移住を検討中の方にはまずビエンチャンにステイすることをおすすめします。投資が集中するビエンチャンには日本人の求人や雇用も増えてきています

リタイヤ後に季節の良い時期だけラオスをベースに生活している方も増え始め、新たなニーズも発生しています。

「攻めの商売」を目的にラオス視察に訪れる邦人も増えてきているようですから、意外なビジネスチャンスが転がっているかもしれませんよ。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ラオスで就職や転職をしたい!ラオスで働く前に知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る