海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スローライフなラオス生活でも発生する税金のお話

  • 公開日:
  • 更新日:
ラオスの税務資料

他の東南アジア諸国に比べても、時間がゆっくりと流れている感が強いラオス。そんなラオスで送るスローライフにも非常に現実的な問題「税金問題」は発生します。

ラオスで収入を得て、ラオスで生きていくために避けてはやはり通れない、税金について紹介します。

収入にかかるラオスの税金

ラオスの税務資料

ラオスの税体系は複雑で、暮らし始めの頃は全く理解ができませんでした。

法人登記前に約3年間、法人登記を済ましてから約3年近くの計約6年の間、住んでいる町の税務署に納税を続けていたのですが、ある日県庁所在地の税務署から出頭の督促状が届いたので驚いて出頭してみると、

  • 「法人登記から約3年経つのに1度も会計報告書が提出されていないのはなぜか?」

とのことでした。

首都ビエンチャンで事業を営む知人たちは、毎年決算報告書作成に苦労しているというのに、私の住む町の税務署は全くその話を持ち出してこないので、

  • 「ウチは法人になっているんだけど、法人税や決算報告書とか必要ないの?」
  • 「所得税が発生するはずだけどどうすれば良いの?」

などの質問を何回かしたのですが、

  • 「法人税に関しては毎月納めて貰っているから大丈夫」
  • 「所得税もその中に含まれているから問題ない」
  • 「決算報告書は社員数200~300人の事業所に関しては必要だけれど、それ以下の小規模事業所では必要ない。」

と毎回同じ回答を得ていたので、私もすっかり安心していたのですが、ダメだったようです。

県庁所在地の税務署の担当者に、この事情を説明すると「地方の職員はよく判ってないから。」とサラッと流され「とにかく3年分の決算報告書を提出すること。」と申し渡されました。

「報告書の雛形がないから参考になる資料はないのか?」と尋ねたところ、他社の決算報告書のコピーを取ってくれ、「この通りに作ればいいから」と手渡されその日は終りました。

一応収支のデータは、作成してとってあったので3週間程で決算報告書を仕上げて、県庁所在地の税務署に提出したところ「所得税が未納にあっているから今支払うように」との命令があり、支払い完了後終了しました。

ラオスの所得税は雇用者側に支払い義務があるようです。税率はラオス人の場合は月給から2,000,000kipの基礎控除を差し引き、残った金額の5%が所得税として徴収されます。

外国人労働者の場合月給の10%を所得税として算出する場合と、ラオス人と同じように2,000,000kipの基礎控除を差し引き、残った金額の10%を所得税として算出する方法があるらしく、私は後者を選びました。

(これは選択を迫られる訳ではなく、勝手にこの算出法で計算してみただけなのですが、通ったのでそれ以降もこの算出方で納税しています。)

基礎控除が適応される辺りで、本来なら支給前に源泉徴収しておくべきところでしょうが、ラオス人の感覚では、「会社が負担するべきもの」となっているようです。

税務処理に関しては首都ビエンチャンが最も厳しいようで、ビエンチャン以外では厳格に行われていない印象を受けました。

支出に掛かるラオスの税金

支出に掛かる税金はつまり消費に掛かる消費税のことです。幸いにもラオスでは消費税に相当するものがありません。

例外的にVATと呼ばれる付加価値税を徴収する店舗もありますが、ホテルのラウンジでの飲食以外で支払った経験がありません。

電気代や水道代でなどの公共料金は、10%が課税された金額で請求がきますが、特別気になるような金額でないので「あっ、支払ってるの?」くらいの感覚です。

一定の規模以上の宿泊施設(ホテルなど)では発生するもののような気がしますが、こちらも内税となって価格表示されているので、知らない内に払っているかもしれませんが、特別意識したことがありません。

日常的に行う一般の商店や、マーケットでの買い物に消費税を支払ったことがないので、ここではラオスには消費税に相当するものはないものと結論付けておきます。

乗り物に掛かるラオスの税金

既にラオスには消費税に相当するものはないと結論付けましたので、公共交通機関を利用するのに税金はかかりません。

ここで紹介するのは、自分で所有する車両に掛かる税金のことです。

自動車税的なもの

自動車税

車両を購入しナンバープレートを発行してもらうために車検証の申請を行うと、タビアン・ロッ(車両登録証)とテクニック(車検証)が発給されます。

正式には車検料などに細かく分類されると思うのですが、この時に支払うものを自動車税としてまとめてしまします。

車両登録証は毎年更新の必要があり、バイクの場合、延長に20,000kip、車検証は新車登録時は2年、その後毎年更新となりバイクの場合、延長に30,000kipが必要となります。

重量税的なもの

重量税

カー・タァン(道路代)と呼ばれる税金があるのですが、日本風に呼べば重量税に相当するものだと考えられます。こちらは、毎年1回最寄の税務署で納付します。

ちなみに私は2017年度の重量税を7月6日現在まだ納付していません。

支払いが済むと納付書とその年の年号が印刷されたステッカーが発給されるのですが、未だ税務署にその納付済みステッカーが届けられていないために、納付ができない状態です。

重量税の金額はバイクの場合、年間8,000kipになります。これだけステッカーの配布が遅れているということは、今年度辺りから増税されるのかも知れませんが、昨年度まではこの金額でしたのでこの金額を明記しておきます。

国外からの持込物品に掛かるラオスの税金

ASEAN加盟国として急速な経済発展が始まったラオスですが、残念なことに食料や衣料品、精密機器などを国内で生産するまでには至らず、国外からの輸入に頼っている現状です。

ラオス北部では中国製品、南部ではベトナム製品が目に付きますが中部ではタイからの輸入品が多く出回っています。

ビエンチャンの郊外にある友好橋を超えると、タイのノーンカイという町に着きます。

タイの中では小さな田舎町なのですが、大型ショッピングセンターが2軒、日本の業務用スーパーのような卸売り形式の大型スーパーが1軒あり、ビエンチャン人が国境を越えて買い物に訪れるため、いつも満車の状態の駐車場にはラオスナンバーの車が目立ちました。

しかし、昨年から国境での荷物検査が強化されタイ国内で購入した物品の合計額が、1,500バーツ(約4,500円)を超過した場合、10%が課税されることになり、大型ショッピングセンターの駐車場のラオスナンバーの車が激減しました。

自家用車以外での入国時にも、パスポートコントロールの出口に新設されたX線検査で、ランダムに検査が行われ1,500バーツを超える物品が発見された場合は、課税されるようです。

ASEAN加盟国内では非課税措置をとり、1つの経済圏として物流と経済の活性化を図ることが決議されているのですが、ラオスはその決議に逆行する形の措置を取っているのが現状です。

ラオス・ビエンチャン近郊エリアで新しいパソコンやスマホなどが必要になると、どうしても価格が安いノーンカイで購入することを考えてしまうのですが、昨年以降は持ち込み時の10%の税金のリスクを考えるとタイで購入するメリットが薄くなったといえるでしょう。

ラオスに住むために掛かる税金

ラオスの日本の住民税(市県民税)に相当する税金は、非常に複雑でよく判りません。行政区分が違うエリアから引っ越してきた人間に対して、地方政府は届出を求めているようですが、これが上手く機能していないようです。

現在の住まいに越した直後に一般警察、ツーリストポリス、地方政府、税務署の混成チームでの取調べが行われたのですが、私が対応に出るとツーリストポリスが「何だ、ここに越してきたのか?」だけで終わりました。

他のラオス人の住民は世帯によって金額が違ったようですが、金銭の徴収があり領収書も発行されていたので正式な調査(捜査?)ではあったようです。

私の場合パスポートチェックの際に「TAX」と言われ50,000kipのTAX(住民税?)を妻と2人分の100,000kipを支払ったことがあるのですが、こちらも領収書が発行されたので何かしらの正式な料金(多分住民税)でしょう。

しかし支払いはその1度きりで、その後のスポートチェックの際には何もいわれないので支払っていません。ラオスで上手に暮らすコツとして、役人から言われたら大人しく支払い、そうでない場合は知らん顔しておくのがポイントといえるでしょう。

まとめ

外国人がラオスで暮らすのに、関係するであろう税金の話を紹介してきました。

この国は経済発展して成長著しいものの、社会システムは未だ脆弱で納税に関しても周知徹底されていない印象を受けます。

この状態がラオス人やラオスに暮らす外国人にとって、良いのか悪いのかは私には判断できません。ただ、経験則でいえることは「言われるまで払わない」の文化であることです。

毎月25日に決まって事業所税を税務署に支払いに行っていたのは、ウチだけだったようで周りの自営業者は「もう3ヶ月払ってない」や「10ヶ月前の分から溜めている」ような状態でした。

うっかり「日本人は生真面目なんだなぁ」と自分に感心してしまいました。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ラオスで就職や転職をしたい!ラオスで働く前に知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
nobu

nobu

投稿者プロフィール

2000年から東南アジアを中心に滞在型の旅行(タイに1年半、中国に2年など)を続け2008年にラオスに移住しました。
現在は飲食店の経営や旅行商品の開発を行いながら暮らしています。
趣味はバイクツーリングとビールを飲みながらギターを触ること。
ラオスに興味がある方はご連絡ください。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. シティ
  3. 旅行バッグ
  4. 海外就職求人サイト
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る