海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイで銀行口座を開設する方法

  • 公開日:
  • 更新日:
タイ

タイで仕事をするなら、絶対に必要になるのが銀行口座。定年退職後をタイで過ごす場合でも、お金を保管しておく為にひとつは銀行口座を持っておきたいですよね。

ですが、外国の銀行口座というのは簡単に開けるものではありません。私もタイに来た当初は銀行口座を開くのに苦労をしました。

ここでは、タイで銀行口座を開設したときの私の体験談や、口座開設に必要な条件を紹介したいと思います。

タイで銀行口座を開くためのあいまいな規則

理由

タイでは年々、銀行口座開設の条件が厳しくなっています。以前はパスポートさえあれば開設できたようですが、やはりいろいろ問題があるのでしょう。

私がタイに来たのは、銀行口座開設の条件が厳しくなろうとしている頃でした。まだ規則が定着しておらず、あいまいな時期だったのかもしれません。

その頃の私はまだ仕事をしていなかったので、当然労働許可書は持っていませんでした。労働許可書がなくてもバンコク銀行本店なら口座の開設ができると聞き、早速本店へ向かいました。

ですが手続きの最後の最後で、口座開設はできないと言われてしまいました。どうして最初に言ってくれないのかと腹が立ちましたが、それがタイなんです。

そう、タイでは担当する人によって出来たり出来なかったりすることがあります。嘘のようですが本当の話です。

この話は銀行に限ったことではありません。あっちの支店では駄目だったけどこっちの支店では問題なく出来たと、いうことは日常茶飯事です。

結果、カシコン銀行で口座を開設することができました。最初は労働許可証が必要だと言われたのですが、「日本からの送金を受け取るのに、どうしても銀行口座が必要なんです!」と力説したのが効いたようです。

条件を満たしてないのに口座が開設できてしまったのですから、やはりあいまいな時期だったのでしょう。

現金の保管用の銀行口座

お金

現在では基本的に、タイ人と結婚している人のためのビザやロングステイビザなどを持つ人以外は、労働許可証がないと一般的な銀行口座を開設することはできません

ですが仕事に就くまでの間の現金管理が不安ですよね。そんな方には、黄色い看板が目印のクルンシ(アユタヤ)銀行の非移住者口座をおすすめします。

支店での入金と引き出しの基本的なサービスしか出来ませんが、現金を保管するだけなら十分ですよね。

ですがこの口座も、いつサービスが廃止されるかもわかりません。前にも述べたように、担当者によって言うことが違う場合もあります。

ひとつの支店で口座の開設が出来なくても、いくつかの支店を梯子してみるといいでしょう

普通口座開設の手続き

お金

仕事を始めれば、会社を通じて労働許可証をもらうことができます。これでいよいよ、銀行口座が開設できる準備が整ったことになります。

会社から給料振込みの銀行を指定されると思いますが、タイの主な銀行のうちのどれかでしょう。

ロゴマークの青いバンコク銀行、緑のカシコン銀行、紫のサヤームコマーシャル銀行の3つです。

労働許可証とパスポートを持っていれば、どの銀行でも口座を開設することができます。銀行によってはアパートなどの賃貸契約書も必要になるので確認が必要です。

あとは記入用紙に必要事項を記入するだけ。そう難しいことはありません。カシコン銀行とバンコク銀行には日本人窓口があるので、言葉が不安な方は日本人窓口を利用すると安心ですね。

口座関連の手数料

お金

銀行口座を開設したら、ATMカードは必須ですよね。タイのATMカードには毎年200バーツから300バーツの年会費がかかります。発行手数料も200バーツほどかかるので、銀行口座を開設する際には約500バーツが必要です。

タイ人の最低賃金は1日310バーツ。1日の日給よりも高い手数料がかかるのですから、気軽に口座開設をするわけにはいきません。

私の会社の給料振込みはカシコン銀行ですが、口座を持っていないために現金で受け取る従業員が6割です。

給料に関する仕事を任されている私としては、現金手渡しは手間がかかるので全員銀行振り込みにしたいところです。ですが手数料のことを考えると口座開設を強制するのは気が引けてしまいます。

まとめ

ご紹介したタイの銀行口座開設方法については、2017年6月現在のものです。労働許可証を持っていれば問題はないかとは思いますが、ころころと規則の変わるタイでは追加の書類が必要になる可能性もあります

銀行口座を開設する際は、前もって必要な書類を問い合わせてから行くといいですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

初めてのバンコク就職!タイで現地採用として就職・転職してみよう

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る