海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

どんな部屋?ベトナムの首都ハノイのローカルエリアで暮らす

  • 公開日:
  • 更新日:
ハノイ

海外で生活を始めるとき、どんな部屋があるのか気になるところですよね。私も初めてベトナムに住むことになったとき、どんな部屋を借りられるのか、日本にいる間に色々インターネットで下調べをしました。

現在、私はベトナムの首都ハノイのローカルエリアで小さな部屋を借り、一人暮らしをしています。ベトナムで生活する平均的な日本人の家に比べると簡素なものかもしれませんが、慣れてしまうとなかなか快適。

価格によって色々なタイプの部屋があると思いますが、今回は一つの参考としてベトナム・ハノイの私の家をご紹介したいと思います。

ハノイの家の立地

部屋

私の家は、ホアンキエム湖や旧市街などがある中心部まで自転車で20分くらいのところにあります。具体的には、ハノイ駅の南にあるバーマウ湖のすぐそば。

家から徒歩10分ほどのところに、中型規模のスーパーがあります。また、徒歩5分くらいのところには路上市場もあるので買い物をするのには困りません。

家の近くのバーマウ湖の周りを歩くと気分がリフレッシュできるのもいいですよ。ハノイにはたくさんの湖があるので、湖の近くの家を探してみるのもよいかもしれません。

この部屋に決めた理由

キッチン

この部屋に決めた1番の理由は、キッチンがあることです。

ベトナムで外国人が部屋を借りる場合、アパート用の家ではなく、家族が住む家の1室を借りるスタイルがあります。家族と同じ玄関を使い、家族の使う階段を上って自分の部屋まで行くのです。

「ルーム・フォー・レント」と呼ばれますが、下宿のようなものです。1か月200ドルから300ドル前後で、留学生や現地採用の人などお金を節約したい人がよく利用します。私も、初めて借りた部屋は「ルーム・フォー・レント」でした。

その場合、部屋にシャワールームはあるのですが、専用のキッチンがついていることが少ないのです。

私が最初に借りた部屋にもキッチンはなく、大家さんの家族が使うキッチンを使わせてもらっていました。大家さんが使わないタイミングでキッチンを利用しなければならず、これはけっこう気をつかいます。

しかし、現在借りている部屋はキッチン付き。自由に使えるキッチンがあると、好きなときに料理ができ、とても快適です。

水光熱費込みの格安家賃

外国人向けのルーム・フォー・レントの価格は、1か月200ドルから300ドル前後と書きましたが、私の家の家賃は、それぞれの部屋が独立しているアパートタイプで1か月350万ドンです。350万ドンとは、日本円で約1万7500円くらい。

350万ドンには、水道代、電気代が含まれています。WiFiもありますが、これも家賃に含まれています。さらに、冷蔵庫、テレビ、ベッド、タンス、洗濯機、電気釜など最低限の家電もついています。

これはとてもお得な価格と思います。以前、住んでいた家は相場通りの250ドルでした。

格安家賃の理由

シャワールーム

私は今の家にそれなりに満足しているのですが、家の細部を見てみるとやはり350万ドンの理由があるように思います。

例えば、シャワールーム。トイレとシャワーが仕切られていないのはよくあることなのですが、鏡があるのに、その下の洗面台がありません。

家の壁も簡易的な感じがします。ベトナム人向けに格安で貸していた部屋を少しリフォームし、外国人に貸しているようなのです。おそらく、これが格安家賃の理由だと思われます。

虫が苦手な人は要注意

殺虫剤

これは安い家に限ったことではないかもしれませんが、ベトナムでの生活では虫が多いことは覚悟しなければなりません

ゴキブリが入ってくることもしばしば。1度だけですが、私は部屋から出るときに、飛んできたゴキブリに激突したことがあります。これには驚きました。蚊やアリも多いです。トンボまで部屋に入ってきました。

そこで、私は虫よけのスプレーを定期的に部屋にまくことにしています。効き目があるようで、虫が入ってくる回数がだいぶ減りました。

入居時には値段交渉

最後に家賃について。家賃は350万ドンですが、これは値段交渉した価格です。最初に提示された額は500万ドンくらいだったと思います。

ベトナム人の友人が、「値段交渉してみた方がいいよ」とアドバイスしてくれ、350万ドンに落ち着きました。

ベトナムは何かを買うとき、市場でも値段交渉をする文化があります。おそらく、売る方は値段交渉になることを想定して、最初の金額をつけているのだと思います。

自分では「こんなものかな」と思ったとしても、試しに値段交渉をしてみる価値は十分にあります。

まとめ

洗面台がなく、虫も少なくない部屋ですが、好きなときに料理ができ、清潔ではあるので私は今の部屋に満足しています。大家さんも明るくいい人です。

ベトナムで働くとなると、現地採用などの場合、給料は日本で働くより少ないのが一般的です。しかし、私の部屋のように安い部屋もあるので、節約のためにも納得のいく部屋を探してみてください。楽しいベトナムでの生活が待っていますよ。

※1万ドン=約50円(2017年7月)

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ベトナムで働くには?ベトナムの日本人向け求人と就職・転職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ざわわ

ざわわ

投稿者プロフィール

ベトナム大好きなアラサー女子です。手描き地図作家を目指し、ハノイの地図を作成しています。「ハノイの地図屋さん」を運営中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る