海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

わずか300ペソ(660円)で行ける!セブ島で自力でジンベイザメに逢いに行く方法

  • 公開日:
  • 更新日:
ジンベイザメ

セブへ来たならジンベイザメに逢いたい!ツアーで行くより少しばかり冒険してみたい!格安でジンベイザメを見たい!そう思ったあなたには自力でジンベイザメに逢いに行くことをおすすめします。

ジンベイザメには午前中しか会えません。とにかく早起きして行きましょう。

今回は自力でジンベイザメに会いに行く方法をご紹介します。

ジンベイザメはどこで見られるの?→オスロブで見られます!

オスロブまでの地図

ジンベイザメを見られるスポットはオスロブにあります。オスロブはセブ市内よりバスで約3時間〜4時間ほどです。行き方は驚くほど簡単です。

  1. サウスバスターミナルへ行く
  2. オスロブ行きのバスに乗る
  3. バスを降りたら目の前にジンベイザメを見るための受付がある

ちょっとした冒険心のある方は上記の情報だけで向かってみてください。目的地まで到着できます。

自力でオスロブへ行くまでに必要な英語力は?

正直、英語力は必要ありません。

  • 「サウスバスターミナル」
  • 「オスロブ」
  • 「ハウマッチ」

上記の3単語のみで目的地まで行けます

私は実際にこれで到着できました。外国人が「オスロブ」と言えば100%ジンベイザメを見に行くんだなと現地人も理解してくれます。

自力でジンベイザメを見に行くための料金(費用)は?

行き

  • タクシー:107ペソ(サウスバスターミナルまで)
  • バス片道:177ペソ

帰り

  • バス片道:160ペソ
  • ジープニー:9ペソ

※現地でやりたいアクティビティによって料金が異なります。

  • 現地のアクティビティ:100ペソ〜2,500ペソ

例:

  • 100ペソ:エントランスフィー
  • 1,000ペソ:シュノーケルの貸し出し
  • 2,500ペソ:ダイビング
  • 550ペソ〜:水中カメラを貸してくれます。

サウスバスターミナルへ向かう

サウスバスターミナル

※午前4時のバスターミナルの様子。

オスロブ行きのバスが出ているのは、セブ島にあるサウスバスターミナルです。ここから様々な方面へのバスが出ているターミナルです。タクシーで「サウスバスターミナル」と伝えれば良いでしょう。

一応、メーターを動かしているか確認しましょう。

到着時に、バスターミナルの中に入るか?と聞かれるので、入ると答えるとプラス10ペソと言われます。よくわからないシステムなので、バスターミナルの外で降りても問題ありません

外で降りるとバスターミナルの入り口の前、中で降りると、タクシー降り場のようなところで降ろされます。

サウスバスターミナルでのバスの乗り方

サウスバスターミナル

サウスバスターミナルには切符売り場などはありません。バスがいくつか並んでいるだけです。では、どうやって切符を買うのでしょうか。

ここサウスバスターミナルではバスに乗って車掌が来たらお金を払うシステムです。

オスロブに行く場合はとりあえずバスの近くにいる人に話しかけ、「オスロブ、オスロブ」と言っていれば、オスロブ行きのバスを教えてくれます。

乗る前に値段を確認しましょう。私の場合は177ペソとのことでした。

エアコンバス

エアコン付き、窓付の2列シートでした。バスの座席は防水シートでカバーされており、思ったより綺麗です。バスのランクによって値段が異なります

  • エアコンの有無
  • 窓の有無
  • シートの数

いくつかバスが停まっているので、バスの様子を見て、気に入ったバスに乗りましょう。

バス料金の支払い

バス料金の支払い

バスが走り出したら車掌さんが来ます。目的地を聞かれたら、ここでも「オスロブ」と答えましょう。

料金は事前の確認通り177ペソでした。

バスチケット

※オスロブまでのバスのチケット

オスロブへ向かう

オスロブへ向かう途中

セブからオスロブへ行く道路はだいたいは舗装されていますが、道中のバスはかなりガタガタ揺れます。舗装されていない道もあります。

また、途中からバスをタクシーのように止めて乗ってくる人もいるので、ちょこちょこバスが止まります。

道路が片道一車線で山道をガンガン飛ばしますので、まあまあ事故も多いようです。フィリピン人はスピードを出しすぎる傾向があるようです。

今回は所要時間3時間ちょいでオスロブに着きました。

遅めの時間に出発すると渋滞に巻き込まれて時間がかかる場合があり、4時間程度かかることもあるので、3時間〜4時間を想定しておけば良いでしょう。

まとめ

今回はセブシティから自力でジンベイザメを見に行く方法ついてご紹介しました。

セブの人は親切な人が多いので、なんでも聞いたら教えてくれます。自力でたどり着くには英語力は入りません。

  • サウスバスターミナル
  • オスロブ
  • ハウマッチ

これだけ使えればジンベイザメに会いに行くことができるはずです。せっかくの海外なので、ツアーに頼らず自力でジンベイザメに逢いに行く旅も面白いと思います。ちょっと旅をしてみたくなったら、ぜひ挑戦してくださいね!

自力で行くのがちょっと……という方はツアーを利用して見ましょう。

>>セブ島 ジンベイザメの現地オプショナルツアー・アクティビティはこちら

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピンで就職が決まったら?現地採用のあれこれ(給与・待遇)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
坪田佳大

坪田佳大代表取締役 社長

投稿者プロフィール

Guanxi inc.代表取締役社長。
海外を拠点に活動中。日本のヒトとモノを海外と繋ぎます。
経歴:学生時代に海外にて起業。
2012年、海外にてエステサロンを立ち上げ、2013年には中国にてコンサルティング会社を設立。
2014年、Guanxi inc.創業。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る