海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

シンガポール企業の不動産会社に就職!日本人だからこそのメリットや仕事のやりがいについて

  • 公開日:
  • 更新日:
シンガポール

シンガポールで働くと聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか?

多国籍な社員の中で、英語を巧みに操りながら仕事をする姿でしょうか。日本ならではの技術やサービスを浸透させるべく、根気強く交渉するビジネスマンを思い浮かべる方もいらっしゃることでしょう。

もちろん、シンガポールでも業種や職種によって働き方はさまざまです。ここでは、日本とシンガポールの架け橋となる日本人窓口としての私の仕事について、そのやりがいなどをご紹介したいと思います。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

シンガポールでの日本人求人事情

シンガポール

そもそも、シンガポールの企業になぜ日本人が必要なのでしょうか?

在住日本人が多い

それはまず、シンガポールに住んでいる日本人の多さにあります。シンガポールの日本大使館への在留届出者は約3万7千人(2016年10月1日現在)、未登録者も合わせると合計4万人程度ではないかと言われています。

シンガポールに住んでいる日本人向けのサービスを提供する会社はたくさんあります。どちらかといえば英語が得意ではない日本人にとって、日本語対応のサービスはとてもありがたいのです。

日系企業の進出

また、日系企業のシンガポール進出も理由の一つです。

多くの企業がシンガポールを拠点として、周辺アジア・オセアニア地域の支社を取りまとめる体制を取っています。そのため、アジア展開を図る企業のシンガポールオフィスには、自然と人が集中します。

日系企業のアジア進出には、現地の人とのコミュニケーションが必要です。現地の人とのコミュニケーションを円滑に進めるために、日本人窓口としての仕事は一役買っていると言えるでしょう。

このような背景から、日本の企業文化を理解し、英語でのコミュニケーションができる人材の求人がとても多いのです。

シンガポールで日本人として働くことのメリット

ビジネス

私はシンガポール現地不動産会社の日本人顧客窓口の業務を担当しています。日本人顧客に対して物件を紹介することはもちろんですが、

  • 必要書類の翻訳
  • 日本の関連業者とのやり取り
  • 日本人顧客窓口以外の業務

もこなしています。

本来なら別部署が担当する日本の業者とのミーティングのため、日本出張に同行させてもらったこともあります。

いろいろな仕事を任せてもらえる

社内にいる数少ない日本人だからこそ、いろいろな仕事を任せてもらえ様々な経験ができる。これは、日本人がシンガポールで働くメリットなのではないかと思います。

日本のことに興味を持ってもらえる

同僚たちから、日本についてたくさん質問されます。専門的なことはさすがに答えるのに苦労しますが、日本の商習慣や文化や食べ物など、日本について会話できる機会がよくあります

周りの同僚たちみんなが、日本のことが好き!と言ってくれるので、本当にうれしいです。

シンガポールで日本人として働くことのデメリット

怒る

日本人窓口として働く以上、やはり日本語から離れられないのが現実です。シンガポールとの差異を知るために、日本にいるとき以上に日本の制度など細かい情報を調べる機会が増えました。

私の場合は、社内は英語、社外は日本語という環境のため、日本語だけを使って過ごす日もたくさんあります。

日本人が求められるポジションだからこそ日本語とは切り離せないので、英語を使ってバリバリと働くというイメージからは少し遠い働き方であることは確かです。

シンガポールと日本の架け橋としての働き方

デメリットはあるとして、日本にいる以上に日本の素晴らしさを実感できる働き方だと私は思います。

シンガポールの現地事情を把握しながら、現地の流儀に沿って仕事を進める必要があります。また、日本の窓口として日本の情勢の変化などもキャッチする役目も任されています。

つまり、シンガポールと日本、両国の状況を同時に把握することができます

そしてなにより、日本を客観的に見つめることができます。今まで気がつかなかった日本の良いところ・物足りないところなど新たな発見が多く、シンガポールで新鮮な毎日を味わっています。

まとめ〜シンガポールは自分らしい働き方ができる場所

シンガポールの夕日

あなたの想像するシンガポール就職が「日本とはかけ離れた働き方」というイメージであれば、それとは少し差異があるかもしれません。

私の場合は、日本の良いところを客観的に再認識できること、海外にいても日本とつながる働き方ができること、それらのことに喜びを感じています。

シンガポールでの働き方は千差万別です。選択肢がたくさんあり、自分に合った働き方がかなうのがシンガポールだと思います。この記事が、シンガポールでの働き方を考えるヒントになれば幸いです。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【シンガポール求人】シンガポール就職を未経験でもねらえる!転職サイトまとめ

シンガポールで働くには?シンガポール就職したい日本人が日系企業・外資系企業に転職するために

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SinHaru

SinHaru

投稿者プロフィール

30代に突入してから、シンガポール転職に挑戦。
ローカル企業で働いており、在星は2年目。好きな事はお酒を飲む事、新しい場所を探索する事。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る