海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリアの田舎で暮らそう!バンダバーグ生活の魅力5つ

  • 公開日:
  • 更新日:
バンダバーグ

オーストラリアは広大な国です。その中にバンダバーグという、シドニーやブリスベンよりは小さな、でも田舎としては大きな街があります。

バンダバーグは農場がたくさんあることで有名ですが、それと同時にバンダバーグラムというお酒がとても有名です。そのため、外国からの旅行者はもちろん、国内からの旅行者も多いです。

今回はこのバンダバーグの魅力をご紹介したいと思います。

バンダバーグという場所

空港

バンダバーグは、ブリスベンからQLD railという電車で北に約4時間半の場所です。飛行機だと約50分で着きます。ブリスベンからバンダバーグまでは距離にして約360kmです。日本で言えば、大阪から愛知の距離です。

都市からは少し離れた場所なので、電車で来る場合は途中で携帯の電波が繋がりにくいことがあります。電車が進むにつれて、緑ばかりが目に入るようになります。飛行機で来る場合は、下を見ると茶色や緑色の田園風景を見ることができます

自然の多さ

自然

オーストラリアは一般的に自然が多い国と言われていますが、バンダバーグは特に農場で有名な街なので、シドニーやブリスベンなどの都市に比べると自然は格段に多いです。

まず、シュガーケインと呼ばれるサトウキビが豊富で、背丈よりも高い作物の畑がたくさんあります。その他、トマトやきゅうり、ピーマンなどを始めレモンやみかんの木など、数え切れないほどの種類の農場があります。

また、野生の動物にも遭遇することがよくあり、カンガルーやワラビーが住宅街で跳んでいることもあります。そして、なんと道中では車にひかれたカンガルーを見ることも稀にあります。

人の温かさ

バンダバーグは田舎というだけあって、時間が穏やかに流れています。都市に比べるとお年寄りの方が多く、ショッピングセンターでは周りを見渡せば、平日の昼間でもおじいちゃんおばあちゃんが手を繋いで買い物している姿をよく見ます。

バンダバーグにいる人は人懐っこい傾向にあるので、初めて会った人でも気軽に話しかけてくれることが多いです。

また初対面と思っていても実は友人の知り合いだったという事も度々あり、世界がかなり狭いのがバンダバーグです。ですので一般的に優しい人が多く、例えば手伝ってほしいことがあれば、協力してくれることもよくあります。

実際に、以前オーストラリア人が私を手伝ってくれたことがあります。

職場のセキュリティーの為に防犯ブザーを探していたときに、一緒に店に行ってどれが良いか選んでくれて、取り付けまでしてくれた人がいます。ちなみにその人は、職場の同僚ではなく友人です。

その他にも修理屋を呼んだときに予定以外の所を頼んでも、サービスで見てくれたこともあります。

野菜の美味しい街

野菜畑

バンダバーグは野菜の農場がたくさんあります。都市では、配送されてきた作物をスーパーで買うというのが普通です。しかしバンダバーグでは、ストリートショップのように道にテントを張って野菜を売っている人もいます。

形が少し悪いこともありますが、スーパーで買うよりも値段はかなり安く、そして新鮮です。

またバンダバーグにはサンデーマーケットと言って、日曜日の午前中のみに開くフリーマケットのような店があります。一般人が敷地に店を出して、いろいろなものを安く売ります。

本当に売られているものの種類が豊富で、新鮮な野菜や果物はもちろん、キッチン用品や食器、服やアクセサリーが売られています。

日曜日にスーパーに行く予定なのであれば少し早くに起きて、野菜や果物は値段が安く新鮮なものが売られているサンデーマーケットで買うことをおすすめします。

ただし、ほとんどの店が現金のみの受付です。小銭で払わないと、大きいお札だとお釣りがないこともあるので注意が必要です。

静かな街

畑

シドニーなどの都市部だと夜中まで開いている店も多く、夜通し賑やかなこともたくさんあります。

しかしバンダバーグは静かでのどかな場所です。ほとんどの店は夜6時前後に閉まり、スーパーは9時までです。週末だとスーパーでさえ夕方5時に閉まるので、少し不便なこともあります。

バスの運行に関してはエリアにもよりますが、一般的に午後3時頃までしか運行しておらず、土曜日だと午前中のみ、日曜日だと運行しないエリアも多々あります。

なので、ほとんどの人が車を持っています。お年寄りの方も普通にたくさんの方が運転します。

このようにほとんどの店が早くに閉まるので、夕方以降はみんな家でのんびり過ごしたり、知り合いの家でパーティをして過ごします。夜の町には、人があまりいません。

おすすめスポット

基本情報

  • 名称:Bundaberg Rum Distillery(バンダバーグラムディステラリー:ラム工場)
  • 住所: Hills St, Bundaberg East QLD 4670
  • 営業時間:月曜日〜金曜日10:00~17:00 土曜日〜日曜日10:00~16:00
  • 電話番号: (07) 4131 2999
  • 公式サイト:https://www.bundabergrum.com.au/

  • 名称:Shalom Markets(シャロンマーケット:サンデーマーケット)
  • 住所:4670 Bundaberg, Queensland 9 Fitzgerald Street
  • 営業時間:6:00~12:00
  • Facebook:https://www.facebook.com/

まとめ

田舎の街バンダバーグはどうですか?都市と違って静かなバンダバーグの街は人も温かみがあり、野菜も美味しい、運が良ければ野生のカンガルーにも会えるとても魅力的な街です。

騒がしい都市での生活に疲れた人にとって、バンダバーグでの生活は静かで落ち着くものだと思います。この魅力的な街で疲れた心身を癒しましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

maimai

投稿者プロフィール

就労ビザ保有。オーストラリアのバンダバーグ在住

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る