海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

初めてのコロンビアには何を持っていくべき?必須の持ち物とは

  • 公開日:
コロンビア

現在、私はコロンビアに語学留学をしています。留学前、何を持っていったらいいのか、ものすごく悩みました。初めての海外でしたし、不安でいっぱいだったので、出発ギリギリまで荷造りをしていました。

ネットで調べたりもしましたが、コロンビアについての情報はほとんど無いに等しかったです……。ということで、今回は、コロンビアに持っていくべきものを紹介していきたいと思います。

日本から持っていくべき必須アイテム

持ち物

まずは、パスポート、携帯電話、お金など、このあたりは海外に行く場合の必須アイテムですね。では、私が個人的に必要性を感じたコロンビアでの必須アイテムをご紹介します。

日焼け止め

コロンビアは日差しがとても強いので、日焼け止めを塗らないと、特に最初はすぐに皮がめくれてしまいます。慣れてくるとそうでもないみたいですが、着いてすぐは男性の方も塗っておいたほうがいいと思います。

日焼け止めはコロンビアでも売っていますが、とても高いです。私が試したものは伸びが悪く、ベタベタしました。使うなら日本から持っていった日焼け止めのほうがいいと思います。

また、日焼け防止のアームカバーや帽子、サングラスなどもあればいいですね。

虫よけグッズ

首都ボゴタはそうでもないのですが、私の住んでいるカリという地域では蚊が非常に多いです。もちろん刺されないに越したことはないですが、刺されてしまったときのためにムヒを持っていくといいでしょう。押すだけノーマットは特に便利です。

日本人の血はおいしいらしく、よく刺されます。私は日本でも刺されやすく、すぐに腫れてしまう体質だったので、あらかじめ皮膚科で薬をもらってから渡航しました。

日本から持っていきたい食品

食べもの

コロンビアに来てから半年が経ちましたが、やはりいまだに恋しくなるのが日本食。もちろん日本食レストランはありますが、高いんです……。となると、家で作ってみるわけですが、材料をそろえるのがまた大変。

ここで、個人的に日本から持っていったほうがいいと思うものを紹介します。

実際に日本から持っていったもの

私は出発前に友達からもらったみそ汁(インスタント)、ふりかけ、だしをコロンビアに持っていきました。特にだしは大活躍です。

味噌は売っていますが、私が試したのはブラジル製で、味が少し違います。だしも売っていますが、どちらも普通のスーパーではなく、日本食専門店に行かないとありません。

調味料

日本食を作るにあたり特に必要なのが、醤油、みりん、酒ですね。コロンビアでもこれらは売っていますが、やはり高くつきますので、持っていくことをおすすめします。

醤油はどこのスーパーでも置いていますが、真っ黒なので、料理に使うと全体的に色が黒くなってしまいます。また、味も少し違います。みりんと酒は日本食専門店に行かないとないと思います。

私が今ほしいなあと思うのは、カレールー、めんつゆ、ポン酢、すき焼きのたれ、焼肉のたれ、かつおぶしなどです。日本食専門店にはありますが、高いのでなかなか手が出せません。

液体類はやはり重くなりますし、日本から持っていけるのはせいぜい醤油一本くらいでしょうか。かつおぶしは大量に業務スーパー、大型店などで安く手に入るので、おすすめします。

日本とコロンビアの物価比較

お金

実は日本より高い!?

私は渡航前、コロンビアの物価は安いと聞いていたので、なんでも日本より安いものだと思い込んでいました。しかし!!そうではありませんでした。特に、百均で手に入るようなキッチン用品、小物などは断然日本のほうが安いんです。

コロンビアにも百均のような店はあるんですが、やはり日本の百均のほうがかわいいものが多いし、質もいい気がします。「えー!こんなの日本なら百円なのに……」という値段のものもよく見かけます。

ショッピングモールなどで買うと、文房具、服、日用品などは日本と同じくらいか、高いときもあります。日本のほうが質もいい場合もあるので、極力持っていくことをおすすめします。

私は、生理用品、歯ブラシ、コンタクトは一年分持参しました。特にコロンビアの歯ブラシは大きくて使いづらいです。

安く買える商店街セントロ

セントロと呼ばれる商店街のようなエリアを知っていますか?そこでは、服、靴、携帯電話、電気製品など、なんでも格安で売っています。

AdidasやNIKEなど多くの有名メーカーのTシャツや靴が並んでいるように見えますが、実はこれらはすべて偽物です。コロンビアはコピー商品が非常に多いので、注意してください。

それでもいいという方なら、いくらでも安く買うことができます。特に私のおすすめはRay-Banのサングラスです。(もちろん偽物ですが、本物と全く見分けがつきません)

セントロに外国人だけで行くと、ぼったくられる可能性が高いのでコロンビア人と行くといいでしょう。

コロンビアで持っていると便利なもの

空港

旅行時にあると便利なもの

コロンビアは地域によってとても寒かったり、暑かったりと気候は様々です。そこで大活躍するのがユニクロのウルトラライトダウンです。寒い地域に行く場合は、軽くてコンパクトで温かく、とても便利です。

国内旅行ではよく夜行バスが使われます。しかし、なぜかそのバスの中がいつもとても寒く、そんなときにもウルトラライトダウンはおすすめです。使い捨てカイロなどもいいですね。

そして、何と言っても便利なのがネックピローです。夜行バスの中だけでなく、日本からコロンビアへの道中でも、とても役に立ちました。

飛行機やバスの中はよく乾燥するので、マスクもあるといいと思います。私は旅行時、マスクとむくみ解消の靴下をいつも持ち歩きます。

旅行用サイズの小さいシャンプーとリンスのセットも日本から持っていくといいと思います。コロンビアにもあるにはあるのですが、なかなか探すのが大変です。

入浴用品

聞くところによると、南米地域には洗顔石鹸はほとんど売っていないそうです。私もコロンビアに来てから大型スーパーで探しましたが、やはり置いていませんでした。

あったとしても、日本のようにたくさんの種類があるわけではなく、世界的に有名な会社のものばかり。それもすごく高いので、やはり日本から持っていくことをおすすめします。

また、洗顔ネットは洗顔石鹸の節約に繋がりますので便利です。百均で購入していくといいでしょう。女性の方は、メイク落としも同様に高くつきますので、日本で大量購入しておきましょう。 

コロンビア人へのお土産

お土産

コロンビアではお土産という習慣はないので、なくても問題はないのですが、プレゼントすると喜ばれるものを紹介します。

お酒

コロンビアではビールと、アグアルディエンテという焼酎のようなお酒がよく飲まれています。日本にある果実酒やカクテルといった飲みやすいお酒は、一応コロンビアにも少しはあるのですが、やはり高くついてしまいます。

そのため日本のお酒はとても喜ばれます。コロンビア人は日本人よりもお酒が強く、お酒好きが多いです。

特に梅酒やゆず酒などの果実酒は珍しいのでおすすめです。私は小さめの紙パックのものを持っていきました。瓶よりも軽いので持っていきやすいです。

百均の小物

日本文化が好きだというコロンビア人は意外と多く、お箸や折り紙、小銭入れやキティちゃんのポーチなど、百均の小物は喜ばれます。

小分けにできるお菓子もいいですね。ポッキーや、きのこの里などかわいいお菓子はとてもウケます。コロンビア人に何かお返しやお礼をしたいときなど、プレゼントにしてみてはいかがですか?

コロンビアに持ってきたけどあまり使っていないもの

まずは、虫よけスプレーです。最初はもちろん必要なのですが、慣れてくるとそんなに使いません。それにコロンビアにも虫よけグッズはありますので日本から大量に持っていく必要はありません。

次に、「冷えピタ」です。風邪をひいたら必要!と思っていましたが、私の住んでいる地域は暑いためなのか、あまり風邪をひくことはないようです。実際私は一度もひいていません。

最後に、女性ならではのタンポンです。友達とプールに行くときなどによく使うと先輩に言われて持っていきましたが、いまだに一度も使ったことはありません。

プールはたくさんありますし、川に入る機会もあるのですが、そんなに頻繁ではないので…。帰る前に売るか友達にプレゼントして帰ろうと思います。

日本から荷物を持っていくときの注意点

空港

みなさんご存知だとは思いますが、海外の飛行機ではスーツケースを投げたりなど、荷物の扱いが雑です。

私の知り合いはコロンビアに着いたときにスーツケースの足がとれたり、バンドがなくなったりしていました。なので、中のものが破損しないように、荷造りはしっかり行いましょう。

私の失敗談

私は日本からの出国時、スーツケースを二つ持って空港に行きました。そこで荷物の重さを量ったところ、なんと規定をオーバーしていました

幸い、そのときの係のお兄さんが優しかったので見逃してもらえましたが……。出国時はきちんと荷物の重さを量ってから行きましょう!

また、コロンビアに着いたときは、蓋の締めが甘かったのか、ムヒの中身が漏れていて、残念ながらその一本を捨てることになってしまいました。

また、化粧品のほうも液体ファンデーションなどが蓋にたくさんたまっていましたので、蓋はしっかりと締めるようにしましょう。

私流の荷造り

まず、私は極力、中のものが動かないようにぎっちり、コンパクトに詰めることを心がけました。

  • 紙パックのお酒は袋に入れて漏れないように。
  • 袋詰めのお菓子は口を少し開けて空気を抜く。
  • 衣類、生理用品、タオルなどは分けて圧縮袋に入れる。
  • 大量購入した日用品はジッパーバックに分けて入れる。
  • 靴類はシャワーキャップを使ってまとめる。

など、当たり前のことですが、特に液体類に関しては細心の注意を払ってください

まとめ

持ち物は人それぞれだとは思いますが、よかったら参考にしてみてください。コロンビアに長期滞在される場合は、日本から送れるもの、送れないものをきちんと調べてから直接持っていくものを考えたほうがいいです。

私はあまり調べずに、何とかなると気軽に考えてコロンビアまで来てしまいました。洗顔石鹸では困り、母に送ってくれるよう頼んだのですが、結局送ってもらえませんでした。郵送を禁止されているからです。

荷造りは本当に大事です。忘れ物のないように、荷造りの段階からきちんと計画を立てましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る