海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アイルランドのコンセント、プラグタイプ、電圧は?日本で買うべきもの

  • 公開日:
コンセント

アイルランドへ長期で住むことになったら、日本からスマホやパソコン、ヘアドライヤーなどの小さな電化製品は持って行こうと思っている人が多いですよね。

しかし、アイルランドのコンセントや電圧は日本と異なります。アイルランドで日本の電化製品を使うには、変換プラグや変圧器が必要です。

今回は、アイルランドのコンセント・電圧事情とともに、日本から買ってきた方がいいものを紹介します。

アイルランドのコンセントとは

コンセント

コンセントタイプ

アイルランドのコンセントは差し口が3つあります。1つ1つは日本のコンセントより長めの長方形で向きも日本のものと違うので、当然日本の電源プラグはそのまま使えません。

日本の電源プラグはAタイプで、アイルランドはイギリスと同じBFタイプです。ですので、日本の電化製品を使いたいときは、変換プラグが必要になります。

旅行好きにはマルチ変換プラグがおすすめ

アイルランドからヨーロッパ各国へはとても気軽に旅行へ行くことができます。航空券も10,000円以下で購入できますし、2時間くらいで行ける場所がたくさんあります。しかし残念ながら、コンセントの形は国によって違います。

そこで活躍するのがマルチ変換プラグです。日本のAタイプとアイルランドのBFタイプだけでなく、フランスやドイツのC/SEタイプなど色々なプラグの形に組み替えできるので、旅行へ行こうと思っている人にはとても便利です。

アイルランドの電圧

電圧

電圧

アイルランドの電圧も日本と違います。変換プラグを買ってコンセントに差し込めるようにはなっても、電圧が違うと使えません。もしくは、電化製品自体が壊れてしまいます。

日本の電圧は100Vですが、アイルランドは220〜240Vと日本より電圧が高いです。ですので、プラグをコンセントに差し込む前に必ず電圧をチェックしましょう。

最近のスマホやパソコン、タブレットの充電器は、上記の写真のように100〜240Vとどの国にも対応しているものがほとんどです。

対応していることが確認できたら、やっとコンセントに差し込めます。充電器以外の電化製品は対応していないものが多いので、その場合は変圧器が必要です。

変圧器は日本でもアイルランドでも買えますが、値段の幅が大きく、使える電化製品と使えない電化製品なども細かく分かれており複雑です。

日本で買うべきもの

コンセントプラグ

変換プラグ

スマホやパソコンは自分のものを日本から持って行きたい人がほとんどだと思います。アイルランドに着いてすぐ使えるようにするためにも、変換プラグは日本で用意した方がいいです。

マルチ変換プラグならアイルランドででも買えますが、慣れない土地で慣れない言葉を使って買い物をするよりは、日本で買ってきてしまった方が安心です。

購入場所は、電化製品のお店、オンライン、空港が主な場所です。楽天やアマゾンなどオンラインショッピングなら、1,000円前後とお値打ちです。

また、マルチではなく、単にAタイプからBFタイプに変換するだけのものなら100円前後で出ています。

変圧器

変圧器も日本で買った方がいいです。変換プラグと違い、変圧器は様々なタイプがあり対応している電化製品も違うので、日本語でちゃんと説明がわかる方が間違いがありません

変圧器は電圧を変えるだけでなくW数も関係してくるので、4,000円前後の変圧器だとW数が高いヘアドライヤーやヘアアイロンには対応できず、スマホやパソコンの充電器にしか使えないものがほとんどです。

そうかと思えば、同じくらいの値段でヘアドライヤー専用のものもあります。しかし、ヘアドライヤー専用でも温度調節ができるタイプは使えないなど、かなり細かく用途が分かれていて、なかなか複雑です。

どんな電化製品でも使えるような大容量の変圧器は、10,000円以上と高く、とても重いです。炊飯器やホットプレートなど大きめの電化製品を使いたい場合は必要ですが、そうじゃない場合には高過ぎる買い物になってしまいます。

変圧器を購入する場合は、自分の使いたいものと変圧器の容量が合っていることをしっかり確認しましょう。

海外対応電化製品もおすすめ

炊飯器 

海外対応の電化製品

私がおすすめしたい方法は、変圧器を買うより海外対応の電化製品を買ってしまうことです。

海外対応の電化製品は、スマホの充電器のように100〜240Vまで対応できるように作られているので、日本でも海外でも変換プラグさえあれば使うことができます。

どうしても今まで自分が使っているものを持って行きたい場合は変圧器を買った方がいいですが、そこまでこだわりがなければ、ものによっては海外対応の電化製品も変圧器と同じくらいの値段で買えます

女性の場合は、ヘアドライヤーやヘアアイロンを日本から持って行きたいと思いますが、安いものなら3,000円くらいで海外対応のものが買えます。男性の場合は、シェーバーも海外対応の充電器が付いたものが3,000円くらいから購入可能です。

炊飯器は現地調達も可能

駐在など長期でアイルランドで暮らす場合は、炊飯器も欲しくなります。炊飯器も海外対応のものがたくさん販売されています。日本でも買えますし、アイルランドに来てからもアマゾンUKなどオンラインで買えます。

ご飯の炊け具合に少し違いがありますが、アイルランドでもティファールなどのブランドからスロークッカー(Slow cooker)が販売されています。スロークッカーでもご飯が炊けますし、値段も日本の炊飯器よりかなり安いです。

ちなみに私は、一時帰国のときに日本の空港で海外対応の日本製の炊飯器を買いました。

スマホを充電する方法

スマホ

さきほども触れましたが、スマホやパソコンの充電器の電圧は海外でも使えるものが多く、変圧器を別に用意する必要はありません。

そして、最近の充電器は電源部分とケーブルが取り外しでき、ケーブルはUSBケーブルになっています。ですので、変換プラグ1つあればいくつか同時に充電することもできます。

変換プラグを使ってパソコンを充電しながら、パソコンにUSBケーブルをつなげてスマホが充電できます。

テレビにもUSBポートがある場合がほとんどなので、テレビにUSBケーブルをつなげればスマホも充電できちゃいます

テレビを使用する場合は、コンセントに直接差し込んで充電するよりも時間がかかってしまったり、テレビの電源をつけたままじゃないと充電できない機種もあったりしますが、なんとかやりくりできます。

まとめ

今やスマホは必需品ですよね。きっとほとんどの人が日本から持って行くでしょう。スマホやパソコンの充電器はほとんど海外対応ですので、変換プラグだけは必ず用意してくださいね。

変圧器は買ってもいいですし、ヘアドライヤーやシェーバーなら海外対応の電化製品を買ってしまってもいいかなと思います。新たにアイルランドで買うことだってできますしね。

変圧器だけは複雑ですがあとは特に難しくはないので、日本で準備できるものは準備して、快適なアイルランド生活を送ってくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る