アメリカでお仕事、パートタイムだけど英語が話せないと仕事が見つからない

アメリカで仕事

今回は夫のアメリカ転勤について行った岡田さん(40代女性)にアメリカでのお仕事についてお聞きしました。

仕事はアメリカのリサーチ会社での事務です。仕事を始めたきっかけは、夫の給料が減ったこと。求人を探すもアメリカでは、英語を話せないとパートタイムの仕事でも探すのが難しく苦労します。

アメリカで仕事をする(パートタイムを含め)をするメリットとデメリットをご紹介します。

仕事を始めたきっかけは、夫の給料が激減したこと

アメリカで仕事

アメリカへは駐在員の妻として行ったのですが、派遣期間が終わると、夫の雇用形態がアメリカ駐在員から現地採用に切り替わりました。現地採用では給料がガクンと減ります。

アメリカで働く日本人の採用形態には、大きく分けると2種類あります。一つ目は駐在員、もう一つは現地採用です。

  • 駐在員は、簡単に言えば給料がかなり高く、手厚い待遇。
  • 現地採用は、給料が普通、待遇普通

アメリカの生活費は日本と比べて高いので、生活していくために職探しを始めたのが、アメリカで仕事を始めるきっかけになりました。求人の探し方は友人の紹介です。

英語力は日常会話程度ですが、友人伝いに求人見つけることができました。

メリット1、フレックスなので、育児と両立できる

現在はアメリカのリサーチ会社でパートタイムとして働いています。求人募集されている仕事はフルタイムでの仕事が多いですが、パートタイムの仕事も少ないですがあります。

フルタイムは医療保険など福祉が充実しているため、ほとんどの人がフルタイムを選びます。

 

パートタイムを選んだ理由

  1. 保険は主人の扶養家族扱いのため必要ないこと
  2. フルで働くと長時間労働のために子供の学校イベントに参加しづらくなること
  3. 家族を優先したいこと

上記の理由よりパートタイムを選択しました。

親は暇さえあれば子供の学校に顔を出してパーティーのセッティングや化学のコンペでチームに教えるといった、いろいろなボランティアをします。アメリカではボランティア活動が非常に盛んなのです。

お母さんだけでなくお父さんもよく参加していおり、家族を最優先している印象です。パートタイムのお仕事だと勤務時間を自分で決めることができ、学校行事やボランティア活動に積極的に参加できることがメリットです。

メリット2、だらだら仕事をしない

日本だと就業時間終了した後でもサービス残業が当たり前の風土ですが、アメリカでは、そのようなことをしたら会社が訴えられます。会社員の多くが家族や趣味の時間を大事にしますので、仕事が終わるとさっさと帰宅していきます。

  • どうしたら効率的に仕事を勧められるのか
  • どうしたら早く仕事を終わらせられるか
  • 夜は家族と何をして過ごそうか

をアメリカ人はいつも仕事中に考えているような印象です。

夜は午後6時には仕事が終わるので、朝は8時から仕事開始です。そして、昼食時間ですが、建前上は存在するものの、ランチのサンドウィッチ片手にパソコンに向かって仕事をする光景は珍しくありません。

デメリット1、英語が堪能でないと、就職は難しいこと

まず、アメリカで働く場合は英語が話せないと仕事を見つけるのが難しいです。発音がネイティブでないために、比較的経験を必要としない事務職でも就職が難しいのが現状です。

事務職は電話対応も仕事のうちの一つですから、発音がすべてとなります。そして、日本人が得意とする丁寧さも、こちらではあまり必要とされません。

日本の知識を必要とする仕事につくことができましたが、日本で会計業務など勉強してなかったことが悔やまれます。あまり知られていませんが、アメリカ人は一般的に数字に弱いのです。

もし、アメリカで仕事をしてみたいのであれば、会計の知識を身につけておくといいかもしれません。もちろん英語が話せるのが前提条件になります。

アメリカでの休日の過ごし方

私の場合はすべて子供一色です。こちらでは車がないと生きていけれませんので、習い事の送迎は親かシッターがします。子供が3人いるので、家と習い事先を行ったりきたりしています、その間に夕飯作りです。しかし、車ばかりですので、運動不足になります。

アメリカでは多くの人が午後6時ぐらいには仕事を終えることができるので、ジムに直行し1時間ほど汗を流すという生活スタイルのアメリカ人もいます。

また、みんなで集まり騒ぐのが好きな国民性なので、夜や祝日にインドアサッカーをやっています。

まとめ

いかがでしたか?

アメリカでは、サクッと仕事を開始し、サクッと仕事を終えます。アメリカ人はプライベートや家族を大事にするので午後6時には帰宅です。日本の会社とは違ったライフスタイルですが、一度経験してみてください。

もちろん、アメリカで仕事をするには英語が必須ですが、働いてみると面白いですよ!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. タイのコンビニ
  2. ニュージーランドは出産費用が無料
  3. 行動力
  4. マレーシアで海外就職、気になる仕事や給料相場
  5. ジャカルタのSKYE
ページ上部へ戻る