超絶人気スポット「ナイアガラの滝」って実際どうなの?アメリカ側から観光してみた

アメリカ側から見るナイアガラの滝

「ナイアガラの滝/Niagara Falls」は別名「虹色の滝/Rainbow Falls」ともいわれ、日本人がアメリカ旅行に行く際に「ここだけは外せない!!」と思うスポットベスト5には必ず入っているような超絶人気観光スポットです。

本当のところナイアガラの滝はどうなのでしょうか?

今回はこのナイアガラの滝を実際にアメリカ側から見てきたので、ご紹介します。

ナイアガラの滝はどこにあるの?

アメリカ側から見るナイアガラの滝

ナイアガラの滝は五大湖であるエリー湖とオンタリオ湖の間にあるナイアガラ川にあります。

カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とをはさみ、アメリカとカナダの国境でもあります。

ナイアガラの滝に関する基礎知識

ナイアガラの滝

12000年以上前の氷河時代に形成された地形です。五大湖の水量が集まり、湖から湖へと流れながら大西洋へ繋がっていく途中にあります。

17世紀頃ヨーロッパの人々に発見され、18世紀以降は観光地として開発されて現在に至ります。

なんと観光客の90%はアジア人

ナイアガラの滝

毎年1400万人の観光客が各国から訪れるスーパーミラクル人気な観光スポットです。

今までに2回アメリカ側から行ったことがありますが、いずれも観光客のほとんどがアジア人でした。

印象としては90%くらいでしょうか。すごい割合ですよね。中国系やインド系の方々が多いです。

とにかく水量には圧倒される!

ナイアガラの滝

アメリカ側からのみの滝をみた感想になりますが、とにかく水量には圧倒されます。

横に広がる「アメリカ滝(落差21〜34m、幅260m)」と細長い形からその名がついた「ブライダルベール滝(落差55m、幅15m)」の2つの滝を楽しむことができます。

ナイアガラの滝観光のハイシーズンは夏です。冬に行くと極寒なので注意してください。マイナス20度なんてことも……

滝壷を見る以外のレジャー

観光地化が進んでいるため、滝を見る以外にもこのような楽しみ方があります。

ハイキング

ナイアガラの滝でハイキング

ナイアガラの滝周辺にはハイキングコースが8つあり、天候や体調に合わせて様々なハイキングを楽しむ事ができます。

得に夏期は森林と湖を両方満喫できるので人気です。

滝壺とはまた違った北アメリカ大陸の大自然の迫力を感じたい方にはおすすめです。

公園散策

ナイアガラの滝で公園散策

Great Lakes Gardenという五大湖の形に整備された公園がアメリカ側のナイアガラの滝に沿ってあります。

マイナスイオンを浴びながら、公園をゆっくり歩くのもリラックスできるかもしれませんね。滝壷を見るついでに気軽に歩いて回れます。

映画も観られる

ナイアガラの滝で映画鑑賞

ビジターセンターと同じ建物内にNiagara Legends of Adventure Theaterという映画館があり、30分の映画鑑賞ができます。

ナイアガラの滝の歴史を学ぶとともに、スリリングな映像も楽しめます。疲れてひと休みしたい時にもいいかもしれませんね。

  • 大人12ドル
  • 子ども(6-12歳)8ドル
  • 5歳以下無料

食事をするところがほとんどない

ナイアガラの滝で食事

残念ながらアメリカ側のナイアガラの滝周辺はほとんど食事をする場所がありません。

あったとしても、ジャンクフードや日本にもあるチェーン店しかなくわざわざ食事をしたいと思えるレストランは皆無といってもよいでしょう。

また観光地価格なので、チェーン店でも価格設定は他の店舗と比較し高いです。

夏のハイシーズンを除き、周辺も閑散としています。夜遅くに出歩いてレストランで食事を楽しむというような環境ではありません。

いいホテルもあまりない

ナイアガラの滝にあるホテル

モーテルや、チェーン系ホテルは観光地なのでもちろんあるのですが、対価にあったサービスがあるかというと疑問です。

観光地のため仕方が無いのかもしれませんが、わざわざナイアガラの滝をみるために宿泊するのは時間もお金ももったいないように思います。

カナダ側に泊まった方が金銭面でお得

ナイアガラの滝

現在(2016年4月)カナダドルが安いので、宿泊をする場合は国境を渡り、カナダ側に泊まった方がお得です。

また、レストランもカナダ側の方の選択肢が多いのも事実です。

ナイアガラの滝を満喫する旅行を計画する場合は活動拠点をカナダ側にした方が後悔しないはずです。

なぜそんなに人気???

ナイアガラの滝

とにかく誰もがその名を知っている「ナイアガラの滝」

アメリカ人気観光地ベスト5にはいつも入っているのではないでしょうか。

しかし率直な感想をいうと、もし旅行日程が1週間しかないようなアメリカ観光旅行であれば、1日以上をここに使うような計画を立てるのは個人的にはおすすめ出来ません。

1日、場合によっては2日潰れてしまうことを考えるとその価値があるかは疑問です。その分の時間とお金をニューヨーク観光に使った方が充実した旅行ができると思います。

カナダ旅行でトロントやケベックの観光と抱き合わせでナイアガラの滝観光するのであればまた変わってくるかとは思います。

アメリカ側からのアクセス

ニューヨーク州にあるのでニューヨークから近い印象を持っている方も多いかもしれませんが、実際ニューヨークシティーからは車で4時間以上かかります。

飛行機でニューヨークからバッファロー空港に行き、そこから車やバスでナイアガラの滝に向かうのが一般的です。

ニューヨークの観光と一緒にナイアガラの滝観光も行きたい場合は少なくとも1泊2日は余分に日程を確保する必要がありますのでご注意ください。

まとめ

ナイアガラの滝

いかがでしたか?

今回は滝を船に乗って体験できるクルージング等に参加しなかったので、またそういったツアーに参加すると印象は変わるかもしれません。

「ナイアガラヘリコプター」という空の上からナイアガラの滝を楽しむ方法もあるので、チャレンジしてみたい方は是非どうぞ!

おすすめ記事▷

  1. ニューヨーク在住妻が選ぶアメリカおすすめのお土産厳選10選
  2. そうだ、カナダに行こう!陸路でアメリカとカナダ間の国境を越えてみた
  3. 年に一度アメリカ中が緑に染まる日!St. Patrick’s Dayの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スティーバー 由紀

スティーバー 由紀ライター

投稿者プロフィール

アメリカ人と国際結婚し現在ニューヨーク州北部在住。趣味はサッカー観戦(Premier League Arsenal ファン)・マラソン・ヨガ・アンティーク食器収集・キルト。日本では薬剤師、アメリカでは専らパンばかり焼いています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 中国大連
  2. メコンデルタを馬車で移動
  3. マレーシア
  4. 台湾の昼食
  5. 郵便
ページ上部へ戻る