留学先のイギリス(ロンドン)が気に入り、カメラマンとして海外就職

イギリスでカメラマン

海外留学で留学先が気に入り、現地採用として海外就職をしてしまう人は実は結構いるんです。今回ご紹介する多田さん(男性・36歳)もその一人。

今回は、イギリスで現地採用として活躍してる多田さんにインタビューしました。

イギリスで海外就職をすることになったきっかけ

1年間の留学後イギリスがとても気に入り、しばらく現地に住んでみたくなりました。そこで生活費が必要になったことがイギリスで現地採用として働くきっかけになりました。給料は約20万円程度ですが、生活費の足しになればと思っているので、問題なしです。

また、かねてより写真の勉強・仕事をロンドンやニューヨーク、パリなど海外の芸術文化が盛んな地でやってみたいという希望もありました。

長期滞在先としてはロンドンにしか行ったことがありませんでしたが、英語が公用語であり人種のるつぼであるところに魅力を感じ、海外就職を決断したのです。

イギリスで海外就職!リラックスした働きやすい環境

ロンドンは全体的に東京よりもある意味「ユルい」空気があります。多様な人種が同じところで生活しているので、日本のようにみんなが日本人でその様式にならうと言ったことはありません。

それは職場においても同様で、人種や国籍、性別による違いを持つ人同士が一緒に働くために相手の立場を尊重することが重要になります。

ですので、業務遂行に直接関わる部分以外は自由です。例えばジャケットを着たイギリス人とターバンを巻いた中東の人が並んで働いている姿もたまに見かけます。

イギリスでの海外就職で上達!英語や仕事スキル

イギリスでカメラマン

留学時に学んだ基礎、プライベートの交流から覚えた会話を元に働く場での英語を覚えられたことは、とても貴重でした。上司や同僚との会話もさることながら、多様なお客様と話をすることにより、英語力はどんどん伸びて行きます。

写真の仕事においては、より表現力が求められる場合が多くスキルの上昇に繋がったと思います。具体的にはライティングや人物の表情・ポージングにより個性を求められると言えます。

イギリスでの海外就職から学べる!同僚やお客様から世界を垣間見る

上司や同僚と接していると、仕事のやり方が日本人と異なることに気づきます。上手に手を抜くことが比較的重要視されるので、やり過ぎは評価されません。

もちろんサボっているのは論外ですが。ランチタイムはないか、あっても30分。ただし残業はほとんどなしです。

お客様は実に多種多様で、とてもロンドンらしかったと思います。ロンドナーからスコットランド人、移住してきたヨーロピアンやサウスアメリカン、アジア・中東出身の方々、世界中の人との話は見聞を広めるのにうってつけです。

海外就職から避けられない人種や言葉の壁

ロンドンがいかに寛容であるとしても、そこはイギリスですのでイギリス人が優遇されることも少なくありません。ただし、英語力やコネクションのことを考えると正当評価とも言えます。

また本人たちもそれを熟知しており、職場での立場が同じ人間でも本国の人間として振る舞う部分があります。具体的にはチャンスが与えられやすかったり、イヤな仕事を振ってきたりします。

そして、どの国の人間がどのぐらいいるかと言ったことも、派閥形成に影響を与えます。ヨーロピアンであれば同国出身者も比較的見つけやすく、彼らは母国で話し連体感を強めます。

その際、その言語を知らなければ会話に入ることすら出来ず、彼らの都合のいいように話を進めようとすることもしばしばです。その動きに目をやると言う一手間がかかり、時には介入できないこともありました。

まとめ

いかがでしたか?

イギリスの仕事環境は非常にリラックス雰囲気です。ジャケットを着たイギリス人とターバンを巻いた中東の人が並んで働いている姿は日本では見られない光景ですよね。

言葉や派閥の壁があるのは、どこの国も同じですが結局は自分次第。海外で働きたい気持ちがあれば是非挑戦してみてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

イギリスの障害者施設でボランティア!海外で働くことで得られる3つのこと

学校じゃ学べない、イギリスの大学生活で体験した4つのカルチャーショック

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

 

ヨーロッパで新たしい働き方をしよう

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

スイスで働きたい人必見!スイス就職案内

イタリアで働くのは甘くない!日本人向けの求人はあるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 水道水
  2. ナクチポックン
  3. タイ人とのコミュニケーション
  4. 韓国企業
ページ上部へ戻る