海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

いいことばかりじゃない?!ロンドンで働くための心得

  • 公開日:
ロンドン

ロンドンで働きたいと考えたときに、なぜロンドンがいいのかという理由は次々と思いつくと思います。

その都市が好きだからという人も多くいるでしょう。確かに魅了あふれる街です。歴史的建造物や、美術館、博物館なども多くあり、時間はいくらあっても足りないくらい見どころがたくさんあります。

しかし、どんな場所もいいことばかりではありません。今日はロンドンで働くデメリットについてお話しします。

ロンドンは天気が微妙

道

予報は当たらず、1日の変化も激しい

ロンドンの天気と聞いたときに、多くの人が小雨が降っている曇り空を想像するのではないでしょうか。実際にその通りで、曇りの日は多いです。1年を通して雨も多く、1日の中に四季があると言われるほど天気が変わりやすいです。

そのため天気予報はあまりあてになりません。街を歩く人々は、そんなコロコロ変わる天気に右往左往することなく、突然の雨に傘をさす人はあまりいません。

短い晴天をおもいきり楽しむ

そんなロンドンでも、夏はとても爽やかで暑すぎず寒過ぎず、カラッとしていて最高です。残念なことにその夏はとても短く、あっという間に過ぎてしまいます。

天気のいい日はそれだけで気分がいいものです。ロンドンでは晴れた日が貴重なので、そんな日は多くの人が外に出て、テラス席で食事を楽しんだり、公園を散歩したりします。束の間の晴天をいかに楽しむかが大切です。

ロンドンは家賃が高い

鍵

家賃はお給料の2分の1?

ロンドンの家賃は高騰していて、フルタイムで働いたとしても、お給料によっては一人暮らしは難しいほどです。一般的に、日本での家賃は収入の3分の1を目安とされますが、ロンドンでは2分の1になるとも言われています。

毎月必ずかかるものなので、家賃を抑えられるとかなり生活費が助かるのは確かです。物件によっては、光熱費が家賃に含まれていたりもしますので、家探しのときには、家賃に含まれるものについて、しっかり確認するといいでしょう。

日本での水準は下げるべき

日本と同じ水準の家で暮らしたいと考えている人は、家賃は日本より上がるものと覚悟しておかないといけませんし、新築の家はとても少なく、多くが築年数のかなりたったものであることを覚悟しなければいけません。

一方、ルームシェアに抵抗がない、家が多少古かったり狭くなっても大丈夫!という人にとっては、家探しも楽しめるでしょう。

日本食ばかりというわけにはいかない

料理

日本食材は問題なし

食事は毎日のことです。食べ慣れた日本食をロンドンでも食べたいと思うのは当然のことでしょう。ロンドンには多くの日本食材店があり、調味料から食材まで、ほぼ日本にいるときのように手に入ります

日本食材の専門店だけでなく、中国や韓国系のスーパーの中には日本食材のコーナーがあり、商品によっては値段が安かったりします。掘り出し物を見つけるのも、楽しみのひとつになるでしょう。

日本食の店も多い

日本人が経営する和菓子店(源吉兆庵 https://www.kitchoan.co.uk/)や、パン屋(tetote factory http://www.tetotefactory.co.uk/)、ラーメン店(一風堂 http://www.ippudo.co.uk/)などもあり、日本の味が恋しくなったときにとても重宝します。

そのほか、日本式の居酒屋や、定食の店など、街を歩いていると和食を提供するレストランの多さを感じます。

値段との相談

ロンドンでは日本食材も日本食も、とても手に入りやすいといえます。問題は、その値段が日本で買うときよりも、2倍近くまたはそれ以上の値段がするということです。

自炊で節約を試みても、全部を日本食材でしようとすると、かえって高くなってしまうことも考えられます。セールの日を狙ったり、食生活を少し考え直してみるなどの工夫が必要です。

ロンドンで頻繁に起こるストライキ

バス

交通機関はどれでもありうる

ストライキは日本では滅多に遭遇しませんが、ロンドンではとても頻繁に行われます。飛行機だけでなく、電車やバスがよくストライキを行い、そうすると丸1日運休になったり、ひどいときは数日動かないなんていうこともあります。

会社や学校が休みになることも

おもしろいのは、公共交通機関がストライキを行うからという理由で会社や学校が休みになるときがあることです。ストライキの情報はあらかじめ周知されるので、みな心構えをして、その日を迎えることができます。

不便ではありますが、ロンドンに暮らす人々はそんな状況にも慣れてあまり騒ぎません。同じく電車やバスが数分遅れたなどということは誰も気にしていません。忙しい街ですが、東京では考えられないような落ち着いた雰囲気があります。

旅行に行きすぎて金欠?!

飛行機

ロンドンは交通アクセスがよく、近隣のヨーロッパ諸国に気軽に行くことができます

列車でスコットランドへ気軽に行けますし、国際列車のユーロスターでパリやブリュッセルまでは3時間ほどで到着します。また、空港はロンドン近郊に5つあります。それらにはLCCも多く乗り入れていて、値段も手頃にチケットを手配できます。

とても便利な反面、行ってみたい気持ちがどんどん膨らんでしまって、休暇や週末に旅行三昧になってしまう懸念があります。安いからと言っても、あまりに頻繁に旅行するとそれだけでお金を使いすぎてしまうかもしれません。

まとめ

ロンドンで働くということは、ロンドンで暮らすということです。日本を離れて、どこまで日本の生活と同じように過ごしたいかは人によってさまざまかとは思います。

食生活や家賃の問題など、日々の暮らしに直結する部分をいかにロンドンに適応させていけるかが、ロンドンでの生活を楽しいものにできるかのポイントになってくるでしょう。

憧れだけでなく、現実的な面をあらかじめ覚悟して知っておくことで、「こんなはずじゃなかった」という後悔がないようにできると思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

イギリスで就職活動!イギリスで働くための仕事の探し方・就活の流れ

イギリス就職!イギリスで働きたい人が知っておくべき10のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る