バンコクで安心安全にタクシー乗車するたった2つの方法

バンコクでタクシーに乗車

世界最大の渋滞都市バンコク。そんなバンコクには溢れんばかりのタクシーが走っています。旅行者にはもちろん、長期滞在者も利用する機会が多いタクシー。利用するからには安心で安全に利用したいものですよね。

そこで今回は、そんなバンコクのタクシーに安全に乗車する方法をご紹介します。

残念ながら危険も多いバンコクのタクシー

交通マナーの悪いバンコク。タクシーも例外ではなく、高速道路での速度オーバーや、無理な横入り等は日常茶飯事です。そればかりか、銃の所持が合法となっているタイではタクシー運転手が護身のために銃を携帯しているケースも多いです。

実際にタクシー乗車中の事故や、外国人を狙ったタクシー運転手の強盗事件、お釣りをごまかす等の寸借詐欺やメーターの利用拒否などトラブルは後を絶ちません。

安全に乗車するなら配車サービスGrabTaxiがおすすめ

GrabTaxi

GrabTaxiとは、タイで利用できるタクシー配車サービスです。iPhoneやAndroidアプリにて気軽にタクシーの配車を行う事が可能です。

基本的に利用するタクシーは街中に走っているタクシーと変わりありませんが、GrabTaxi運転手はGrabTaxiによる厳しい面接をクリアした優良ドライバー達なのです。

事前に面接をクリアした登録ドライバー=身元がしっかりしていると言う面で安心して利用する事ができます。もちろんGrabTaxiを利用すれば、タイでありがちな乗車拒否やメーター利用拒否はありません。また個人的にGrabTaxi運転手は、他のドライバーと比べ安全運転を行う印象です。

※メーター金額+25バーツの手数料がかかります。

乗車拒否・メーター利用拒否はしない!ALL THAI TAXI

ALL THAI TAXI

次にご紹介するのは、2015年にサービスを開始した新しいタクシー会社「ALL THAI TAXI(オール タイ タクシー)です。このタクシー会社は「乗車拒否をしない!」「メーター利用拒否をしない!」を明確に掲げているタイでは唯一のタクシー会社です。

短距離だったり、渋滞が激しい時、雨が降っている時などタイでは乗車拒否されるケースが良くありますが、ALL THAI TAXIであれば、その心配はいりません。日本と同じ感覚でタクシーに乗車する事ができるのです。

またALL THAI TAXIではドライバーと乗客との会話を録音しており、ドライバーの不正を許さない徹底した管理を行っています。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

本日はバンコクで安全にタクシー乗車する方法2つをお届けしました。近場の移動はもちろん、料金が安いため長距離移動にも便利なタクシー。

もちろん、流しのタクシー運転手も安全運転で、人の良いドライバーがたくさんいます。あまり気にしすぎては楽しいタイでの生活も窮屈になってしまいます。

しかし、夜間のタクシー乗車や、女性1人での乗車など少しでも不安がある時は、本日ご紹介したサービスを利用していただく事により、大きく安全性は向上します。自己防衛方法はしっかりと学び、楽しいタイ生活を送ってくださいね!

おすすめ

バンコク移住者が教える!タイ移住をオススメしたい5つの理由

バンコクの治安ってどうなの?安全な生活を送るために知っておきたいこと

タイではキレイというのはご法度?タイ語で知っておきたいこと

 

タイお役立ち

タイ生活での必需品、タイの携帯電話会社の特徴を知っておこう!

バンコク版ジュラシックパーク「 ダイナソー・プラネット」が面白い!

仕事に疲れたらここ!バンコクの自然と動物の癒し空間、ドゥシット動物園

 

タイで新しい働き方をしよう

タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)

60代からの海外就職!バンコク(タイ)の日系精密機器メーカーで現地採用になった話

タイ(チェンマイ)で学生の留学支援をする会社で海外就職した話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
橘一休

橘一休ライター

投稿者プロフィール

旅するライター橘 一休(たちばな いっきゅう)です。
日本を飛び出し早2年、タイ王国バンコクを拠点に旬なアジアの情報をお届けします!
「NO TRAVEL, NO LIFE」旅での一期一会を大切に!

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. タイでは毎日が母の日
  2. コタキナバルの南国リゾートホテル
  3. ネパールでの子育て
  4. カンボジアの停電
ページ上部へ戻る