海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

これぞ格安生活!ベトナムのハノイで1か月3万円生活の実態とは

  • 公開日:
  • 更新日:
お金

私は現在、ベトナムの首都、ハノイに住んでいます。ベトナムは日本に比べれば物価がずっと安い国です。しかし日本食料理店に行けば、日本で食べるよりも高いなんてことはしばしば。

私は数年前にもベトナムに住んでいたことがあるのですが、そのときは月に6万円程度のお金を使っていました。

けれども、今の私の生活費はだいたい月々3万円程度です。いったいどのような生活をすると、生活費が3万円になるのでしょうか。今回は現在の、私のハノイでの生活費をご紹介しようと思います。

ハノイで家電備え付けの格安アパートを見つけた!

トイレとシャワールーム

現在、私はアパートで一人暮らしをしています。家賃が月350万ドンでキッチン付きの部屋を見つけることができました。350万ドンは約1万7500円くらいです。

外国人に貸し出す部屋は、キッチンなしで200ドルから300ドルぐらいからが多いので、これはとてもラッキーなことです。

部屋探しにAirbnbを活用

さて、こんな格安の部屋、どのようにしてこの部屋を見つけたか気になりますよね。実は「エアービーアンドビー 」を使って見つけることができました

「エアービーアンドビー」とは宿泊施設の検索サイトです。ホテルやゲストハウスだけでなく一般の人も自分の部屋や家を、サイト上で貸し出しています。

エアービーアンドビーは旅行者のためのサイトなので、1日あたりの宿泊料金が提示されています。私は大家さんと直接交渉し、この家賃に抑えることができました。

この部屋には冷蔵庫、洗濯機、テレビ、衣服などをしまえる棚、炊飯器もついています。以前住んでいた部屋は250ドルで、キッチンなしの部屋でした。格安アパートに住むことによって、生活費をぐっとおさえることができています

安いだけあって作りはローカル

ただ、格安アパートのつくりはとてもローカルです。シャワールームがあるのですが、上の写真のようにトイレとシャワーの間に仕切りがありません。シャワーを浴びれば、床全体がびしょびしょになってしまいます。

さらに洗面台はありません。ドアの下に隙間があるため、多少のゴキブリの侵入も仕方がありません。

大家さんは、外国人にも貸せるよう少しリフォームをしたようですが、正直言って壁なども簡素な感じがして、ローカルな雰囲気を消し去ることができていません。

ローカルな部屋でも自分は大丈夫という人は、ベトナムでかなりお得な物件を見つけることができるかもしれませんよ。

外食も安いが、自炊でもっと節約

ベトナムのローカルな店で食事をすれば、かなり食費を抑えることができます。ベトナムと言えばフォーが有名ですが、ローカル店で食べればだいたい150円ぐらいです。具が色々入ったバケットサンドも1本100円前後。

日本料理のお店で食べると1食で500円以上かかってしまいますが、ローカル店で食事をすれば、3食すべてを外食にしても食費を1日500円で済ますことは十分可能です。

自炊が節約の鍵

しかし私は今、ほとんど自炊をしています。1週間に2、3回外食をしますが、外食費をのぞき自炊にかかる費用はだいたい1週間で1000円ぐらいです。

外食をした場合、1日500円として1週間に3500円かかる計算になります。自炊ならば、これに数回の外食分が追加されても、かなり節約できますよね。

具体的な食材の金額の例をいくつかあげてみると、お米は1キロ100円前後、豚肉100グラムが50円程度、トマトやナスなどは1個あたり数十円といったところでしょうか。

空心菜がとても安く、50円分買えば5人前ぐらいの空心菜炒めが作れます

ハノイの外食事情

ハノイの食べ物

私も外食をしないわけではありません。ハノイで外食をするといくらぐらいかかるのでしょう。

ローカル店のフォーが150円ぐらいと書きましたが、ローカル店ならばそのほかの麺類やご飯類もだいたい150円前後で食べることができます。写真の麺は、「ブンジウクア」と呼ばれるカニ出汁の麺です。これも150円くらいでした。

しかし、有名店のフォーはローカルでも250円から300円。おしゃれなカフェでパスタやランチセットを食べると500円から1000円ぐらいかかります。

飲み会をすると、ローカルな店でやれば一人1000円前後で可能です。日本風の居酒屋で飲み会をした場合、なかなか1000円以内というのは難しいかもしれません。

自転車に乗って交通費ゼロ

自転車

ハノイにはまだ電車が走っていません。主な交通手段は、バイク、バス、タクシーになるわけですが、私は自転車に乗っています。つまり、毎月の交通費はほぼゼロです。

あえてかかる費用があるとしたら、時々自転車の空気を入れてもらうのに1回25円かかっています。

ちなみに自転車は1500円ほどで、中古のものを1台買いました。1度パンクしてしまいましたが、路上に自転車修理屋さんがいるので、100円ほどで直してもらうことができました。

水光熱費と通信費

水光熱費ですが、実は、家賃に含まれています。これも生活費が3万円になる大きな理由です。

残るは通信費なのですが、これもまたほとんどかかっていません。 部屋にWiFiがあり、家賃に含まれてるのです。 ベトナムはWiFiがいたるところにあるため、外出をしても電話回線を使ってのインターネットをほとんどしません

つまり、通信費はこちらからかけたときの通話分の電話料金のみになるわけですが、私はほとんど通話をしないため、これもお金がかかりません。

プリペイドカードを買って電話料金を払っているのですが、1度買うと何か月もチャージしないで済んでしまっています。

以前住んでいた250ドルの家は、水道代は含まれていましたが電気代は別料金でした。また、その当時はラインやFacebookのメッセンジャーがあまり広まっておらず、電話を使うこともしばしばありました。

まとめ

現在、月に3万円で生活できているのは、格安でキッチン付き、水光熱費込み、WiFi有りの部屋を見つけることができたからでしょう。

ベトナム人にこの部屋の条件を話してみると、決して悪い条件ではないようです。「いい家を見つけたね。」と言ってくれます。

ベトナムでの生活費をぐっと抑えたいと考えている方は、条件のいい部屋探しが1番のポイントです。そして、自炊をしたり、ローカル料理を食べたりするのも、お金がかかりません。まずは、いい部屋をがんばって見つけてくださいね。

※1万ドン=約50円(2017年)

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ベトナムで働くには?ベトナムの日本人向け求人と就職・転職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ざわわ

ざわわ

投稿者プロフィール

ベトナム大好きなアラサー女子です。手描き地図作家を目指し、ハノイの地図を作成しています。「ハノイの地図屋さん」を運営中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る