カンボジアで海外就職!4か国語がオフィスで飛び交う環境で働いている話

カンボジアで海外就職

カンボジアで就職。カンボジアでも日本人の人材は求められるようになり、日本人向けの求人も増えてきました。では、カンボジアで現地採用として働くと、実際に得られるものは何なのでしょうか。

今回はプノンペン(カンボジア)で海外就職した肥田さん(27歳・男性)にお話を伺いましたので、ご紹介します。

カンボジアでの求人

カンボジアでの仕事は主に求人サイトで探しました。

実際にカンボジアで仕事を探す場合は、求人の入れ替わりが激しいため、現地入りする前から毎日のように求人サイトをチェックし、気になる会社には連絡する事が大切です。

私は「日本にいるとき」でも「カンボジアへ現地入りしてから」も気になった会社と連絡をとり、返答を頂いた会社から順に面接を受けていきました。

現在働いている会社は日系企業の教育施設です。

カインボジアで海外就職した理由

学生時代にアジア一周の旅をしたことがあり、その時からいつかアジアで働いてみたいなと思っていました。

しかし、なかなか海外で働くタイミングがありませんでしたが、前職に不満があり、転職を決意しました。その後、海外の求人サイトを見たり、アジアで働く若者のブログなどを見て、「自分も挑戦してみたい」と思うようになり決断したのです。

やらずに後悔するのは嫌だったので、とにかく行動してみようと思いカンボジアへ渡りました。

ここが海外就職のギャップ、上下関係が日本よりもはるかに緩い

日本ではどの会社に入っても、上下関係があります。カンボジアでも先輩と後輩という区別をしていますが、私の勤務している会社では上下関係は非常に緩いです。

会社の社員構成もカンボジア人、フィリピン人、シンガポール人、日本人と国籍の異なるスタッフがいますが、年齢もポジションも様々ですが、皆分け隔てなく接している印象です。

日本では必ず上司には敬語でなければならず、接し方なども含め上下関係がはっきりしていますが、少し厳しすぎるかなとも感じます。

その点カンボジアは人間関係のストレスなどはほとんどありません。

カンボジア就職のココがよかった!語学力が身につく

私が勤めている会社では日系企業ですが、4か国語がオフィス内で飛び交っています。

英語、日本語、カンボジア語(クメール語)、フィリピン語(タガログ語)の言語ですが、私はフィリピン語以外はすべて話せるようになりました。

社内でのコミュニケーションは英語で、元々英会話が苦手だったのですが、置かれた状況により自然と話せるようになったのです。

また、社外で使うのはカンボジア語なので、最初はかなり苦戦しましたが、学校に通いながら勉強もしています。

日本にいると母国語以外使用しないので、カンボジアに来て語学力が身についたことは良かったですし、いろいろな人とコミュニケ―ションが取れるのでグローバルな思考になり成長できると思います。

カンボジアの仕事のココに注意!時間が守れないことは多々ある

良く聞く日本との違いだと思いますが、やはり時間に対しては日本ほど厳しくはありません。出勤時は基本的に10分くらいは平気で遅刻しますし、退勤時は5分ほどフライングしてしまうスタッフもいます。日本人の感覚からするとかなりストレスです。

また、スタッフだけでなくお客様自身も時間にはルーズなので、あらかじめ時間には余裕を持っていなくてはいけません。でも意外になれます。気づいたらそれも受け入れていました。

ストレスの対処法

ストレスがたまった時は日本にいる友人に電話したり、在住日本人とお酒を飲みに行ったりして発散しています。

休日はデパートで買い物をしたり、カフェで言語の勉強をしたり。まだまだ日本に比べると治安が良くないので、危機管理はしっかりとしなくてはいけません。

ただ不便なことはあまりなく、日本で手に入るものは、カンボジアでもほぼ手に入る時代になったので、比較的快適に過ごせます。

まとめ

いかがでしたか?

今回の海外就職の職場は、日系企業でありながらも4ヶ国語が飛び交う非常にグローバルな職場です。カンボジアでは人間関係のゆるさや語学力の向上など、海外就職の恩恵を受けながら、楽しく働くことができます。

カンボジアで海外就職も面白いかもしれませんね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

カンボジア人の習慣?ちょっと驚くカンボジアの子供たち

カンボジアの生活を知るにはローカル市場!プサーには魅力がいっぱい

ちょっと困る!?カンボジア生活5つの「あるある」

 

カンボジアお役立ち

知っておきたいカンボジアの治安、盗難被害に遭わないために

生活の必需品!カンボジアで携帯電話SIMカードを購入してお得に使おう

月4万円台で生活可能!カンボジア1か月の生活費シミュレーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ベトナム人の休日の過ごし方
  2. 文房具
  3. タイに海外旅行の前にチェックしておくべき3つのこと
  4. 歯ブラシ
  5. ブルックリンのフリーマーケット
ページ上部へ戻る