中国の水道水は飲んでも大丈夫?飲料水は上手に選ぼう、中国の水事情

水道水

中国の水道水は日本と違って硬水であるだけでなく、汚染問題や衛生管理といった面からも心配する方が多いと思います。

ひとことで言ってしまえば「生水でなければ飲めます」。ただし、体質や体調による個人差はもちろんあります。

今回は中国の水について、買い方、注意点などについてご紹介しましょう。

开水(沸かした水道水)なら一応安心

お店で出てくる开水(沸かした水道水)

沸かした水道水

中国のレストランではお冷ではなく开水が出てきます。これは一般的には沸かした水道水です。

中国の水道水は硬水であること、そして浄水場での水質は問題なくてもそこから蛇口までのインフラを心配する人も少なくないので、水道水を一度沸かしてから飲むのが普通です。

 

水道水は料理にも使えます

中国では基本的に水道水は沸かせば安全とされているので、もちろん家庭での料理にも使えます。ご飯も炊けます。

それでも気になる人は、开水(沸かした水道水)をポットなどに入れて不純物を沈殿させて上澄みだけを使っているようです。

 

白い沈殿物はこまめにお掃除しましょう

水垢除去剤

水道水を沸かしていると鍋の内側にミネラルや不純物が白い沈殿物となって貼りついてきます。これは普通に洗っただけではなかなか落ちません。

スーパーで売っている水垢除去剤を水をはった鍋に入れてしばらく置くときれいに落ちるので、こまめに掃除したいですね。

纯净水(ボトル入り飲用水)という選択肢

ボトル入り飲料水

纯净水(ボトル入り飲用水)の利点とちょっぴり心配な点

やっぱり水道水は不安だから纯净水(ボトル入り飲用水)を使いたいという人も多いです。

また、職場や学校では管理が業者任せにできるので纯净水(ボトル入り飲用水)のウォーターサーバーを使う所も多いです。

でもその納入業者が本当に信頼できるかどうかも気になるところ。実際に、たまにではありますが偽物業者の報道を見ることもあります。

また、ウォーターサーバー内部の清掃も手間がかかります。これもやってくれる業者はいますが、ちゃんと掃除してくれる業者を見極めなくてはなりません。

こういったことから、纯净水(ボトル入り飲用水)でも必ず沸かして飲むという人もいます。

 

ポンプ式というチョイスも

ポンプ式

ウォーターサーバーを使うと熱湯や冷たい水がすぐ使えて便利ですがメンテが面倒……。

そういう方には手押し式のポンプも売っています。

常温の水しか出ませんが、シンプルな構造なので分解掃除も楽だし、なにしろ初期費用が安くて済むのがメリットと言えるでしょう。

纯净水(ボトル入り飲用水)の買い方

大瓶で買う方がお得

ボトルの値段は地域やメーカーによっても違いますが、18リットルの大瓶で12~20元(およそ200~300円くらい)です。

スーパーで売っている500mlから4リットル前後のものに比べるとずっと割安です。

 

大瓶は配達してくれる

水の配達

纯净水(ボトル入り飲用水)の18リットル前後の大きなボトルはとても自分で運べませんが、ちゃんと配達業者がいて電話一本で部屋まで届けてくれます。

学校の寮なら先輩か管理員に、アパートなら不動産会社や大家さん、管理業者に聞くと連絡先を教えてくれます。そういう業者ならみんなが使っているので安心ですね。

また、寮やアパートの近くでいつも見かける業者さんに直接声をかけてお願いすることもできます。

 

自販機もあります

水の自動販売機

プリペイドカードで开水(沸かした水道水)や纯净水(ボトル入り飲用水)を売るサービスもあります。自宅から保温ポットや大きなペットボトルを持参して、この機械から水を汲むシステムです。

割安だったり、いつ来るかわからない配達を待つよりも便利と言えるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

水は生活に無くてはならないもの。中国では水道水は一般的に飲めるとされています。住んでいる地区の水環境を見極めて、自分の生活スタイルに合った水を選んでくださいね。

おすすめ

中国でも自動販売機が増えてきた理由は?実際に自販機を使ってみた

実際どうなの?お隣の国、中国の7つのいいところ

アプリで支払い!中国での支払いはWechatウォレット(微信支付)が超絶便利

 

中国お役立ち

外国人臨時宿泊登記と中国生活で知っておきたい各種手続きまとめ

中国で携帯SIMカードを購入してみよう(料金・キャリア)

中国で働くためにZビザを取ろう!就業ビザ取得まで(費用・日数・必要書類)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. タイの刺繍クッション
  2. タイ
  3. B-STORY
  4. コタキナバル(マレーシア)で両替
  5. ベトナム挨拶は大事!シンチャオ
ページ上部へ戻る