海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

中国で就職や転職をしたい!中国で働く前に知っておきたいこと

  • 公開日:
  • 更新日:
中国就職

世界最大の人口を誇り、IT企業の急伸など経済面でも存在感の大きい中国。

中国で働きたい!と思った場合、まずはどんな仕事があるのか?今までの仕事の経験が生かせるのか?ビザは?給料や休暇などの待遇は?など、とても気になるところですよね。

ここでは、中国で働く理由や就職活動事情、待遇や働き方などを紹介した記事をまとめています。現地で働いている、あるいは働いていた日本人の生の声を把握して、転職のチャンスにつなげてもらえたら幸いです。

※1中国元=約17円(2017年10月)

中国就職の5つのポイント

  • 中国の就職状況・特徴を知る
  • 中国語や英語などを勉強しておくと幅が広がる
  • 中国で働く自分をイメージする
  • 専門知識を身につけ中華系企業も狙ってみる
  • 転職サイトを活用する

ここがポイント!

Q.無料で使えるおすすめの転職サイトは?

A.【中国求人】未経験からでも中国就職を狙える転職サイトまとめ

Q.中国で生活するために必要なことを知りたい

A.中国移住!中国で生活を始める時に必要なことまとめ(※随時更新)

中国の雇用・就職状況とは

ビル

ここ近年の中国における製造関連企業の技術の伸びは凄まじいものがあります。今までであれば日本から技術を学び、製品を作り……だったものが、中国企業独自の技術でも生産することが可能になっています。

また、売価の面でも日系企業と中国企業とでは差が大きく、人件費も高騰しています。

日系企業の現地採用

外資企業に対しての税務上の優遇措置が廃止されたために中国での生産自体にうまみがなくなってきており、中国に進出していた日系企業は規模を縮小したり、撤退したりなどの動きを見せています。

よって、日系企業の中国での存在自体が危ぶまれているため、日本人に対しての募集枠が減少しているのが現状です。それでも、中国での仕事を勝ち取ることは可能です。

中国で働く日本人の多い地域(上海・北京・深センなど)

中国で日系企業・日本人が多い地域は、上海・北京・深セン・蘇州・広州・大連など。これらの地域では、サービスを提供する会社、例えば、

  • 日本人向けに部屋を仲介する不動産業者
  • 日系企業を対象にしたコンサルタント会社
  • ビザ取得会社
  • 物流(引っ越し関連含む)
  • カルチャー(資格取得)の学校
  • 子ども向けの塾
  • 美容院
  • メディア・情報誌

なども付随して進出していました。しかし、その市場も規模が縮小しているか、あるいは中国人向けに特化していく傾向にあります。

とはいえ、日本人向けの求人はあるので、中国で働くチャンスはまだまだあります

中国全体の日本人数

中国全体で滞在している日本人の数は外務省の海外在留邦人数調査統計によると約12万人になります。もっとも日本人在住者の多いアメリカにつぐ2番目の数となっています。(2017年現在)

北京

中国の首都である北京。日本人は約8,000人ほど滞在しています。日本語のフリーペーパーや日本人会、サークル活動などがあり、日本人同士の交流も盛んです。

天津

天津は中国の中心的都市の一つです。約2,000人ほどの日本人が滞在しています。北京から約30分〜1時間の距離にあり、日系企業の進出も進んでいます。サークルや日系のフリーペーパーがあり、日本語で情報を得ることができます。

大連

約4,800人ほどの日本人が滞在しています。中国の中でも親日地域として知られ、数多くの日系企業が進出しています。日本語のみの求人なども見つかるので、はじめての就職先に大連を選ぶ方も多いです。

瀋陽

約1,500人ほどの日本人が滞在しています。大連の北に位置する瀋陽には、日系企業の進出も進んでいます。大連から新幹線で行くことができるため、大連から瀋陽へ、瀋陽から大連への交流も盛んです。

青島

約2,400人ほどの日本人が滞在しています。繊維系日系企業の進出が盛んです。日本語の情報誌、サークル活動、日本食レストランも数う多くあり、中国語が得意でなくても生活可能です。

上海エリア(上海、蘇州、杭州)

中国でもっとも多くの日本人在住者がいるのが上海です。2017年現在、約5万6,000人の日本人が在住しています。日本企業の進出も多く日本語のみでも生活することが可能です。

地下鉄、ショッピングモールも発展しており、日本と変わらない生活をすることが可能です。

広州/深セン

広州には2017年現在、約2万人を超える日本人が在住してます。中国の代表的なIT企業でテンセント、ファーウェイをはじめ、アジアのシリコンバレーと呼ばれるほど急成長している地域です。

香港にも近く、人、企業の交流が盛んです。

重慶

約900人ほどの日本人が滞在しています。日本クラブがあり、三井物産、日本通運など日本の大手企業が参加しています。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

あわせて登録したい:海外就職専門求人サイトGuanxi

中国内陸部での日本人向け求人が増えている

武漢

中国政府は2012年の第18回党大会において、「2020年までに中国国民の所得を倍増させる!」という「所得倍増計画」を発表しています。

それにより中国では人件費が毎年高騰しており、主に沿岸部で工場などを建設・運営していた企業は、安い人件費を求めて内陸部へ移転しています。

中国において今まで大都市といわれる地域は東側沿岸部に多くありました。しかし現在、内陸部でも大都市化している場所はたくさんあります。

武漢など内陸部では日本人が増加

人件費がもともと低いため沿岸部よりも安く雇用できるとあって、多くの企業が内陸部へ移転し、それに伴って募集をかける地域も内陸部へと移動しています。

今後、中国内陸部でも人件費は当然高騰していくでしょう。日系企業を含む外資企業と呼ばれる海外資本の企業は、中国を安く生産するための工場から販売先として、内販拡大型の企業が生き残っていくことでしょう。

上海での日本人需要は?まだまだ日本人向けの求人も多い

中国で働きたいけど、都会がいい!と漠然と考えて沿岸部(上海など)にこだわっていると、なかなか思うように決まらない、という声もよく聞きます。中国で働く意義をしっかりと持ち、沿岸部にこだわらず、内陸部へも目を向けることが大切です。

上海での就職が不可能かといえば、そうではありません。一地域にこだわりすぎず、柔軟に地域を選択していくことが、中国への就職につながっていくのです。

中国の外資系企業・大手企業とは

中国の有名な企業としては、

  • 家電のハイアール
  • 電子機器のレノボ、ファーウェイ、シャオミ
  • インターネット関連ではテンセント、百度(バイドゥ)、アリババ
  • 金融では中国工商銀行、中国建設銀行
  • 通信のチャイナ・モバイル
  • 石油の中国石油
  • 航空会社の中国国際航空、中国南方航空、中国東方航空

などがあります。

中国の上場企業を業種別に分類すると、上位3業種は、金融業が22.7%、工業が15.4%、非日常消費財産業が14.0%を占めています。

中国で働くことを選ぶ理由

中国は世界の中で一番日系企業進出数が多い国であること。このことは、中国で働くことを選ぶ理由の中でも大きなものです。地理的に日本からの距離が近いため、何かあったときにすぐに飛行機で日本へ帰れるということも魅力の一つ。

また、英語圏の国ではないので、英語が話せなくても仕事があるからという理由を挙げる人もいます。

中国の就労ビザ(外国人就労者に対してのランク付け)

外国人就業証

中国政府は昨年、2017年4月以降に外国人就労者に対してAランク、Bランク、Cランクのランク付けをし、管理していくことを発表しました。

このランク付けの意義は、優秀な人材の流入を促進する一方、ハイレベルではない人材を抑制して、中国国内の一般労働者の雇用を守ることにあります。

ランク付けの主な内容

  • Aランク:中国政府から選ばれた人、国際的に認められた資格などを保有する人、優秀と認められた若者、ポイント制で85点以上の人など
  • Bランク:中国の大学で修士以上の学力を持つ人、世界の大学ランキング100位以内の大学で学位を取得した人、外国語の教員、ポイント制で60点以上85点未満の人など
  • Cランク:行政機関からの許可により雇用された人、中国と外国政府との協議に基づいて雇用された人、インターンなどの人、季節労働者など

では、ポイント制とはどのような内容なのでしょうか?

支給される年俸の額、教育の程度(博士、修士、学士)や卒業した大学のレベル、勤務時間、中国語のレベル、年齢など、それぞれにポイントが設定されており、その合計が85点以上であればA、60以上〜85点未満であればB、59点未満であればCとなるようです。

今までであれば技術を持った人やバイタリティーを持った若者など、会社が必要と判断すれば、ビザの取得も比較的困難ではありませんでした。

しかし今後、このランク付けが厳密に執り行われると、技術を持っているが高校までしか出ていない、若いけれど語学力がそこまでないなどの人々のビザの取得に影響が出てくることが懸念されています。

就労ビザ取得の流れ

就労ビザを取得する流れは、以下のようになります。

就労ビザ取得まで

  1. 中国を訪問し必要書類の申請、書類取得
  2. 書類を持ち日本へ帰国
  3. 日本で申請後、必要書類を持って中国へ行き、就労ビザを取得する

中国では、外国人に対する就労ビザの発行は年々厳しくなっているのが現状です。特に北京では近年審査が厳しく、大学学部卒以上の学歴と、2年以上の関連職歴が必須であるといわれています。

地方によってビザの手続きに差異があるので、詳しい情報は専門機関に問い合わせるようにしてください。

中国ではどんな業種の日本人向けの求人募集があるか

仕事

では、こういった状況の中、募集はないのでしょうか?

答えはノーです。

こういった状況でも中国でやっていくと決めた企業もまだまだありますし、中国市場の規模を見越して「中国の人に売るための製品を作る!」「物を売る!」「サービスを提供する!」と頑張っている企業もあります。

では、どんな業種が募集を出しているのでしょうか?

業種

以前より数は減少していますが、技術関連(自動車、ゴム、プラスチック成型、金属・プレス、電子機器)などの会社からの募集は引き続きあります。

また、建設、不動産、IT関連などさまざまな業種、日系企業や日本と取り引きを持つ中国系の企業などで募集が出ています。特に専門知識を持った人材は中国でも重宝されます。

中国のおすすめ転職サイトに関しては「中国で働こう!おすすめ転職サイトなど中国就職に役立つ情報まとめ」にて詳しく解説しています。あわせてご参照ください。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

あわせて登録したい:海外就職専門求人サイトGuanxi

中国ではどんな職種の求人募集が多いのか

営業職

次に職種ですが、最も多いのが営業職です。会社の顔として、外に出て日系企業、または中国系企業にアピールしていく営業職はどこの会社でも必要とされています。

売り上げを上げるための窓口となる営業職はやはり日本人で、という判断からでしょう。事務的なポジションはどんどん中国人に移行している傾向ですが、営業職はまだまだ日本人で!という企業が多いのです。

コミュニケーション能力は求められる

以前であれば、若くて、バイタリティーがあって、日本語さえできれば……といった営業職の募集も見受けられましたが、現在ではやはり、ある程度のコミュニケーションが取れる語学力が求められています

生産関連の技術者(品質管理・生産管理)

その他では、その企業が生産している製品の技術を持った人、実際の現場を監督するポジションや、工員に技術を指導するポジション、品質管理・生産管理などの募集があります。

購買・物流担当

また工場経験のある文系の方であれば、購買・物流担当なども募集が出ています。

現場監督・施工管理者

建設関連であれば、現場監督、施工管理者など、現場作業員をまとめるポジションの募集などが出ています。

中国で日系企業の海外駐在員として働くには

中国に進出する日系企業の多さから、海外駐在員の募集もよく見かけます。例えば、現地子会社の社長(総経理)、副社長(副総経理)、マネージャー、工場長、エンジニアなどの求人が多いです。

特に海外駐在員は、給料や待遇が現地採用よりも高くなります。自分の力を試してみたいという方はこちらを狙っていきましょう。

海外駐在求人の探し方

中国で駐在として働くための求人の探し方は2つです。

  • 中国に子会社、関連会社のある企業に転職する
  • 中国駐在を募集する求人に応募する

上記2つが中国で駐在員として働く方法です。中国というだけで良くないイメージを持つ人が多いため、中国駐在は比較的狙い目です。スキル、業務経験、中国を身につけて中国駐在員を狙ってみてください。

中国で日本語のみで働くには

中国語が苦手…。でも中国で働きたい場合、どのような企業を狙えばいいのでしょうか。中国でもいくつか日本語のみで働ける仕事があります。

  • 日系企業への営業
  • エンジニア
  • デザイナー
  • 不動産仲介会社の日本人部門
  • 日系クリニックの受付
  • 日本人学校の先生
  • 日本語教師
  • コールセンター

日本語のみで仕事をしたい場合は上記の仕事に絞って探してみると見つけやすくなります。

新卒で中国で働くには

2019年現在、中国で新卒で就職するのは非常に厳しい状況になっております。外国人就労者に対してのランク付けがあるため、最低でも何年かの就労経験が必要になります。就労経験がない場合、何かしらの高度な専門知識が必要となります。

どうしても新卒で中国で働きたい場合は、中国だけに絞らず日本国内でも中国と関係のある企業を探すなど、複数の選択肢を持つようにしましょう。

中国のエリア別給料の相場

中国元

働く上で気になるのが給料。どのくらいの額が支給されるのか、相場を知っておきたいですよね。中国においては地域によってかなりの差があります

華南地域の場合

私が働いていた華南地域の場合で例を挙げてみたいと思います。

  • 営業職の若手レベル:1万2000元〜1万6000元(約20万4000〜27万2000円)あたり
  • 熟練営業マン:2万元(約34万円)〜
  • 技術職(専門職):2万元〜3万元(約34〜51万円)クラス

を提示している企業が多いです。

持っている技術がその企業の製品に合致しているかどうかで決まってくるので、3万元(約51万円)まで検討と提示されていても、まずは2万元(約34万円)ぐらいからで様子を見たい、といった状況も多々あります。

購買や物流担当だと、1万5000〜2万元(約25万5000〜34万円)の提示が比較的多いように感じます。上に挙げた金額はあくまでも目安であり、経験によって提示額よりも下回る可能性もあることを頭に入れておいてください。

大連の場合

  • 管理・品質管理・技術指導:1〜3万元(約17〜51万円)
  • エンジニア、技術者:1万〜2万5000元(約17万〜40万5000円)
  • 営業(セールス):7000〜2万5000元(約11万9000〜42万5000円)
  • カスタマーサポート・コールセンター:6000〜2万0000元(約10万2000〜34万円)

中国には日本語が流ちょうな人がたくさんいるため、日本語ネイティブであるというだけでは優位に立つのは厳しいのが現状です。日本人ならではの高い品質や、相手の立場に立ったサービスが求められていると考えるとよいでしょう。

中国での生活費について

中国のお給料事情を紹介しましたが、中国で生活するとなると生活費はどのくらいかかるのでしょうか。ここでは、北京と大連の例をご紹介します。

  • 北京:夫婦で北京北西部のローカルのマンション群に住んだ場合

生活費は合計で8575元(約14万5775円)。家賃が出費の大半を占める一方で光熱費、通信費、交通費、食費は安く抑えられるそうです。

  • 大連:1人で、かなり節約して生活した場合

生活費は合計で4000元(約6万8000円)。

  • 大連:1人で、よく外食や買い物をする場合

平均的な生活費は6000元(約10万2000円)ぐらいでしょう。

安全が確保できる範囲で住居にかかる費用を下げ、自炊をすることで、全体の生活費を抑えることができそうですね。また、転職する際に社宅付きの求人を選ぶと家賃などの費用を抑えることができます。

中国のビジネス文化

最後に、中国で働く際に知っておきたい中国のビジネス文化についても少しご紹介します。

中国人は合理的で、残業をしない、求められること以上の仕事はしないという考え方が一般的です。また、納期が遅れがちなこと、トラブルを隠す場合があることなども知っておいた方がよさそうです。

詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

中国人の反日感情とは

日本で何かしらの動きがあると、その都度起こる反日感情。実際、尖閣諸島が国有化された時は華南地区でも毎週大きなデモが開かれ、「外で日本語は話すな」とか、「日本食屋さんには行かない方がいい」など、日本人同士でも話があがりました。

確かに、日本人だと分かると暴力こそ振るわれないものの、言葉による嫌がらせ(日本人をタクシーに乗せたら、料金は上乗せでもらえと会社側から言われている。なので、乗車料金にプラスしてさらに50元(約850円)をくれ)を受けるようなこともありました。

しかし、生活の中では、私の周りの中国の人は「国と国、人と人の関係はまた別問題」としっかり分けて考えている人がほとんどでした。反日感情に囚われることなく、人対人としての関係性を築いていくことが大切だと思います。

まとめ〜

現在、中国における日本人の就職は、以前ほど簡単にはいかない状況になっています。一昔前であれば、仕事があれば何でもいい、何とかなるだろうで、実際に何とかなっていました。

しかし中国も今では技術、市場の規模、購買力など日本に追い付き、いえ、追い越した感さえあり、実力をつけた上で中国市場で勝負する!というようになってきていると感じています。

海外で働く意義、目的をしっかりとご自身の中で明確にし、成長させてもらえる場であると謙虚な気持ちで転職に臨んでいただけたらと思います。

中国就職・中国転職をするには

中国の求人状況は日々変化しています。中国への転職が気になっている人は、まずは転職サイトでどのような求人が出ているのか見てみましょう。

求人を見れば、求人職種や給料、待遇の傾向がつかめてきます。そうすると中国で働くあなたのイメージが具体的になるので、転職の成功率はぐっと高まりますよ!

以下は中国転職成功者の利用実績がある転職サイトです。待遇がしっかりしている求人が多いので、安心して求人を探せます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。

今しかできない中国生活をあなたもはじめませんか?

登録したからといって、必ずしも転職する必要はありません。「中国転職が気になる」という人は、いい条件の求人情報やスカウトがないか、まずは気軽に探してみましょう!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. 楽天カード
  3. グッドポイント診断
  4. 海外就職求人サイト
  5. 旅行バッグ
ページ上部へ戻る