Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

いざ中国で就職・転職しようとしたときに使える求人サイトまとめ

いざ中国で就職・転職しようとしたときに使える求人サイト

北京や上海をはじめ中国での就職を希望する場合、どのような求人サイトがあるのでしょうか。中国では、大都市の北京や上海から中規模都市の大連や青島など様々な地域で求人の募集があります。

強みにできる技能や経験を持っていると、仕事を見つけやすくなりますが、コールセンターなどの仕事ではネイティブな日本語のみで仕事をできる会社もまだまだあります。

企業の多くが管理層の現地化を進めており、管理職での日本人の需要は減ってきてはいますが、それでも日系企業では日本人を求めています。求められる人材は具体的なポジションに適した条件を備えた専門人材です。各社とも優秀な人材を探すべく、人材会社にリクルートのサポートを依頼しています。

今回は中国で就職する時に使える求人サイトをまとめてご紹介します。

中国で求められる人材とは

外国人労働に対する規制が厳しいこともあり、正規での就労が難しいため、必然的に外国人の就労のハードルは高くなります。どこの現場でも即戦力(経験者)を求めており、経験や能力がある人が優遇されます。

しかし、一方で、経験者を募集している求人にも果敢に挑戦し、新卒で見事就職をつかみ取った例もあります。現地経験を積むことで、日本にいたのでは得られない忍耐強さや多様性への許容度、何よりコミュニケーション能力が身に付くでしょう。

中国での求人を探すのと同時にまずは自己分析から初めてみましょう。

求人情報が集まる人材会社や転職サイト

リクルートエージェント

リクルート

リクルートエージェントは求人案件数や決定数が業界内でナンバーワンのエージェントです。キャリアのある方だけが対象ではないため、敷居が低くチャンスも豊富にあります。そのため、高学歴ではない方やこれからキャリアを積みたいという方も安心して挑戦することが可能です。

海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみるのも良いでしょう。

大手のため数多くの転職コンサルタントが在籍しています。ただし、担当者によって考え方が異なる部分もありますので、他の転職エージェントと併用し比較しながら仕事探しをすると良いでしょう。

中国求人ALA!中国

中国求人ALA中国

中国での求人を探している人はこの求人サイトを見ていることが多いです。求人は各人材会社が出しているものが多く、直接採用の求人が少なめです。中国全体が網羅されているので、興味のある地域から求人を探すことができます。

海外求人マッチングサイトGuanxi

海外求人マッチングサイトGuanxi

Guanxiではスカウト機能を搭載しました。プロフィールをしっかり記入してもらえると、興味を持った企業からオファーがきます。

登録も1分程度なので、登録だけしておきスカウトのオファーを待つという使い方がおすすめです。

カモメ中国転職

カモメ中国転職

http://kamome.cn/beijing/

こちらも中国で仕事を探している人が見ている求人サイトです。ALA中国に比べると求人数は少なめですが、いろんな求人が掲載されています。

JAC Recruitment

JAC Recruitment

12,000件を数えるバラエティー豊かな求人の中には、海外進出企業の駐在や現地採用など、海外での求人も豊富に含まれています。特に、専門職の求人には定評があります。
 
中国にも拠点があり、日本国内の拠点とも密に情報を交換しているので、万全のサポート体制が整っています。

 

インテリジェンス中国(英創人材)

インテリジェンス中国(英創人材)

http://www.yingchuang.com/jp/

人材会社インテリジェンスが扱う求人が掲載されています。定期的に相談会もやっているので、気軽に話しを聞いてみるのもありです。

パソナ中国

パソナ中国

https://www.pasona.com.cn/jp/

人材会社パソナ中国が運営する企業サイトです。

リクルートRGF

リクルートRGF

http://www.rgf-hragent.com.cn/jp/

言わずと知れたリクルートの企業サイトです。中国以外の地域も求人案件があります。

Wheneverオンライン人材

Wheneverオンライン人材

http://whenever-online.com/career/

中国各地でフリーペーパーを発行している会社です。この会社自体では求人案件を扱っていませんが、登録すると、中国にある人材会社に一斉登録され、仕事を紹介してもらえます。

中国・北京の求人・アルバイト北京掲示板

中国・北京の求人・アルバイト北京掲示板

https://bbs.ablogg.jp/chn/bjs/thread/job/

北京のローカルサイトです。在宅系のリサーチアルバイト案件が多いです。

また、各地で定期的にジョブフェアが開催されているので、フリーペーパーや上記サイト等で小まめに情報収集して、機を見て参加してみるとよいでしょう。

中国求人を探すときのポイントとは?

中国での仕事を探す場合、やはり上記のような求人サイトを探すことが多いかと思います。膨大な求人の中で、自分に適した求人を見つけるポイントをご紹介します。

職種・雇用形態をチェック

まず手始めに、職種のチェックは欠かせません。たいてい、各求人票の一番最初に書かれている項目です。サイトによっては、職種を絞って検索することも出来るので、やりたい職種がはっきりと定まっている場合は検索機能を上手に活用しましょう。

次に、雇用形態をチェックします。

海外の求人で多いのは、駐在員または現地採用です。

駐在員

駐在員は基本的に日本の本社で採用され、海外の現地法人に派遣されます。任期も2~5年ほどと決まっており、現地での家や交通手段が支給されるなど、福利厚生もしっかりしています。

現地採用

それに対し現地採用は、日本企業の現地法人に直接採用される人を指します。現地に出向いて面接を受ける場合もありますし、日本の本社で面接してもらえる場合もあります。

採用後は現地の会社で働くことになり、任期などは決まっていません。基本的にその会社を辞めない限り、現地で働き続けることになるので、海外で腰を据えて長期間働きたい方におすすめです。

現地採用の場合は、現地での生活で必要なことはすべて自分でする必要があります。部屋の契約、銀行口座の開設、交通手段の確保などです。

どちらの雇用形態にもメリット・デメリットがあるので、自分の希望にあっているのはどちらかを見極めると良いでしょう。

また、言語面でまったく問題ない場合は、現地企業に採用してもらうという方法もありますが、一度日本企業の現地法人で働いた後に、現地企業に転職する方が多いようです。

相手が求める条件をチェック

相手の企業側が求める条件も忘れずに確認しましょう。年齢、新卒や第二新卒でも良いか、職務経験の有無、学歴、資格などの項目が該当します。

特に専門職の場合は、職務経験の有無が重視される傾向にあります。職務経験が無くても特定の資格を有していればOKという場合もありますので、尋ねてみるのも手です。

給与をチェック

給与額のチェックは言わずもがなですね。日本円で支給されるのか、現地通貨で支給されるかによっても手取り額が変わってくるので確認しましょう。

待遇や福利厚生のチェック

現地での生活をどれだけ会社がサポートしてくれるのか、昇給はあるのか、ボーナスは支給されるのかなどをチェックしましょう。

中国の地域的な特徴

北京は首都であり、中央政府の御膝元であるため、行政や政策決定者との繋がりが重視され、中国総代表、地域ヘッドクオーターを置く企業が多いです。

上海は日本企業が最も多く、市場としても非常に大きい経済都市であるため、様々な業種・規模の会社が集まっています。

広東は主に生産工場を置く会社が多く、工場管理者の需要が多い印象です。

求人情報を見ても、上海以南の求人情報が多いようです。中国で仕事を探す場合には、地域を固定すると可能性を狭める結果になるので、中国で仕事を探す場合は、探索範囲を広くして仕事を探すのがおすすめです。

まとめ

中国で仕事を探すなら今回紹介した求人サイトから探すとスムーズに仕事が見つけられると思います。一般論ではありますが、仕事探しはお見合いのようなものなので、まずは試しに応募して話をきいてみましょう。

強みにできる技能や経験を持っていると、仕事を見つけやすくなります。とにかく中国で働いてみたいと思うのであれば、コールセンターなどの仕事であれば、低めのハードルで仕事ができます。

自分のやりたい仕事を頑張って探してみましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る