海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

専門職以外の人がフランスで働くために知っておきたいこと

フランスで働く

フランスで働く日本人と聞くと、皆さんはどんな職種を思い浮かべますか?

フランス料理人、パティシエ、板前や寿司職人、旅行関係、あとは大企業の駐在員、研究者、スポーツ選手、そして政府関係……。

私がフランスで接した現地で働く日本人たちは、ここに挙げたような専門性の高い職種の方々がほとんどでした。きっと、皆さんの予想も遠からずではないでしょうか。

では、就労ビザを持つそうした人たち以外の、その他大勢の在留日本人は、どうやって生計を立てているのでしょう。これから、留学やワーホリ、移住などを考えている方にとっては、興味があるテーマだと思います。

今回は、フランスで日本人が働くための事情を探ってみましょう。

フランスで働くために

フランスで働くために

特殊技能を持たない普通の日本人がフランスで生計を立てていくのは、なかなかに大変なことです。どの国だって、まず守りたいのは自国民の利益です。

外国人に対して、各ビザごとに労働規定が定められているのも当然です。移民問題が顕著なフランスでは特に、外国人労働者が簡単に仕事を得ることはできません。

とはいえ「ビジタービザ以外は労働が認められているんだから、なんとかなるでしょ」と思うかもしれませんが、そう簡単ではないのです。

関連:憧れのフランス暮らし!フランス生活で発見した5つの魅力

フランスで働くときの言語問題

立ちはだかるのが、言語の問題です。

フランス語の学習がほぼゼロでフランスに来る日本人は少なくありません。そもそも、フランス語を学びに来ている人たちだっているのです。

スムーズに仕事が出来る程の言語力が身につくには、時間がかかります。仮にフランス語が堪能でも、フランス人と競い合って職に就こうというのは簡単ではありません。

言語ができたとしても、考え方や習慣までフランス人と同じになる訳ではないですから、経営者側がフランス人の採用を優先するのは、致し方ないことなのです。

関連:夢への第一歩!フランスで働くには?(仕事と求人の探し方)

働くためのビザの制約

ビザ

フランスでの就労に大きく影響する、ビザによる制約についておさえておきましょう。

就労ビザ所持者を除くフランス在留日本人のほとんどは、以下の労働規定を持つ代表的な4つのビザでフランスに滞在しています。

学生ビザ

3ヶ月を超える長期学生ビザを持つ留学生には、フランスの法律が定めた労働時間の60%の労働が認められています。

フランスの法定労働時間は35時間/週なので、留学生の労働可能時間は21時間/週です。

ワーキングホリデービザ

若い世代の文化交流のために設けられているビザです。滞在可能期間は1年で、その間、基本的に制約のない自由な就業が可能になります。

ビジタービザ

様々な目的でのフランス滞在を許可するビザです。申請時に、約250万円以上の預金があることを示す銀行口座の残高証明を提出する必要があります。

フランスでの就業はできません。

フランス人の配偶者ビザ

フランス人と結婚した外国人がフランスに住むためのビザです。自由に就労できます。

関連:フランス人ってどんな感じ? 移住して感じた魅力と驚き6つ

フランスでの働く人の多くは日本食レストラン

日本食レストラン

こうした実情を考えると、多くの日本人在留者が日本食レストランや日本食材店に働き口を求めるのは、必然と言えるでしょう。

フランスでは日本食は人気がありますから、店舗はたくさんあります。今は、大都市にはもちろん、地方都市やさびれた田舎の町にさえ寿司ショップがあるのです。

日本食店なら、フランス語があまりできない日本人が働いていても、違和感は少ないと言えるかもしれません。キッチン内の仕事などは、覚えればあまり会話が求められず黙々とできる、という場合もあるようです。

ただし、経営者はフランス人だったり中国人だったりという場合がほとんどです。言語の不安がある人は、面接や契約の場面では特に、そこで働いている日本人などの助けが必要になるでしょう。

関連:こんなに違う!驚きのフランス仕事事情

フランスで働くために日本でしっかり準備をしよう

準備

フランスでの生活を考えているなら、あせらないことが肝心です。計画、そして準備が大切です!

まずは言語。少しでも多く話せるほうが有利なのは間違いありません。いざ行ってしまうと、特に最初のうちは生活が落ち着かず、なかなか学べなかったりするものです。

日本にいるうちから、できる限り勉強しておくことをオススメします。

貯金も多いに越したことはありません。フランスで、計画通りに稼げる保証はないのですから。

仕事の情報集めも、日本にいるうちから始めましょう。各地の日本人会や、在仏日本人向けのウェブ掲示板が役立つと思います。下記のサイトもご覧ください。

Mixb フランス掲示板:http://fra.mixb.net

パリ掲示板:https://kaigai-bbs.com/

リヨン掲示板:https://kaigai-bbs.com/

それから、日本から収入を得る方法を考えるのも一つの手です。コンピューター関係、翻訳など、場所を選ばずできる仕事のスキルがあれば、ぜひ活かす方法を考えてみてください。

クラウドソーシングを活用すれば、スキルがなくてもできる仕事が見つかるかもしれません。ちなみに、フランス国内での就労を認めていないビジタービザでも、フランス国外からの収入ならOKです。

まとめ

いかがでしたか?

外国で生計を立てていくというのは生半可なことではなく、フランスでも例外ではありません。実際のところ、夢と希望にあふれて出かけたものの、厳しい現実にぶち当たり、夢破れて帰国……なんていう例も少なくないと思います。

たしかに簡単ではないですが、入念な準備と、努力をいとわぬ精神があれば、充実したフランス生活が実現する可能性は確実にアップすることでしょう。

憧れのフランスで、たくましく道を切り拓く日本人に、幸あれ!

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

フランス人ってどんな感じ? 移住して感じた魅力と驚き6つ

フランスで携帯電話を快適に!SIMカードを契約(購入方法・必要書類)

フランスでワーホリ、思いがけないパリでの歯科治療体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る