シドニーのレンストランで働く!働くのに英語は必須【海外就職経験談】

レストラン

シドニー(オーストラリア)のレストランで働く。今回ご紹介する高橋さんさんは、語学留学中のオーストラリアで、レストランのホールスタッフとして働いています。

お客様と積極的に関わり合う接客は日本と違い、直接的な物言いに心が折れそうになりながらも、休日に日本人同士で愚痴を言いあうことでリフレッシュして頑張っています。

今回はシドニーのレストランでの海外就職経験談をご紹介します。

海外就職者プロフィール

29歳(女性)

海外就職先:シドニー(オーストラリア)

給料:15万円程度

海外の勤務先:レストラン

シドニーで働くきっかけ

シドニーで語学留学していたのですが、用意したお金以上の生活費が必要となることが早い段階でわかり、費用を工面する必要がありました。

また、せっかくオーストラリアで生活をする機会を得たので、勉強するだけではもったいないと思い、新しい経験を積みたいという思いから、シドニーで仕事を探したんです。

たまたま、レストランの求人を見つけ早速応募してみました。

関連:シドニー(オーストラリア)で海外就職、料理に自信があり日本料理屋で働く

文化の違いを尊重しあえるシドニーの職場

求人を探す時に重視したポイントは、ローカル(オーストラリア人)だけでなく、多国籍の方が働いているかどうかという点です。

すでに3ヶ月以上シドニーで生活をしていたので、文化の違いに直面していました。

できる限り様々な国の人が働いている環境であれば、互いを理解し、尊重しあえるスタッフと働くことができると思い、その点を重視して仕事を探したんです。

関連:オーストラリアのシドニーで海外就職、日系企業でも雰囲気がやっぱり外国企業

シドニーのレストランでの仕事はホールスタッフ

仕事内容は、初めの1ヶ月はお皿洗いがメインで、そのあとはホールスタッフです。

ホールスタッフは、食事をお客様のテーブルまで運ぶだけではないんです。

メニューの説明やリコメンデーションをするなど、お客様とのコミュニケーションをとりながらの仕事が求められます。

また、新たなメニューを作る際に日本人としての意見を求められることもあり、季節別の新規メニュー企画なども担当しています。

関連:オーストラリアでの仕事の探し方マニュアル。足で探す仕事探しを実践してみよう!

礼儀正しさより、お客様を楽しませるレストランでの接客

日本でもレストランのホールスタッフとしての経験がありました。お客様に対して失礼がないよう、またお客様の食事の邪魔にならないように接客することが多かったと思います。

一方、オーストラリアでは、積極的にお客様に話しかけるんです。

メニューの提案をしたり、食事中に「今日の食事はいかがですか?」と声をかけ、状況を伺いつつ、お客様との会話を一緒に楽しむようなことが多くあります。

私には、家族や友人との団らんの時間を壊してしまうような感覚があり、文化の違いを感じましたね。

関連:就職や転職で海外へ!20代のうちに海外就職に挑戦するべき3つの理由

スタッフ全員がシビアに仕事をしており、責任感を学んだ

普段は仲のいいスタッフ同士も、仕事が始まれば、それぞれが責任感をもって真剣に仕事にのぞんでいます。

もっとEASY GOINGに仕事をしていると思っていたので、スタッフ全員がシビアに仕事に取り組む姿勢はすごく勉強になっています。

日本では、多少のミスがあっても、スタッフ同士でカバーしあい、なんとなくなかったことにしてしまったりすることが多いですよね。

でも、オーストラリアでは、ミスのカバーはしてくれるものの、就業後にお叱りの言葉を受けます。

場合によってはクビになる、つまりシフトに入れてもらえなくなることも多くあるんです。責任感というものを身をもって経験することができますよ。

関連:どんな人が海外での暮らしを楽しむことができる?海外に適した人の6つの特徴

直接的な表現で言い合うことが多い

シドニーで生活をしている中で、様々な国籍の方と接する機会が多いのですが、とにかく表現が直接的で、心が折れそうになることが多々あります。

「私はあなたのそういうところが嫌い」とか「子供みたいな態度を取らないで」など、そんな言い方をしなくてもと思うようなことを言われることがあるんです。

そこで「ごめん」と言ってしまうことが多かったのですが、それは言われていることを認めることになりますよね。

しっかり自分の意見を言わないと相手との距離が縮まらないことを、実感させられます。

英語ができなくてもとにかく話しかける

シドニーで生活する前は、明らかにアジア人の顔をしていて英語ができないのだから、周囲の人は優しくしてくれるだろうと勘違いしていました。

実際にシドニーへ行ってみると、語学学校の外に出ると、そのような気を遣ってくれる人はいません。

仕事や生活をしていく中で、より過ごしやすい環境をつくるためには、まず自分を理解してもらうことが重要です。

英語ができなくても、積極的に話しかけ、誰とでもわけ隔てなくコミュニケーションをとることで、次第に周囲が、他人ではなく知り合い、友人、仲間として扱ってくれます。

日本人のように気を遣ってくれる人ばかりではないので、待っているだけでなく自ら行動することが重要です。

なので、そっけなくされても、しつこくコミュニケーションをとるようにしています。

日本人同士でしゃべり倒してストレス解消

休日には、現地にいる日本人に愚痴を聞いてもらうようにしています。

シドニーの日本人には同じ悩みを持っている人も多く、気持ちをわかってもらえるだけで、ストレス発散になるんです。

生活を通して感じる文化の違いを共感しあうことができますね。

そうすることで、自分は間違っていない、でも海外ではその国のやり方に合わせて生活しなければならないんだということを言い聞かせるようにしています。

日本語を使うということも、効果的なストレス発散法だと思いますよ。

シドニーで働く前の準備として英語はしっかり身に着けておくこと

ドニーで働くには、最低限の英語力は必要です。お金をもらっている以上、言葉の壁という理由でミスや勘違いをすることは許されません。

日本人だからとか、英語ができないからといったことによる優遇は一切なく、ローカルの人間として扱われます。

お客さんはもちろん、スタッフも、ゆっくり喋って理解させようとしてくれるという対応は、初めの1~2週間だけでした。

阻害されているような孤立感を味わい、落ち込むこともありました。英語はしっかり勉強しておいた方がいいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

語学を学ぶための留学ですから、積極的に話しかけていくという接客業は、非常に力が付きそうですね。

責任感や、しっかり自分の意見を言い自ら行動することなど、語学以外にも多くのことを学んでいます。

文化の違いに悩んでも、日本人同士共感しあうことで、うまく解消できているようです。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る