海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フランスで働くなら必見!フランスの労働ビザ取得方法

  • 公開日:
  • 更新日:
空港

さあ、フランスでの仕事が決まって、いよいよ渡航準備です。日本のパスポートで海外に中長期滞在する場合、ビザの取得が必要なことはご存知ですよね。フランスの場合だと、理由の如何にかかわらず、3か月以上の滞在に必須とされています。

雇用形態にもよりますが、働くためには、基本的にビザの取得が必要となってくるので、これからフランスで仕事をしようとしているみなさんも、必然的にビザの取得が必要になります。

今回は、フランスの労働ビザの取得方法についてご紹介したいと思います。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

フランスのビザの種類

飛行機

取得可能なビザ

フランスで仕事をするために取得可能なビザには、いろいろな種類があります。滞在の目的別に、

  • 「就学ビザ」
  • 「就労ビザ」
  • 「ワーキングホリデービザ」
  • 「研修ビザ」

など、細かく分かれていて、滞在の種類によって申請する内容が変わります。

つまり、みなさんが、日本を出発する前に、自分がどういうステータスでフランスでの仕事をするかを、あらかじめ決めておかないといけないということです。また、家族同伴の場合は、家族1人ずつのビザも申請する必要があります。

フランスでの変更は、ビザの種類によってはできない場合もありますし、できたとしても、大変時間と手間がかかります。

「とりあえず」という気持ちで申請するのではなく、自分が何をしたいのかじっくり考えて、目的に沿ったビザを取ってから出発してください。

フランスでの労働ビザの申請手順

書類

パスポートの有効期限

当たり前のことですが、ビザの申請にはパスポートが必要です。まず、ビザの申請の前に、自分のパスポートの期限が有効かどうかをチェックしましょう。また、滞在予定期間中プラス3か月の有効期限が残っているかどうかも確認しましょう。

パスポートをまだお持ちでない場合や有効期限が残り少ない場合は、まず、パスポートの申請をすることから始める必要があります。

申請手続きの手順

さあ、それでは、ビザの申請手続きの手順を見ていきましょう。

  1. フランス大使館のウェブサイトの専用フォームで申請日時の予約をして、申請用紙をダウンロードする
  2. 記入済みの申請用紙および必要書類を全て準備したうえで、申請料を添え、予約した日時に申請する
  3. 郵送で受け取る

必要書類を準備するのに時間がかかる場合がありますので、余裕を持って申請することをおすすめします。

必要書類は、必ずすべて揃えてから申請しましょう。書類に不備があると受け付けてもらえませんので、気をつけましょう。また、時間に余裕を持ち、予約時間に遅れないようにしましょう。

フランス労働ビザ申請の必要書類

ビザ

ひと口に就労ビザといっても、色々な種類があります。ここでは、一般的な就労ビザ(OFII)についてご紹介します。

申請書類一覧

  • ビザ申請書(ダウンロード後記入済みのもの)
  • 証明写真
  • パスポート(外国人の場合は在留届または外国人登録証明書など)
  • 申請料99ユーロ相当(円建て・現金のみ)
  • 労働許可申請書
  • OFII(移民局)提出用フォーム
  • フランスでの滞在先住所

これらの提出書類は、追加・変更される可能性があるので、必ず、申請時に、申請フォームでのリストをご自身で再確認してください。

また、ビザの種類によって、提出書類が変わる可能性があるので、他のビザの申請をされる方は、該当する申請フォームの一覧をご確認ください。

フランス労働ビザ申請で注意するべきポイント

フランス

大使館へ訪問

ビザの申請は、東京のフランス大使館へ、本人が出向く必要があります。郵送での受付はしていません。逆に、受け取りに関しては、郵送のみです。

また、申請からビザの発給までは、1~2週間が目安ですが、場合によっては1か月かかることもあるようです。出発日から逆算して、余裕を持った日程で申請しましょう。

渡航前に取得

尚、ビザは、フランスに行ってからでは取れません。必ず、渡航前に取ってください。また、ワーキングホリデービザから就労ビザへの変更はできませんので、ご注意ください。

学生ビザでの就労に関しては、全く違う手続きが必要となるので、この就労ビザの申請方法ではありません。学生ビザの申請方法のページを参照してください。

みなさんがこの記事を読む時期によっては、この手順は変更されている可能性があります。最新の情報を得るために、申請前には必ず、在日フランス大使館、もしくは、お近くの領事館に最新情報をお問い合わせください。

フランスで合法に働くために(渡航後の注意点)

ファイル

滞在許可証

以前は、その後、現地で滞在許可証の申請をする必要がありましたが、2009年の法改正により、3か月~1年の滞在ができる労働ビザに関しては、滞在許可証としても有効になりました。

ただし、フランスに日本で申請したビザを使って入国した後、滞在都市の管轄の移民局(OFII)に登録し、証明書をパスポートに貼り付けてもらう必要があります。この手続きを怠ると、滞在許可が取り消されますので、くれぐれもご注意ください。

その際、就労ビザで入国した方はすでに労働許可が下りているため、労働局への手続きは必要ありません。

出発前から本当に色々と手続きがありますが、余裕を持った日程を組み、仕事を始めてから手続きに忙殺されないように、ひとつずつ着実に終わらせ、仕事の開始に備えましょう。

1つ注意点は、フランスのお役所では、まず英語は通じません。言葉に不安のある方は、フランス語のできる人に付き添ってもらうのがよいかもしれませんね。

まとめ

現在では、資料さえそろえば意外と簡単にビザの申請ができます。昔は、受取と申請の2度出向く必要がありましたが、今は1度になってずいぶんラクになりました。

しかも、ビザが滞在許可証の役目も果たしてくれるため、現地での手続きが1つ減り、本当に助かります。

楽しい滞在のスタートを切れるよう、日本できちんと準備して、フランスでの新生活をスタートしてください。Bonne chance !

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フランスで働くには?フランスでの日本人の就職方法や仕事・求人の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る