海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

マレーシアのペナンで住宅探し!快適な家を見つけよう

  • 公開日:
  • 更新日:
マレーシアの部屋

マレーシア生活を開始するにあたって、一番の基盤となるのはどんな家に住むかということだと思います。とはいえ知り合いも少ない環境での家探し、どこから手をつけて良いのか分からない……なんてこともあるかもしれません。

今回はマレーシアでの家探しについてご紹介していきます。

不動産エージェントを活用

マレーシアの部屋

マレーシアで賃貸住宅を借りる場合、不動産エージェントを介するのがもっとも一般的です。条件を伝えると、希望に沿った物件をいくつか見繕って紹介してくれます。

オーナーとの橋渡し役として、内覧の予約取りから家賃交渉、契約まで面倒を見てくれます。日本の不動産屋さんと同じような役割ですね。契約が完了するまで手数料は発生しませんのでご安心を。

中には、押しが強く強引に契約に持っていくようなエージェントもいると聞きます。一人に絞らず、親身になって動いてくれるエージェントを探して、いろいろ相談しながら条件を絞り込んでいくのが良いと思います。

おすすめの物件探し用ウェブサイト

エージェントは人づてに紹介してもらうことが多いですが、物件はインターネットでも探せます。以下の2つのウェブサイトがおすすめです。

Property Guru:http://www.propertyguru.com.my/

iproperty.com:http://www.iproperty.com.my/

どちらのサイトでも、予算、立地、部屋数、家具付き/家具無しなどの諸条件を入力して検索ボタンを押すと、条件に合致した物件の一覧が出てきます。物件の写真が多数掲載されているので、イメージが湧きやすいかと思います。

気になる物件があれば、担当エージェントにサイト経由で問い合わせをすると、追って電話かメールで返信が来ます。

ビューイングは楽しい

マレーシアの部屋

ビューイング(内覧)の日時が確定したら、エージェントと待ち合わせして物件へと向かいます。

マレーシアは家具付きの物件がほとんどのため、部屋の内装がオーナーの趣味に直結していることが多いです。シンプル、ファンシー、ド派手等、どの部屋のインテリアもとっても個性豊か。

ビューイングは他人のおうちに遊びに来たような感覚になり、なかなか楽しいものです。

なお、備え付けの家具や電化製品は傷んでいることもあるので、ビューイングの際にきちんと確認しましょう。気になる部分は遠慮せずにエージェントに伝えて、購入や交換が可能かどうかオーナーに確認をしてもらってください。

集合住宅(コンドミニアムやアパートメント)の場合は、共用設備 (プールやジムなど) の見学も重要!

契約書は良く読んでからサインしよう

住む部屋と引越し日を決めたら、エージェントが用意してくれた契約書に貸主・借主ともにサインをします。契約書の内容は、貸主に有利になっている場合も多いです。必ず隅々まで読んでからサインをしましょう。退去時の揉め事を回避できます。

オーナーの人柄は大事!

どうせ住むなら、人柄の良さそうなオーナーの物件を選びたいところです。近所に住んでいれば尚良しです。

住み始めてから発生した問題は、オーナーと直接やり取りして解決しなければなりません。海外在住のオーナーの場合だと「すぐに対処できない」なんて言われたり、中にはお金に厳しく必要な修理や修繕を渋ったりするケースもあるようです。

信頼できるオーナーは、問題が起きときにはすぐに駆けつけて処理してくれます。

まとめ

いかがでしたか。

自宅が快適だとマレーシア生活の充実度も上がりますし、毎日家に帰るのが楽しくなります。たくさんビューイングに行き、「ここだ!」というお気に入りのお部屋を見つけてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

マレーシアで滞在!ペナンで安全にすごすために気をつけたい4つのこと

海外での家探しを経験豊富な先輩がアドバイス!入居時の注意ポイントは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ばき子ライター

投稿者プロフィール

マレーシア・ペナン島の外資系メーカーで働くアラフォー。
学生生活終了後、新卒で念願の海外就職を果たし、それ以降シンガポール(6年半)、東京(2年)、マレーシア(1年半)を渡り歩く。
座右の銘は「住めば都」。のんびりした南国の暮らしが気に入っているため、このままペナンに半永住の予定。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る