海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【保存版】マレーシアで働くには?マレーシア就職・転職したい日本人向け求人、現地採用の仕事、給料まとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
マレーシア就職

日本人にも人気のあるマレーシア移住。

マレーシア・クアラルンプールで海外就職・転職をしようと思った時にまず気になるのは、マレーシアにはどんな職種や業種があり、給料はいくらで待遇はどうなるの?ということではないでしょうか。

マレーシアではマレー語が話せないと仕事や生活ができないと思っている人もいると思います。しかし実際のところ、3種の民族(マレー系、チャイナ系、インド系)が共存して生活しているので、ある程度英語が話せれば無理なく快適に生活できます。

今回は、そんなマレーシアで働くなら気になるお仕事と給料相場についてご紹介します。

マレーシア就職のポイント

  • マレーシアの就職状況・特徴を知る
  • マレーシア就職のメリットだけでなくデメリットも知る
  • マレーシアで働く自分をイメージする
  • 日本人向けの求人を探す
  • 転職サイトを活用する

すぐに転職サイトを見たい方はこちら

なぜマレーシア・クアラルンプールがいいのか

マレーシア就職のメリット

東南アジアで就職、生活したい人におすすめの国はマレーシア中でも首都クアラルンプールです。マレーシアのメリットには以下のようなものがあります。

  • 近隣国へのアクセスの良さ
  • ビザの取りやすさ
  • 英語の勉強にもなる
  • 日本との時差が小さい
  • プール付き・ジム付きの部屋に安く住める
  • 週末にシンガポールへ旅行に行ける

このように、働きやすく生活しやすい条件が揃っています。

典型的な日本人タイプの方には綺麗で洗練された日本によく似た国、シンガポール就職もいいですが、やはりマレーシアのクアラルンプールがおすすめです。

クアラルンプールをおすすめする理由

ココがおすすめ!

  • ほどほど都会(都会過ぎず田舎過ぎず)
  • 日本の食べ物も容易に手に入る
  • 日本食レストランがたくさんで安心
  • きっちりしすぎていない(ゆるい感じ)
  • 物価が適度

また、アコモデーション代(ホテルなどの宿泊施設や宿泊設備代金)がシンガポールの半分程度です。

マレーシアの部屋は安くて広く、高級コンドミニアムにも滞在が可能です。シンガポールは綺麗で洗練されていて、第二の日本のようですが、アコモデーション代が給料の約半分を占めるといわれています。

このように、マレーシア生活にはさまざまな魅力があります。

日本語のみで就職できるのか?マレーシアでの日本人向けの仕事(業種・職種)

業種や職種

気になる英語力ですが、実は英語があまりできなくても就職できる会社もあります。

仕事上英語をまったく使わない会社もありますし、社内の最初のトレーニングも日本語のトレーナーが行う会社もあります。もちろん、英語力があるに越したことがないのはいうまでもありません。

ほどほどの英語力+日本語でできる仕事

具体的には、クアラルンプール市外になりますがコールセンター(やBPOなど)は英語力がなくても就職が可能です。

また、少し離れたサイバージャヤという都市などはIT系の会社がたくさんあり、人材不足なのか日本人(IT関連のテクニカルサポートやエンジニアなど)を常に募集しています。

もちろん、英語力があれば仕事の幅が広がるので、英語の勉強をしておくと良いでしょう。

海外就職の第一歩としてマレーシアで就職先を見つけることができれば、就職後、たった数か月のうちにマレーシア国内で別の再就職先を見つけることも可能です。

やる気と行動力さえあれば、マレーシアで快適な生活ができます。

主な業種と職種

主な業種商社、物流、アパレル、IT(WEB,モバイル)、サービス・小売り、メーカー
主な職種セールス(営業)、エンジニア、コーポレートスタッフ、カスタマーサービス

マレーシア、クアラルンプールでの仕事(求人)の探し方

マレーシアの首都クアラルンプールで海外就職や生活(移住)をしてみたい方は、まず無料の転職求人サイトに登録してみましょう。

「あなたはマレーシアでどんな仕事をしたいですか?」

これからおすすめする転職サイトは、あなたの理想とする仕事を無料で探してくれます。

日本からインターネットで簡単に登録可能です。気になる会社の面接もスカイプで可能なので、わざわざ現地に足を運ぶ必要がありません。登録3分、全て無料で利用できます。

マレーシアは移住ランキングで上位になるほど人気の高い地域です。ライバルが多いので、求人への応募はスピード勝負になります。少しでもマレーシアに興味があれば、転職サイトに登録しておきましょう。

【マレーシア求人】未経験からでもマレーシア就職を狙える転職サイトまとめ」でも分野別に詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

サクッと転職サイトを知りたい方には、以下で転職サイトの詳細をご説明します。

マレーシアの就職活動で使える転職サイト

マレーシアの転職サイト

実際にマレーシアへの転職成功者は2つ以上の転職サイトを利用しています。日系の大手の転職エージェントを活用しましょう。

大手の転職エージェントを使う理由は、給料・待遇のしっかりした求人が多いからです。現地のローカルエージェントでも仕事を探すことはできますが、待遇・給料・サポート面では日本のエージェントには劣ります。

まずは以下の転職エージェントに登録することがおすすめです。」

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職といえばリクルートエージェントが定番です。非公開求人などが多数あります。海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみましょう。

他の転職エージェントと併用し比較しながら仕事探しをするのが、上手な使い方です。

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

海外求人を探すなら外すことができないのがJAC Recruitment。国内だけでなく、海外に8拠点を持つ海外転職エージェントです。

海外就職(特に駐在員、外資系企業)をしたいなら絶対にチェックしてほしい転職エージェントの一つです。登録すれば、非公開の求人を紹介してもらえます。

海外での駐在案件から現地採用の案件までさまざまな求人があります。30代以上で年収600万円以上を狙うならぜひ登録しておきたいエージェントです。

転職エージェントが不安の解決・転職のサポートをしてくれる

転職エージェントを利用すれば、疑問点を気軽に質問できます。初めてのマレーシア就職であれば、不安がつきものです。

  • ビザは取れるのだろうか。
  • 仕事はあるのだろうか。
  • 給料はいくらなのだろうか。
  • うまくやっていけるのだろうか。

そんな不安を解決してくれるのが転職エージェントです。登録するだけで自分に合った求人を紹介してもらえるので、夢のマレーシア就職に近づくためにぜひ上手く活用しましょう。

マレーシアは面接でSkype対応可能な企業も多い

全てではないですが、ある程度はスカイプ面接だけで合否がわかります。クアラルンプールの現地企業ならスカイプ面接が可能です。

日系企業だと日本国内で面接可能な会社もあるので、どうしてもマレーシアまで面接に行けない場合は、日本国内で面接を行っている会社を探してみましょう。

転職前に自分の強みを知る

仕事を探す前に自分の強みを知っておくと、転職活動にも役立ちます。リクナビNEXTのグッドポイント診断は、無料で自分の強みをチェックすることができます。

無料の会員登録が必要ですが、早い人なら20分程度で自分の強みをチェックできるので、この機会にやってみるのもおすすめです。

また、スカウトサービスがあるので、登録しておくだけでも便利です。

マレーシアの社宅付きの仕事を探せる転職サイト

部屋

マレーシアで仕事をする際には、現地採用と海外駐在員という方法があります。このとき、海外駐在員という選択をすれば、社宅が付いてきます。

海外駐在員になるためには、マレーシアに子会社のある日系企業もしくはマレーシアに協力会社がある日系企業に入社することが必要になります。

社宅付きの求人は競争率が高くなります。無料で利用できる転職エージェントのリクルートエージェントJAC Recruitmentには社宅付きの仕事が多いので、気になる求人を探しましょう。

会社が家選びをサポートしてくれるので、一人で探すよりも安心です。

マレーシアの外資系企業・大手企業で働きたい方へ

マレーシアで有名な企業には、以下のものがあります。

  • 医療関連のハルタレガ、トップ・グローブ
  • メディアのアストロ・マレーシア・ホールディングス
  • 病院のIHHヘルスケア
  • 食品のQLリソーシズ
  • 電力のテナガ・ナショナル
  • 金融のパブリック・バンク
  • 通信のアシアタ・グループ

専門的なスキル・知識、キャリアがある方は、外資系企業でキャリアアップを狙った方が日本に帰国することになったときもメリットが大きいです。

とにかくマレーシアで働きたいなら日系企業、自分の実力を試したいなら外資系企業と考えてみましょう。外資系企業を狙うには、専門知識+英語力があると有利です。経験や能力・語学力を活かした仕事をしたいのなら外資系企業を狙いましょう。

マレーシアの外資系企業を狙うなら、サポートもしっかりしていて「無料」で使える大手の転職サイトの活用がおすすめです。転職サイトごとに扱っている非公開求人も異なるので、複数登録し、求人の比較をしてみましょう。

おすすめ転職サイト】

新卒でマレーシア就職は可能か

結論からいうと、可能性はゼロではないですが非常に難しいです。新卒で就職する人もいますが、マレーシアに知り合いがいる(コネ)、もしくは運よく仕事が見つかったという場合が多いです。

いきなりマレーシアという選択肢も悪くはありませんが、マレーシアのインターンシップで仕事をしてみたり、日本で一度働いてみたりと業務経験+語学力を身につけることを優先するようにしましょう。

どうしてもマレーシアがいいという場合は、インターンシップでマレーシアへ行き、正式採用に切り替えてもらえるように能力を発揮するという流れになります。

クアラルンプールで就職・転職する場合の給料(給与)

日本人の現地採用の「最低」給料は5,000RM(約14万円)からとなっています。日本円で約14万円ですが、物価が安いので何不自由なく暮らすことが可能です。

参考までに、現地(マレーシア・クアラルンプール)の大卒初任給は2,000RMから2,500RMです。

現地採用の給与水準

セールス(営業)5,000RM~12,000RM(約14万〜33万円)
コーポレートスタッフ5,000RM~8,000RM(約14万〜22万円)
カスタマーサービス5,000RM~8,000RM(約14万〜22万円)
エンジニア7,000RM~15,000RM(約19万〜約41万円)

ボンビーガールも目指すマレーシア就職を失敗しないために

最近では、マレーシア就職を目指すボンビーガールも増えてきました。マレーシア就職にはメリットとデメリットがあります。確かにマレーシア就職には魅力が多いですが、同時に「マレーシアの思っていたのと違う!」ということがあるのも事実です。

例えば、

  • 湿度が思ったより高い
  • マレーシアの文化がよくわからない
  • 環境が合わない
  • 思っていたのと違う

などちょっとしたことかもしれませんが、「こんなことあるんだ」という場面に出くわすこともあります。

マレーシア就職で失敗するパターンは、現地を見ないで就職先を決めてしまうことです。本気でマレーシアでの就職を考えている方は、一度現地へ足を運び、肌でマレーシアを感じてみましょう!

とはいえ、現地に足を運ぶのが難しい場合もあります。そんな時は転職エージェントなどを活用し、マレーシアの情報を集めましょう。

以下にて、「無料」で利用できてマレーシアでの就職をサポートしてくれるおすすめの転職エージェント「【マレーシア求人】未経験からでもマレーシア就職を狙える転職サイトまとめ」をご紹介します。

マレーシア就職時の勤務時間と休暇

マレーシア人

仕事時間は9時間(内1時間休憩)が基本です。

マレーシアでは有給休暇の消化率が日本に比べると高く、毎年1月〜3月は社員が有給休暇を使うため、出社率が下がります。

また、有給休暇の他に病気休暇が付与され、体調不良の際は病院で証明書を取ることで病気休暇として公休扱いになります。

マレーシアは日本と比較すると休日(祝日)の日数自体は少ないものの、有給が消化しやすいので、「休みが少ない!」と感じることは少ないといえます。

マレーシアの外資系企業で働くメリット・デメリット

マレーシアで海外就職や転職をする方の多くは日系企業を選びます。しかし、現地のローカル企業で働く日本人も増えてきてました。

日系企業でもローカル企業でも、日本とは違った雰囲気で仕事をすることになります。

日系企業ではなく、外資系企業で働きたい方は、以下の記事も見ておくと良いでしょう。外資系ならではのメリット・デメリットを知ることができます。

マレーシアの働き方(ワークスタイル)

マレーシアで働くと、日本では普通だったことが実は普通ではなかったということにちょくちょく出会うことになります。例えば、時間感覚や仕事に対する意識は全く違う部分があります。

初めての体験に驚いたり、困惑したりすることもあるでしょう。

ではマレーシア人にはどんな特徴があり、どんな性格なのでしょうか?

  • 宗教観を重んじる
  • 家族重視
  • 性格はおおらか

このような特徴からくる仕事スタイルも合わせて知っておきましょう。

クアラルンプールでの家賃

マレーシア

気になる家賃ですが、会社で3部屋のユニットの1部屋を500RMくらいで貸してくれる場合もありますし、一人暮らしが希望なら2,000RM(約5万円)くらいから市内で探すことも可能です。

一部の会社では給料は3,000RMほどで、その代わりに会社が契約している一人暮らし用のユニット(社宅)を保証してくれる場合もあります。

20代からのマレーシア就職・マレーシア転職とは

20代からマレーシアでの就職に挑戦する人も増えてきました。海外就職に年齢は関係ありません。行きたい時に行き、働きたい国で働くのが海外就職の面白さです。

先輩たちがマレーシア就職を決めた理由や仕事の探し方、必要な手続きなども見ておきましょう。

マレーシアで働くために必須の就労ビザとは

マレーシアで働くには就労ビザが必要です。雇用ビザもしくはプロフェッショナル・ビジット・ビザが必要になります。

ビザに関しては、仕事が決まってから動き出せばいいでしょう。会社がサポートしてくれるはずです。

ただし、念のためにビザの条件や必要書類なども知っておきましょう。

マレーシアで現地採用として雇用契約する前に確認すべきこと

海外で働くとなれば、事前に確認しなければならないことがあります。実際の給料、福利厚生、支度金の有無などは働いていく上では大事なことです。また、どの程度サポートしてもらえるのかということは、マレーシアで生活を始める上では重要です。

以下の記事では、契約前に確認すべきことをまとめてご紹介しています。

マレーシアで日本人の多い地域

クアラルンプールやその近郊では、

  • モントキアラ
  • アンパン
  • プタリンジャヤ
  • スバンジャヤ
  • バンサー

などに日本人が多く住んでいます。クアラルンプール以外では、ペナンやジョホールにも日本人が多くいます。

マレーシアで就職するなら知りたい物価・生活費

マレーシア生活の魅力はなんといっても物価の安さです。

生活スタイルによって生活費は変わってきますが、実際にマレーシアで現地採用として働いている方の生活費を知っておくと、どのような生活になるのかイメージできます。

クアラルンプールで一人暮らしをした場合、生活費は2,355RM(約5万8,300円)とのこと。この金額に家賃は含みません。

イスラム教徒が多い国なので、お酒の値段は日本と同じくらいか、少し高いくらいです。また産油国のため、ガソリン代が1リットルRM1.60(約45円)と、日本に比べて非常に安いという特徴があります。

マレーシアで働くって面白い

マレーシア就職は、日本とは違った環境で仕事をすることです。そこにはさまざまな出会いがあり、別れがあり、マレーシアならではの出来事に遭遇します。

マレーシアで働くことにはメリットもデメリットもありますが、さまざまなチャンス、そしてトラブルに立ち向かいながら、海外で働く面白さを実感してほしいと思います。

マレーシア国内で転職するには?

マレーシアで実際に働いてみたら、

  • 「もっとキャリアアップしてみたい!」
  • 「マレーシアの雰囲気はいいけど、会社が合わない」
  • 「もっと良い条件で働きたい」

と転職を考えることもあるでしょう。

そんな時に、マレーシア国内ではどのように転職活動をしたらよいのでしょうか?

マレーシア国内での転職成功者が転職の方法を教えます。

おすすめ転職サイト】

デュアルライフでマレーシアの魅力を確認してみる

マレーシアのペナン

マレーシアへいきなり移住すると、思っていたのと違ったということにもなりかねません。まずはある程度期間を区切って生活してみるということもおすすめです。

そして、「マレーシアでなら働ける!」「マレーシアへ移住しよう!」と思えれば、海外就職や移住に挑戦してみるというのも一つの手です。

まとめ

東南アジアでの就職を考えたときに、真っ先にイメージするのが、タイ(初めてのバンコク就職!タイで現地採用として就職・転職してみよう)やベトナム(海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!)ではないでしょうか。

実はマレーシアも負けず劣らず、楽しく働ける国なのです。海外就職を考えている人は、マレーシアも選択肢に入れてみてはいかがですか?

マレーシア就職・マレーシア転職をするには

海外移住先として人気のマレーシアは、近年海外就職先としてもポピュラーになってきました。もし、今すぐの転職を考えていないとしても、気軽に求人を見ておくのがおすすめです。

「マレーシアへの転職が気になる」という人は、良い条件の求人やスカウトがないか、まずは気軽に探してみましょう!

以下のサイトは日系の大手転職サイトです。「求人」「待遇」「サポート」がしっかりとしているので、不安の多いマレーシア転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。もちろん、〇〇についての「話だけ聞きたい!」という使い方も可能です。

登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。

あなたも今しかできないマレーシア生活を楽しんでみませんか?海外就職を成功させ、人生をもっと面白くしましょう!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. シティ
  3. 楽天カード
  4. 海外就職求人サイト
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る