海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

マレーシアで海外就職!現地採用として働くなら気になる仕事や給料相場

マレーシアで海外就職、気になる仕事や給料相場

マレーシア・クアラルンプールで海外就職・転職をしようと思った時に、まず気になるのはマレーシアにはどんな仕事や業種・職種があり、給料はいくらで待遇はどうなるの?ということではないでしょうか。

マレーシアではマレー語が話せないと仕事や生活できないと思っている人もいるかと思います。しかし実際のところ、3種の民族(マレー系、チャイナ系、インド系)が共存して生活をしているので、ある程度英語が話せれば無理なく快適に生活できます。

今回は、そんなマレーシアで働くなら気になるお仕事と給料相場についてご紹介します。

なぜマレーシア・クアラルンプールがいいのか

東南アジアでの就職、生活するのにおすすめの国はマレーシア首都クアラルンプールです。

典型的な日本人タイプの方には綺麗で洗練された日本によく似た国、シンガポールがおすすめですが、そうでない方はマレーシアのクアラルンプールがおすすめです。

クアラルンプールをおすすめする理由

  • ほどほど都会(都会過ぎず田舎過ぎず)
  • 日本の食べ物も容易に手に入る
  • 日本食レストランがたくさんで安心
  • きっちりしすぎない(ゆるい感じ)
  • 物価が適度

また、アコモデーション代(ホテルなどの宿泊施設や宿泊設備代金)がシンガポールの半分程度です。

マレーシアの部屋は安くて広い、高級コンドミニアムにも滞在が可能です。シンガポールは綺麗で洗練されていて、第2の日本のようですが、アコモデーション代が給料の約半分を占めるといわれています。

その様な理由からマレーシアのクアラルンプールをおすすめします。マレーシア生活にはそれ以外にも様々な魅力があります。

マレーシアで日本人募集の多い仕事

気になる英語力ですが、実は英語があまりできなくても就職できる会社もあります。

仕事上英語をまったく使わない会社もありますし、社内の最初のトレーニングも日本語のトレーナーが教えてくれる会社もあります。

ほどほどの英語力でも仕事が見つかることも

具体的には、クアラルンプール市外になりますがコールセンター(やBPOなど)は英語力がなくても海外就職(アジア就職)が可能です。

また、少し離れたサイバージャヤという都市などはIT系の会社がたくさんあり、人材不足なのか日本人(IT関連のテクニカルサポートやエンジニアなど)を常に募集しています。

もちろん、英語力があれば仕事の幅が広がるので、英語の勉強をしておくと良いでしょう。

海外就職の第一歩としてマレーシアで就職先を見つけることができれば、就職後、たった数か月で現地で別の再就職先を見つけることも可能です。

やる気、行動力さえあればマレーシア、首都クアラルンプールで快適な海外生活ができます。

主な業種と職種

主な業種商社、物流、アパレル、IT(WEB,モバイル)、サービス・小売り、メーカー
主な職種セールス(営業)、エンジニア、コーポレートスタッフ、カスタマーサービス

気になるクアラルンプールでの給料

日本人の現地採用の「最低」給料は5,000RM(約14万円)からとなっています。日本円で約14万円ですが、物価が安いので何不自由なく暮らすことが可能です。

現地(マレーシア・クアラルンプール)の大学初任給は2,000RMから2,500RMです。

現地採用の給与水準

セールス(営業)5,000RM~12,000RM(約14万〜33万円)
コーポレートスタッフ5,000RM~8,000RM(約14万〜22万円)
カスタマーサービス5,000RM~8,000RM(約14万〜22万円)
エンジニア7,000RM~15,000RM(約19万〜約41万円)

マレーシア、クアラルンプールで仕事(求人)を探してみよう

マレーシアの首都クアラルンプールで海外就職や生活(移住)をしてみたい方は、まず転職求人サイト(転職エージェント)に登録してみましょう。

日本からでも現地派遣会社にインターネットで簡単に登録可能です。紹介された会社の面接もスカイプで可能なので、わざわざ現地に足を運ぶ必要がありません。

Skype面接で対応可能な企業

全てではないですが、ある程度はスカイプ面接だけで合否がわかります。日系企業だと日本国内で面接可能な会社もありますので、どうしてもマレーシアまで面接に行けない場合は、日本国内で面接をやっている会社を探してみましょう。

また、クアラルンプールの現地企業だとスカイプ面接も可能です。

マレーシアで就活する時に使える転職サイト

マレーシアで仕事を探すなら転職サイトを利用して探すのが一般的です。3つほど紹介するので、チェックしておきましょう。

また、仕事を探す前に自分の強みを知っておくと転職活動にも役立ちます。リクナビNEXTのグッドポイント診断は無料で自分の強みをチェックすることができます。

無料の会員登録が必要ですが、早い人なら20分程度で自分の強みをチェックできるので、この機会にやってみるのもおすすめです。

リクルートエージェント

転職といえばリクルートエージェントが定番です。非公開求人などが多数あります。海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみましょう。

他の転職エージェントと併用し比較しながら仕事探しをするのが、上手な使い方です。

ビズリーチ

ビズリーチは自分で求人を探すハイクラス転職サイトです。駐在案件が豊富なので、「給料」を重視してお仕事を探したい方におすすめのサイトです。

専門職や管理職など、豊富な求人があります。海外就職と聞くと「給料アップ」や「高待遇」での案件はなかなかないと思っている方もいますが、ビズリーチでは他のエージェントと比べると高額な好条件の案件が多数あります。

現地駐在案件もあるので、現地採用ではなく駐在案件に興味のある方はこちらに登録すると良いでしょう。一部機能は有料になりますが、(1日で計算すると)缶コーヒー1個分の料金で、好条件な求人を探せるので利用してみても損はしないでしょう。

また、ヘッドハンターなどからの高案件も紹介してくれるチャンスがあります。気軽に登録をして新しい情報を待ちながら、求人を探せます。

マレーシア就職時の勤務時間と休暇

仕事時間は9時間(内1時間休憩)が基本です。また、マレーシアでは有給休暇の消費率が日本に比べると高く、毎年1月〜3月は社員が有給休暇を使うため、出社率が下がります。

マレーシアの外資系で働くメリット・デメリット

マレーシアで海外就職や転職をする方の多くは日系企業を選びます。しかし、現地のローカル企業で働く日本人も増えてきており、日系企業とはまた違った雰囲気で仕事をすることが可能です。

日系企業ではなく、外資系企業で働きたい方は以下の記事もみておくと良いでしょう。外資系ならではのメリット・デメリットを知ることができます。

気になるクアラルンプールでの家賃

気になるクアラルンプールの家賃ですが、会社で3部屋のユニットの一部屋を500RMくらいで貸してくれる場合もありますし、一人暮らしが希望なら2,000RM(約5万円)位から市内で探すことも可能です。

一部の会社では給料は3,000RMほどで、その代わりに会社が契約している一人暮らし用のユニット(社宅)を保証してくれる場合もあります。

実際にマレーシアで就職した人の就職までの流れ

マレーシアでは多くの日本人が働いています。仕事や生活を始めるためにいくつかの手続きが必要です。

マレーシア就職の先輩方のマレーシア就職を決めた理由・仕事の探し方・必要な手続きなども見ておきましょう。

マレーシアでのビザについて知ろう

マレーシアで働くには就労ビザが必要です。雇用ビザもしくは、プロフェッショナル・ビジット・ビザが必要になります。

ビザに関しては仕事が決まってから動き出せば良いでしょう。会社がサポートしてくれるはずです。

ただし、念のためにビザの条件や必要書類など知っておくと良いでしょう。

マレーシアで現地採用として雇用契約する前に確認すべきこと

海外で働くとなれば、事前に確認しなければならないことがあります。実際の給料、福利厚生、支度金の有無などは働いていく上では大事なことです。また、どの程度サポートしてもらえるのかということは、マレーシアで生活を始める上では重要です。

契約前に確認すべきことをまとめてご紹介しています。

マレーシアで生活するなら知りたい物価・生活費

マレーシア生活の魅力は何と言っても物価の安さです。

生活スタイルによって生活費は変わってきますが、実際にマレーシアで現地採用として働いている方の生活費を知っておくと、どのような生活になるのかイメージできます。

マレーシアで働くって面白い

マレーシア就職は、日本とは違った環境で仕事をすることになります。

メリットでデメリット、様々なチャンス、そしてトラブルに立ち向かいながら、海外で働く面白さを実感してほしいと思います。

デュアルライフでマレーシアの魅力を確認してみる

マレーシアへいきなり移住すると、思っていたのと違ったということにもなりかねません。まずはある程度の期間を区切って生活してみるということもおすすめです。

そして、「マレーシアでなら働ける!」「マレーシアへ移住しよう!」と思えれば、海外就職や移住へ挑戦してみるというのも一つの手です。

まとめ

東南アジアでの就職を考えたときに、真っ先にイメージするのが、タイ(初めてのバンコク就職!タイで現地採用として就職・転職してみよう)やベトナム(海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!)での海外就職ではないでしょうか。

実はマレーシアも負けず劣らず、楽しく働ける国なのです。海外就職を考えている人はマレーシアも選択肢に入れてみてはいかがですか?

海外就職の悩みはプロに聞け

海外就職の悩みはプロに聞いてみましょう。JAC Recruitmentリクルートエージェントでは無料でカウンセリングを受けることができます。

カウンセリングをしたからといって、必ずしも転職する必要はありません。自分の可能性の幅を広げましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

中国や東南アジアで海外就職はメリットもデメリットもあるけど面白いという話

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る