海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

漢語水平考試!中国語検定のHSKを受けてみよう(勉強方法から申し込みまで)

  • 公開日:
  • 更新日:
本を読む

中国で生活するとなると避けて通れないのが中国語。英語にはTOEIC、TOFELがあるように中国語にも検定試験があります。それがHSKです。

今回はHSKについて、その必要性から勉強方法、試験の申込や実際の試験の様子についてご案内します。

HSKってそもそもどんな試験?

HSK

HSK公式サイト:http://www.hskj.jp/

HSKは正式名称を漢語水平考試といい、発音を表すピンインで表記した場合のHanyu Shuiping Kaoshiの頭文字をとってHSKとなります。中国政府公認の検定試験となっており、中国語検定としては最も権威のある試験となります。

HSK以外の中国語の検定試験といえば中国語検定試験、いわゆる中検がありますが、こちらは英語でいうところの英検に相当する試験で日本人が対象となるため問題も日本語ですが、HSKは全世界が対象の試験となっております。

HSKの等級と目安となる中国語レベルとは?

HSKは1級から6級までの6等級に分かれており、1級が最も簡単、6級が最も難しくなっています。

必要となる中国語のレベルの目安は下記のようになります。

  • 1級  150語程度の基礎常用中国語
  • 2級  300語程度の基礎常用中国語
  • 3級  600語程度の基礎常用中国語
  • 4級  1200語程度の常用中国語
  • 5級  2500語程度の常用中国語
  • 6級  5000語程度の常用中国語

試験はリスニング、読解力、作文の3パート(1級、2級は作文のパートがありません)に分かれていて、それぞれのパートが100点満点、合計300点が最高点となります。

HSKは合格、不合格という結果ではなく点数が結果として送られてくるのですが、60%以上正解でいわゆる合格として取り扱うのが一般的です

周囲の日本人に聞いてみたところ、1、2級を受けた人はおらず、3級から受ける人が多いようです。

HSKを持っているとこんなときに有利!

ノート

それでは、HSKはどんな場面で必要となるのでしょうか?HSKが有利に働く場面や必須となる場面を具体的にあげてみます。

  • 中国の文化系大学に入学する場合:HSK5級が必要
  • 中国の理系大学に入学する場合:HSK4級が必要
  • 中国で就職活動する場合:応募条件にHSKが挙げられる場合がある

このように中国への留学や進学を検討している場合は必須ですが、それ以外のケースではどうしても必要、という場面は実はあまりありません。

しかし、これから上海で生活したいと思っている人で求職活動を行うつもりの人はHSKを持っているということはわかりやすいアピールポイントになります。

また、中国で生活するのであればどのみち中国語の勉強は避けられませんが、日々に追われてなかなか勉強する機会を持てないのも事実です。そこでHSKの受験をモチベーションとして中国語を勉強する、というのが筆者のおすすめです。

関連:海外就職や転職、海外で働くために役立つ資格まとめ

HSK受験対策!おすすめの勉強方法は?

スマホを持つ女性

しっかり時間をかけて単語、文法を理解していくのがHSKに限らず各種試験で高得点を取る秘訣だと思いますが、限られた時間で準備をするとしたらポイントになるのはやはり単語をどれだけ知っているか、ということになります

日本語と中国語は漢字を使うという共通点はあるものの、略字となっていたり意味が違っている場合があり、見た目だけでは文章の意味するところが理解できない場合があります。

知っている単語が多ければ多いほど、文法を完全に理解できていなくても文章の意味を類推して理解することが出来るようになります。

単語を覚えるときは発音をセットで覚えること!

日本人にとって中国語学習は漢字のおかげで入りやすい反面、大きなネックとなる問題があります。それは発音です。中国語には日本にはない音が多数あるのと、四声という4種類のイントネーションがあり、これを習得するのに苦労する人が多いのです。

HSKの場合、リスリングのパートがありますので、中国語の文章を見て読める、理解できるとしても音として聞こえてきた中国語を認識できないと点数を稼げなくなります。

そのため、音声データが付属している教材を使って単語を覚える必要があります。

スマホアプリ

参考:http://www.hskj.jp/

HSK対策の教材としては書籍やスマートホン向けアプリが級別にたくさんリリースされていますので、無料お試し等を活用しながら使いやすい教材で勉強してみてはいかがでしょうか?

教材選びに迷うのであればHSK公認の単語学習アプリがありますので、こちらが間違いないでしょう。級別に必要な単語を学習することができます。

HSKの申込と受験について

筆者は上海でHSK5級を受けましたが、HSKは日本でも受験できます。中国での申込手続きについては下記の様な手順となります。

  • 申込はネットから可能。ユーザー登録後、希望の日程と受験会場の地区を選択する。
  • 申込時に証明写真のデータをアップロードする必要あり。
  • 受験料はネットバンクで支払いするか、事前に会場に行って支払う
  • 試験方式はPC使用と筆記(マークシート)の2種類あり。
  • 試験前に受験票交付のメールが来るので、リンク先から受験票をダウンロード、印刷する

詳しくは公式サイトhttp://www.hskj.jp/を確認してください。試験当日はパスポートと受験表、筆記用具を忘れずに持参してください。

それではしっかりと準備をして高得点を目指しましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

もうチェックした?海外転職するなら使いたいおすすめ海外転職エージェント

自分の強み知ってる?グッドポイント診断が面白い

 

あわせて読みたい

中国語の日常会話もネットで十分勉強できる!役立つ学習サイトまとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

うさおライター

投稿者プロフィール

上海在住8年目。
妻と娘に愛されるパパを目指して奮闘中。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 楽天カード
  3. シティ
  4. グッドポイント診断
  5. 海外就職求人サイト
ページ上部へ戻る