海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

日本語教師ってどうやってなるの?現在勉強中のNAOさんにインタビュー

トレーニング

海外で働く選択肢の一つとして日本語教師が挙げられます。興味はあるけれど、どうやったら日本語教師になれるのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は現在まさに日本語教師になるために勉強をしているNAOさんに資格を取るためどのような勉強をしているのかについてインタビューしました。

まずは簡単に自己紹介をお願いします。

現在愛知県名古屋市内の日本語教師養成講座に通っています。大学を卒業後一般企業へ就職し正社員として3年働いた後退職し、同じ会社にアルバイトとして再雇用してもらい働きながら養成講座で勉強しています。

現在20代後半で、講座へ通い始めてまもなく1年になります。登録しているのは2年で日本語教師の資格が取れるコースで、資格取得まであと1年です。

そもそも日本語教師とはどんな仕事なのでしょうか?

勉強

名前の通り、日本語を母国語としない人達に対して日本語を教える職業です。主に日本国内では留学生や、技能研修生としてもしくは家族の都合で日本に住んでいる外国人に対して日本語を教えます。また海外では日本文化や日本語に興味のある外国人に教えます。

日本語学校で教えるのが主になりますが、個人レッスンやコミュニティセンター等で日本語を教えている人もいます。

日本語教師の資格を取るためにはどうすれば良いのでしょうか?

資格

資格取得のためには主に3つの方法があります。

一つ目は私のように日本語教師養成講座へ通うことです。420時間のカリキュラムを修了すれば卒業と同時に資格を取得することができます。最短3ヶ月〜2年で取得することができ、要する期間は自分で選択することができます。

私の場合は2年コースで授業料は60万円ほどですが、厚生労働省の教育訓練給付制度というシステムを利用すれば約10万円の補助がもらえるので実質授業料は約50万円になり、同金額で1年で資格を取得できるコースもあります。

アルバイトをしながら通うのであれば1年もしくは2年コースが良いと思います

また日本語教師養成講座は日本語学校内で設けられているケースが一般的です。学校によっては週末のみのコースや毎日講座があるコースもあるので、自分のスタイルにあった学校を探すことをおすすめします。

二つ目は日本語教師の資格が取れる大学へ進学し学生時代に取得することです。主に外国語学部や文学部で授業が設けられていて、必要な単位数を取れば資格がもらえます。

三つ目は日本語教師検定試験に合格することです。年1回札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡で試験が行われています。

ちなみに海外の大学で日本語を教える場合、大抵日本の大学院を卒業していなければ採用してもらうことができず、採用自体も少ないので狭き門です。

なぜNAOさんは日本語教師を目指そうと思ったのですか?

目標

小・中学生時代に父親の仕事の関係で一時期アメリカに住んでいました。当時通っていた現地の学校では英語を母国語としない外国人向けに英会話の補習授業が設けられており、私にとっては慣れない海外生活の心の支えでした。

その経験から将来自分も日本で暮らす外国人の不安を少しでも和らげる仕事をしたいと考えるようになり、同じように言葉を教える日本語教師という立場で役立ちたいと感じたのがきっかけです。

また現在アルバイトとして勤めている会社で正社員時代に、ベトナム人を対象にした日本留学サポートの業務を担当していました。

ベトナムにも何度か出張へ行っていたのですが、その際に現地ベトナムの教育機関で日本語を教えている日本語教師の方何人かと出会い、改めて日本語教師の資格を取りたいと強く思うようになり現在に至っています。

現在アルバイトをしながら勉強中とのことですが、1週間のスケジュールを教えてください

時間

授業があるのは月曜日と木曜日です。月曜は10時〜12時に養成講座に通い午後から仕事、木曜は10時〜12時に養成講座、午後はボランティアで中国人やロシア人などの小・中学生に日本語を教えています。

火曜日、水曜日、金曜日はフルタイムの9時〜18時で仕事をしています。

土曜日には時々ですが集中講座が入ることがあり、その場合は10時〜16時で授業があります。またレポート課題が月に1回程度出たりグループ発表のレジュメ作りなどもあるので、空き時間や週末にはそういった学校の課題に取組んでいます。

資格取得後のプランはありますか?

プラン

実は養成講座に通い始めた頃は将来は海外でも日本語を教えてみたいと思っていたのですが、現在は日本で経験を積みたいと考えています。

というのも資格取得後すぐに海外の日本語学校で働き始めると経験も積んでいないのに多くの仕事を任されてしまうことがあり、きちんと教える力を身につけられない可能性があるからです

海外で日本語教師として活躍したいと考えている場合は、まずは日本である程度経験を積んでから行かれることをおすすめします。

日本語教師として働くことにどんな期待をしていますか?

海外で働く

海外で仕事がしたいという場合には、日本語教師は英語など現地の言葉が流暢でなくても授業は日本語で教えるので、教師として働くことができるそうです。もちろん現地で生活するので、ある程度現地の言葉ができないと困ることはあります

また日本語学校内の養成講座で資格を取った場合、学校の紹介で現地の日本語学校の教員として就職斡旋をしてくれる場合もあるようです。

その他にも結婚して子育てをしながら働くこともできますし、定年退職後に日本語教師として活躍されている方もいるので、第2の人生として新たな道を歩むこともできるのではないでしょうか。

もちろん日本語教師をしながらフリーランスでライターやコーディネーターとしても働くこともできるようで、仕事の選択肢が広がる可能性は大きいのではないでしょうか。

まとめ

日本語教師の資格を取るための方法だけでなく、仕事のメリットや働く上で経験を積むことの大切さが今回NAOさんのインタビューを通してわかりましたね。

日本語教師は海外で働くという自分の目標を実現できるだけでなく、日本語を勉強したい外国人に対しても夢を与えられる素敵な職業です。

NAOさん、資格取得まであと1年頑張ってください!そしてインタビューにご協力頂きありがとうございました。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
shoko

shokoライター

投稿者プロフィール

現在教育関係の広告代理店でフランス人向け日本留学企画の担当として勤務する会社員。
フランス留学と出張の経験を活かしてライターとしても活動開始。これまでに旅した国は16カ国。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る