海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

日本を飛び出して知った、他国がイメージする日本とは

  • 公開日:
  • 更新日:
バギオ

日本に住んでいると、なかなか海外の人が日本や日本人をどう思っているか聞く機会ってないですよね?

筆者が留学先で知り合ったフィリピンや韓国、中国などアジア圏出身の人が日本に対してどんな印象を持っているのでしょうか……。

友好的な彼らは私が日本人と知ると日本について知っていることを話してくれたので、それらをまとめてご紹介します。

フィリピンから見た日本のイメージって?生の声を聴いてみた!

フィリピンはタガログ語が公用語で英語は日本人と同じ第二言語になります。

日本といえばアニメ

アニメ

しかし小学生の頃から国語以外の科目は英語で習っていると、留学先の先生から聞きました。そんな彼らは、日本と言えばアニメだよね、と口を揃えます

フィリピン含め海外で日本のアニメはとても有名になっていますが、現地でアニマックスを見ると、馴染みのある日本アニメがたくさん流れています。

タガログ語に直されているアニメも有りましたが、ほとんどは日本語で話し、下に英語の字幕が付いたものでした。

街中を歩いているとワンピースやナルトのキャラクターグッズがたくさん売られています。フィリピン人皆が知っているのです。

アニメが海外でも有名なのは皆さんも知っているかもしれません。ワンピースなど有名なアニメであれば韓国や中国などの留学生も皆、口を揃えて「知ってる!アニメ見たよ」と話してくれます。

アニメ好きな人であれば、私たち日本人でもあまり知らないようなアニメのタイトルを知っています。ただ、人気のピークは大学生のようで、大人になってからアニメを見続けている人はあまり多くないようです

日本の映画も知られている

また、私がバギオで語学留学中に知り合った先生は、ほとんどの人が日本映画の呪怨を知っていました。「大学時代に見た!」と言う先生が多かったです。

モール内にある映画館では英語で上映されている日本の作品も多くあります。値段も安価で1,000円あればお釣りがきます。

アニメと肩を並べる人気はやっぱり日本食!

ラーメン

筆者が滞在しているフィリピン北部のバギオにはいくつかの日本食レストランがあり、現地の人はもちろん、留学期間中に訪れる学生さんもたくさんいます。

ラーメンや焼き鳥、好まれる日本食

筆者がバギオ滞在中に知り合った、語学学校の先生や日本人以外の生徒に、好きな日本食を聞いてみると「カツ丼、お好み焼き、たこ焼き、ラーメン、焼き鳥……」各々の答えが返ってきますが、やっぱり一番は寿司ですね。

ワサビに興味がある人が多く、「なんて表現して良いか分からないけどワサビの刺激は最高だよね。」と高評価をたくさん聞きました。韓国や台湾の学生さんは日本食が大好き!と言う人がとても多かったです。

フィリピン人もその傾向が強かったですが、生の魚を食べる感覚がどうも理解できないみたいで、「食べたことはないけど多分、刺身は食べれないと思うわ~」という声も多かったです。

日本人は馬刺しも食べる人がいるよと教えると、想像できないと言っていました。

ちょっと変わった人気のもの

私が日本に一時帰国して、またフィリピンに戻ってくると知ると、フィリピン人の先生方からお土産にお願いされたベスト3は順に、チューブのワサビ・緑茶のティーバッグ・日本製のペンでした

チェーブのワサビが人気なのです。

また、緑茶を飲めば、日本人のようにキレイになれるよね?と聞かれたこともあります。そのほか、日本製の文房具は質が良いことで有名で、日本製のボールペンを集めるのが趣味と言ってる先生もいました。

食べ物や小物、日本製の商品は質が高いことで有名です、実際に現地でノートを買ったり、綿棒を買って使ってみましたが、彼らの言ってることが容易に納得できました。

ズバリ、日本人に対してはどう思っているの?

感情

またフィリピン留学中に仲良くなった数名の先生に、直球で日本人についてどう思うか聞いてみました。

返ってきた答えは「礼儀正しい」「本音を言わない・何を考えているか分からない」「優しい」「騙されやすい・純粋」「変態」などです。

お辞儀をする習慣が他国の人には印象強いとのこと。挨拶のとき、物を受け取るとき、日常生活のあらゆる場面で私たちは「ありがとう」と言いながら会釈をしていますよね。その光景は他国の人には礼儀正しいと評価されています。

理解に苦しむ本音と建前

本音と建て前という言葉がすんなり受け入れられるのは日本だからでしょうか?いろんなシチュエーションで意見交換をしていると、自分がいかに建て前を使っていたか思い知らされました。

海外の人からするとなんで本音を話さないのか理解に苦しむと言っていました。

体調を崩した時に薬やビタミン剤をシェアしたり、困っている人がいると何かをしてあげる自然な姿勢が、日本人に対して優しいという評価に結びついているようです。

騙されやすい日本人

しかし気をつけたいのは次の騙されやすいという評価。

冗談で嘘をついても日本人はみんな鵜呑みにするよねと言われました。困ってるフリをして近寄っていっても優しくしてくれそうだ……とスリの対象にされることは残念ながら少なくありません

最後の変態については、留学中に生徒がグループ授業で出し物をする時に、面白おかしく歌ったり踊ったり、ノリでバカ騒ぎをする大学生の印象が根強いところから来ています。

留学で他国に行くと、そこでは個人として評価されることよりも、その国籍を背負って評価されることがとても多いと感じます。日本人って……日本人だから……それが良い場合も、悪い場合もあります。

日本を飛び出してみると、いろんな視野から自分を見つめる良い機会になりますね。

実際のところ、他国は歴史について気にしているのか?

たくさんの本

正直な話、留学に行く前の筆者は、韓国人の多くは日本人に対して良い印象を持っていないと思っていました。竹島の問題があるからです。

歴史的背景で言えば中国やフィリピンも同様です。問題を起こしたくないので自分から質問することはありませんでした。しかし、仲良くなった韓国人の生徒は週末みんなで夕食を食べながら飲もうと誘ってくれます

お酒が入ると「竹島のことどう思う?」とダイレクトに聞いてきます。普段は何気ない顔で会話している彼らも心の中では歴史的背景を気にしているのだと思いました。

中国やフィリピン人も昔の日本に対しては良い印象は持っていないものの、私たちは過去から学び、今後お互いの仲を良くしていくために自分たちは何を考え、何をすべきか考えていくべきだと話してくれました。

私もその考えに賛同していましたが、極々一部の韓国人はやはり日本人を受け入れられないようで、友好的な関係を築いたり、会話をするのが難しい人もいました

けれでも日本製の化粧品は好きなようで、洗顔フォームなど、日本のものを使っているのを私は知っていました。

フィリピン人は日本に強いあこがれを抱いていた!

憧れ

筆者が話を聞くところによると、フィリピン人の平均月収は5万円に満たないです

もちろん日本に比べて物価はかなり安いですが、自分の給料が5万円以下になったと想像すると、家賃も払えずどうやって生活していこうか困ると思います。

日本人はお金持ちというレッテルを貼られるのは事実です

日本を目指すフィリピン人も

現に、日本語を勉強し、日本で結婚するもしくは仕事をするために少しずつお金をため、日本に行くフィリピン人を何人か見てきました。

ビザの取得は簡単ではないようですが、高い給料を手にいれるため、先進国で不自由なく暮らしたいという夢が彼らの背中を押しています。

フィリピンの貧困層

日本では滅多に目にすることはありませんが、フィリピンでは至るところで、物乞いする人に出くわします。マーケットを歩いていても足や服を引っ張られたと思ったら、道のど真ん中に座っている彼らでした。

中には生まれたばかりの赤ん坊を抱いた女性や、小学生くらいの子供も物乞いをしています。道端で歌を歌いながら、または楽器を演奏しながらお金を貯めている人もいます。

筆者はテレビやインターネットで見たことのある光景だったのですが、本物の物乞いをたくさん目の前にしたときはカルチャーショックでした。

履く靴もなく、毎日同じ服を着て、お金を入れてもらう缶を一つ置き、行きかう人に目で訴える彼らの生活が毎日続いているのかと思うと、自分はとても裕福な生活をしていると感じました。

現実的な思考で、お金のため、生活のためにフィリピンを離れようと決意するフィリピン人が増えてきているのも納得です。

さすが日本のクオリティー!世界に通用する日本車

日本車

筆者が滞在しているフィリピン北部のバギオでは、日本のように地下鉄やJRはおろか、路面電車すら走っていません。目にするのは富裕層が運転する自家用車とタクシーそしてジプニーです。

バギオはマニラ空港から最短で4時間半、普段は6時間強かかる位置にあります。空港までの移動にはほとんどの人はバスを予約して使っていますが、ローカルバスのようなものは存在しません。

ダウンタウンの空気は排気ガスで汚れています。信号もほとんどありません。私はダウンタウンでは1つしか見たことありません。

郊外は峠を越えるようなアップダウンの激しい山道。舗装されてる道も少ないです。

車

かなり強引な運転をしているにも関わらず、よく事故を起こさないなというのが本音です。行き交う車をみていると、ISUZU、TOYOTA、HONDAなど日本車ばかりです。

現地の人の声では、日本製の車は壊れない!のだそうです。ジャリ道だろうと多少のくぼみがあろうと、スピードそのままで彼らは突っ込みます。タクシーに乗っているとすぐに具合が悪くなります。

荒く危険な運転に身の安全を祈りながら乗っていたこともありますが、今ではもう彼らの運転に慣れてしまいました。成人しているフィリピン男性の意見で一番多い日本に対する印象は質の高い車でした。

まとめ

日本で生活をしていると、日本人らしい性格や会釈等の週間、そして日常的に使っている物や乗り物など、そのすべてが海外に出てみると違く見えてきます。

今まで当たり前だったものについて、深く考えたり、何故?を追求したり、違うものの見方をして新しい発見をすることもあります。

そして世界観を広げ、新たな興味を持っていくのだと思います。初めての海外は不安がつきものですが、一歩踏み出してみると自分が予期していなかった世界が広がっていますよ。思い立ったが吉日!ぜひ、海外で自分の可能性を広げましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピンで就職が決まったら?現地採用のあれこれ(給与・待遇)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る