おすすめ

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

時間短縮!自動化ゲートに登録してスムーズな出国審査をしよう

出発ボード

日本を出国・入国するときに必ず通らなければならない出入国審査ゲート。時期や時間帯にもよりますが、人が多い時にはゲートを通るのに待ち時間を要する場合もありますよね。

その上出国する前にはチェックインカウンターや荷物検査に時間がかかることもあり、出発時間ギリギリに搭乗口に辿り着くなんてこともありえます。

それぞれのセクションを短時間で通過できれば良いですが、セキュリティの関係上なかなか難しいのも事実です。

そこで今回は出入国審査の時間を短縮するために便利な自動化ゲートについてご紹介します。

出入国審査って何するの?

パスポート

出入国審査では基本的にパスポートを提示し本人確認をされるというのが一番の目的です。

出国審査の際には航空券も併せて出国審査官に提示し行き先も確認されます。口頭での質問は余程のことがない限りされません。問題がなければ出国スタンプを押してもらい無事出国が完了するというわけです。

帰国審査も同様にパスポートを提示し本人確認をされ、特に問題がなければ質問等はなく帰国スタンプが押されパスポートが返却されます。

外国人の場合は審査ゲートで色々と質問される場合が多いので時間がかかりますが、日本人は何か問題がない限りスムーズに進みます。

審査は一人ずつ個別で行われるので、家族でゲートを通過しようとしても子供でない限り一緒に審査を受けることはできません。

人が多ければその分時間がかかってしまうので、出入国審査に待ち時間を要する場合があるというわけです。

自動化ゲートに登録しよう

自動化ゲートスタンプ

そこで出入国審査で待ち時間を解消しようと導入されたのが「自動化ゲート」です。

機械の指示に従ってパスポートを読み込み、指紋認証で本人確認が完了したら出国ゲートを通過できるというシステムです。ほんの数十秒の作業で終わるので、大変便利なシステムです。

自動化ゲートの登録方法

登録方法は海外へ行くその日に手続きすることができ、空港にある登録窓口で受け付けをしています。まず申請用紙に必要事項を記入します。記入事項は簡単な項目ばかりで、氏名や住所などの個人情報とパスポート番号を記入します。

その後窓口にパスポートと一緒に申請書を提出します。申請書とパスポート情報を担当者が確認し、不備がなければ親指の指紋登録を行います。

申請時間はわずか5分程度

これら一連の申請手続きが終わるとパスポートに登録完了のスタンプが押され、登録したその日から自動化ゲートを使用することができるのです。申請に要する時間はおよそ5分で短時間で登録ができる点も便利です。

ちなみに自動化ゲートの有効期限はパスポートの有効期限と同じなので、パスポートを更新したり再発行した場合は再度登録する必要があります。

現在この自動化ゲートは成田、羽田、中部、関西空港で導入されています。申請はこれらの空港内もしくは東京、名古屋、大阪の入国管理局でできます。詳しくは政府のホームページに記載してありますので確認してみましょう。

自動化ゲートの申請書類

また法務省のホームページでは申請書をダウンロードすることができるので、事前に申請書に記入してフライト当日空港の登録窓口で手続きを行えば、登録時間もより短時間で済ませることができますね。

筆者の私も少し前にこのシステムがあることを空港で出国審査待ちをしている際に知り、すぐに申請手続きをしました。登録したその日から利用できることと、何と言ってもスピーディーに通過できるので大変便利です。

自動化ゲートについて(政府広報オンライン)

申請書ダウンロード(法務省)

出入国スタンプが欲しい場合

パスポート

この自動化ゲートを通過すると基本的に出入国スタンプの捺印が行われません。

しかしせっかく海外へ行くのであれば記念に出入国スタンプが欲しいという人や、留学などで行く先の国へ提出する書類として日本の出入国日がわかる証明が必要だという人もいるのではないでしょうか。

スタンプの捺印が必要だという場合にはゲート通過時に職員にお願いすれば押してもらえます。自動化ゲートを使用することでスタンプを押してもらえないということはありませんので安心してください。

まとめ

自動化ゲートを利用すれば時間を節約することができ、特に帰国した際には長時間フライトの疲労ですぐに空港を出て帰宅したいという場合には大変便利です。

申請が面倒なイメージがあるかもしれませんが登録もスピーディーにできるので、これから海外へ行くという方はぜひ登録してみてはいかがですか。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
shoko

shokoライター

投稿者プロフィール

現在教育関係の広告代理店でフランス人向け日本留学企画の担当として勤務する会社員。
フランス留学と出張の経験を活かしてライターとしても活動開始。これまでに旅した国は16カ国。

ページ上部へ戻る